国内旅行

奥入瀬渓流の紅葉 見ごろや服装と交通規制の注意点

奥入瀬渓流に紅葉を車で見に行く人が抑えるべきポイントは「見ごろ・服装・交通規制の把握」の3つになります。

他の紅葉スポットと違い、交通規制があるんですが、それを知らずに行ってしまうと帰りの時間がまるで違ってくるため大変なことになります。

また、その辺の山に紅葉を見に行くとの奥入瀬渓流に行く場合では服装への注意点もかなり違ってきます。そこで、それら外すことができない3つの注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の紅葉はいつが見頃?

紅葉は、10月の中旬~10月下旬にかけてが見頃となっています。10月上旬の紅葉になりかけている時期も素敵です。

上流と下流では寒暖差があるため、上流と下流とでは1ヶ月ほど見頃の時期に差があります。紅葉の時期を逃したとしても、下流に行けばまだ見れるかもしれません。
2016年も10月中旬から見頃となっていました。

奥入瀬渓流へ紅葉を見に行く時の服装

奥入瀬渓流は、平坦な道なりで渓流沿いには遊歩道が付いています。石ケ戸~子ノ口までのコースは、歩くとおよそ2時間40分かかります。
焼山~子ノ口までのフルコースは、4時間ほどかかると言われています。

途中、休憩しながら歩くとしてもヒールのある靴だと疲れてしまいます。歩きやすいコースとなっていますが、雨が降った後はぬかるんだり、滑りやすくなっています。
靴は歩きやすいスニーカーがおすすめです。高低差のない道なので、トレッキング用の靴をわざわざ用意しなくても大丈夫です。

秋になると寒暖差が激しくなってきますので、カーディガンやパーカーなど脱ぎ着のしやすい服があると便利です。
それから、急な雨が降っても大丈夫なように、防水加工されていてフードの付いたジャケットがあると完璧です。傘をささなくてもフードがあれば、両手が塞がず足元も安全です。

下は、寒さ対策と転んでも大丈夫なように、長ズボンを穿くといいでしょう。奥入瀬渓流には、野鳥もたくさんいますので、双眼鏡を持参すると、野鳥観察もできます。また、散策途中には自動販売機などはありませんので、水分補給のための水も用意しておきましょう。熱いお茶を用意しておくのもいいですね。

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の紅葉シーズンは交通規制があります

奥入瀬渓流では、平成20年から毎年マイカー規制が行われています。
紅葉シーズンは、交通量が多いのですが規制中は車を気にせず歩くことができます。レンタサイクルも安心して乗ることができますよ。

マイカー交通規制は、渓流沿いの国道102号の惣辺交差点と子ノ口交差点の間、およそ10kmの区間です。規制中は、シャトルバスが15分~20分間隔で運行しています。シャトルバスは、焼山~休屋間を運行し途中、名所に停留所を設置しています。

車で来た人のために、無料の焼山駐車場とバスチケットを割引してくれる有料の休屋駐車場が完備されています。車で訪れた人のサポートも充実しています。マイカー交通規制により静かな環境で渓流の景色を楽しむことができます。

奥入瀬渓流は、子ノ口までを歩ききるとそこからは遊覧船で50分ほど景色を楽しむことができます。2017年のマイカー交通規制は、10月26日~10月29日までとなっています。時間は、26日と27日が10時~14時。28日と29日は9時~15時までとなっています。

この期間は、車やバスだけでなくバイクも通行止めとなります。実施される日程は毎年「奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト」のサイトで発表されます。
車椅子や障碍者の方は規制対象にはなりません

奥入瀬渓流の補足情報♪

奥入瀬渓流の補足情報を追記しておきます、これを知っておけば同行者はあなたの知識の豊富さにすっかり関心されること間違いなしですよ。

奥入瀬渓流とは、青森県十和田市にある十和田湖畔の子ノ口から約14kmに渡って続く唯一の河川です。
国の特別名勝に指定されている他に、日本の紅葉百選にも選ばれています。

川沿いに、豊かな樹木、美しい川の流れを眺めながらハイキングをすることができるようになっています。
奥入瀬渓流には、いくつもの滝があることから別名「瀑布街道」と呼ばたりしてます。

私も奥入瀬渓流の紅葉を見に行ったことがありますが、14もある滝の多くが垂直に切り立った大きな段差を流れ落ちる姿には言葉が出ないほど感動しました。

通常、川を削ってできる滝はV字型に形成されるのが普通なのに、奥入瀬渓流の滝は垂直な崖が左右にそびえるU字型になってて、左右に滝を見ながら散策することができ、マイナスイオンで癒やさた思い出があります。

特に銚子大滝は、奥入瀬渓流の本流にかかる滝で、幅20m、高さ7mのダイナミックな滝として有名です。阿修羅の流れは奥入瀬渓流の中でも有名なビュースポットで、CMなどにも使われているんですよ。