日常生活の中で役立つ知恵や幅広い情報を紹介しています

生活のチエコ

旅行

明治神宮外苑の紅葉時期とライトアップ営業時間やアクセスなど

投稿日:

明治神宮外見の紅葉はイチョウ並木が立ち並ぶ通りということもあって、黄金ロードと呼ばれるほどの美しさで人気です。

特に街灯で照らし出される夜のこの通りは、大変幻想的で美しいため、散歩やデートにはぴったりです。イチョウ祭りなども行われるため、この期間には屋台などが60店舗ほど出店されるため、祭りも同時に楽しむことが出来ます。

せっかく美味しい屋台でのお食事を楽しみながら、紅葉を眺めることも出来る人気の紅葉スポットなので見逃さないように見頃時期やライトアップの時間帯、それにアクセスの方法などをまとめてみましたのでぜひ事前にチェックしておいてくださいね♪

スポンサーリンク

明治神宮外苑の紅葉 時期はいつ?

明治神宮外苑の紅葉の見頃の時期は例年だとイチョウの木々の色づき始めが大体11月下旬から12月上旬頃となっています。

このため、よほど気温に異常がない限りは今年も11月下旬~12月上旬となります。ちなみに、紅葉は急激に気温が下がるタイミングでぐっと色がつく特徴があるため、小雨が降った数日後や、週間天気予報などで気温がそれまでよりも数℃下がる予報が出た時はチャンスです。

人混みを避けたい方や、ゆっくりと写真を撮影したいという場合には、色づきはじめの時期を狙い少し早めに行くのが良いかもしれません。

また、色づき具合は関係なく11月下旬からはイチョウ祭りと呼ばれる祭りも開催され、たくさんの屋台が出展をするため、人が多く賑わい始める時期になります。

お祭りも同時に楽しみたいのであれば、この時期がおすすめですね。

ただし!イチョウは葉が一気に落ちてしまうということでも知られている木ですので、突風が吹いたり、強めの雨が降った場合にはわずか一日で葉が落ちてしまうこともあります。

なので、あまり遅すぎないように、見頃の時期を逃さないように注意をする必要があります。

明治神宮外苑 紅葉 ライトアップの営業時間

明治神宮外苑の紅葉は、イチョウ並木となっていますので、特にライトアップはありません。

でも、この通りにはたくさんの街灯があるため、なるべく夜遅くに行った方が幻想的な紅葉の風景を楽しむことが出来ます。

さらに、通り沿いのレストランの近くの場合には、お店などから、ライトがさらに照らされるので、よりキレイに紅葉を眺めることが出来ます。

また、こちらの明治神宮外苑のシンボルである、聖徳記念絵画館はライトアップが行われ、営業時間は日没から夜の21時までとなります。周りの紅葉もライトアップで浮き上がって見えますので、とても幻想的でキレイですよ。

こちらのイチョウ並木には、営業時間が関係ありませんし、入場料は必要ないので24時間楽しむことが出来ます。

しかし、駐車場などは有料となり驚くほど高額です。郊外などから初めて車で行かれた場合にはその駐車料金のものすごい金額に驚くと思います。うっかり長時間停めないように気をつけてください。

スポンサーリンク

明治神宮外苑の紅葉 アクセス方法は?

明治神宮外苑の紅葉を見たいという場合、そのアクセス方法については、最寄りの駅は、東京メトロ・銀座線「青山一丁目駅」「外苑前駅」下車徒歩5分というアクセスになります。

いずれも、最寄り駅を出ればすぐに青山通りなので、イチョウ並木はすぐに分かります。さらに、JR総務線「信濃駅」下車徒歩5分でもこちらのイチョウ並木へはアクセスが可能となっています。

このようにルートも非常にわかりやすいためオススメです。

まとめ

初めて行く人には意外と知られていませんが、明治神宮外苑には門がありませんので、24時間いつでも無料で見に行くことが出来ます。

明治神宮外苑は最寄り駅からのアクセスも近く徒歩5分で通りまで出ることが出来ます。

最寄りの駅からだと

東京メトロ・銀座線「青山一丁目駅」「外苑前駅」下車徒歩5分

JR総務線「信濃駅」下車徒歩5分

スポンサーリンク

-旅行
-, ,

Copyright© 生活のチエコ , 2018 AllRights Reserved.