掃除・洗濯

冬服処分の基準やコツとメルカリの活用方法

服というのは、ある程度までたまってしまった場合には、処分しないと収納がパンクしてしまうことになってしまいます。

そこで、世の女性が冬服処分の判断基準にしているラインや処分のコツ、それにメルカリを活用する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

冬服を処分する基準はなに?

まずは、色の流行・デザインの流行・柄の流行といった流行があります。

基本的に、去年の冬服になってしまうと、流行に外れてしまっていて、次のシーズンに着る場合には、なんとなく流行遅れのような印象のファッションになってしまいます。

ファッションのトレンドに敏感な方は、このように流行が終わってしまえば、捨ててしまうという方も多いです。
また、冬服を処分する場合には、何年も着てなかったり、あるいは昨年着てないという場合、再び着ることが出来なくなってしまったという場合があります。

長い間着ていない服は、今後も着ることはないので、捨ててしまう方が多いといえるでしょう。

さらに、何年も着ていなかったので、サイズ合うとしてしまったような服なども、処分対象となってしまうことが多いです。

冬服を処分するコツはある?

冬服は、処分しようと思ったとしても、なかなか実行に移すことが出来ない…という方も多いのではないでしょうか。

そこで、冬服を処分するためのコツとしていくつかこつがあるといえるでしょう。まずは、すぐにゴミの日に出してしまうというコツがあります。

すぐにゴミの日にだしてしまうことで、長い間放置しておくこともありませんし、思い切って捨てることがしやすいといえるでしょう。

また、古着屋に持ち込むという方法もあります。この方法ですと、長く着ていなかった服でも、値段が付く場合もあります。

加えてメルカリに出品するという方法もあります。この方法でも、いらなくなってしまった洋服が、高値で売れることもありますので、おすすめの方法です。

しかし、1点ずつ出品するよりもまとめてだした方が手間も省けますので、まとめて出品することを心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

冬服をメルカリで処分するなら

メルカリで冬服を売りたいけれど、思ったよりも高く売れない…という場合や、出品しているのに、全然売れないと言うことも実際にはあるようです。

そこで、メルカリで冬服をスムーズに処分させるためのコツには、どのようなコツがあるのでしょうか。

まず、メルカリに出品するのにはタイミングが必要であるといえるでしょう。たとえば、春になると、冬服は需要がなくなってしまい、人気の商品でもだれも購入しなくなってしまいます。

ですので、春になって需要がなくなる前に、秋のうちに処分をしてしまうようにしましょう。

秋のうちであれば、冬服を購入したいと思っているユーザーがメルカリで購入してくれる可能性は上がりますし、去年の服であったとしても、許容範囲内ということで、売れる可能性が高いです。

冬服を処分する場合には、このようにタイミングを計ってメルカリに出品するように心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。冬服の処分方法ですが、なかなか自分では処分が進まないという方も多いです。

しかし、サイズ合うとしてしまったり、ずっと長らく着ていないような服などは処分をしてしまうことがおすすめです。

春先になると、また処分に手間がかかりますので、思い切ってゴミの日などにだしてみるようにしましょう。
また、メルカリなどに出品するという方法もあります。

しかし、タイミングを考えて出品をしなければ、売れ残ってしまう可能性がありますので、秋のうちになるべく出品をして、効率よく処分するようにしましょう。