日常生活の中で役立つ知恵や幅広い情報を紹介しています

生活のチエコ

家のこと

こたつの選び方で一人暮らしでの基本と メーカーや布団サイズについても 

投稿日:

一人暮らしでこたつを買う場合、形だけで選んでしまうそうですが、脚や布団のことなども考慮して買わないとあとで困ることになります。

特に、一人暮らしだと1Kや1ルームの部屋で使うケースが多いため、場所を取るので迷うと思います、でも・・温かくないのも嫌なものです。

そこで、一人暮らしの方はどのようにこたつを選べばいいかコツをご紹介します。

スポンサーリンク

こたつ 一人暮らしの場合の選び方

こたつは正方形、長方形、円型、ダイニング型と様々な形がありますが、場所が取りやすいのは円型で、実用的なところを選ぶなら正方形型がベストです。PC作業をする人は円型は肘が置けなくて辛いですよ。

今時のこたつは足がおしゃれなデザインもあるので、冬以外の季節はおしゃれなテーブルとして部屋に置くことも出来ます。普段から、椅子で生活をするという人はダイニング型のこたつを選ぶと良いでしょう。

こたつの脚はねじで外すタイプの固定脚、折りたたむことが出来る折れ脚、高さを継ぎ足すことが出来る継脚の3種類あります。ねじなど細かい部品をなくしやすいという人は折れ脚を選択することが無難です。また、冬以外には収納するという人や、友達が泊まりにくる度に収納するという人は折れ脚でないと収納が大変です!

あと、一人暮らしの学生さんなどで、こたつで勉強することを想定している方は、脚の高さを調節出来るタイプのものがしっくりくる高さが作れるのでおススメです。

私が資格取得のためにこたつで勉強してたときは、自分に合った高さを調整しまくってましたw

スポンサーリンク

こたつの選び方 メーカーで一人暮らしに最適なのは?

一人暮らしなら品質と同じく安さでも人気のニトリのこたつがおススメです。他の家電メーカーのものだと一人暮らしにはもったいないです!

ニトリだと一番安いもので、正方形75cmのものが9000円台からありますが、コードも収納出来、冬以外もテーブルとして使いやすくなっています。なおかつ、脚の高さを継ぎ脚することで調節することも可能な上、電気代も弱使用で約2.2円です。安いけれど、高性能な特徴となっています。

あまり場所を取りたくないという場合はこたつ布団が必要ないタイプのこたつもあります。こちらはラグやカーペットなどを敷くことで足元の保温性を高めることが出来ます。

現在、こたつのシェアはパナソニックの撤退などに伴い、山善が独占に近い状態です。あとは無名メーカーやアイリスオーヤマが作っています。安心感で選びたいのなら、山善かアイリスオーヤマが製造したものを選んだほうが無難です。

こたつ布団の選び方 一人暮らしならどのくらいのサイズが良い?

こたつの形に合ったサイズを選ぶことが基本になります。節電を重視するのなら、厚手のこたつ布団がおススメです。ただし、場所を取り、圧迫感があるのが欠点になります。

薄掛けタイプのものもあり、こちらは圧迫感がありません。更に、省スペース用のものもあります。こちらは裾が広がらないように、四隅に切れ込みがあるタイプで、もっとも場所を取らないので、一人暮らしにおススメです。

しかし、こたつで眠りたいという人にとってはこたつの裾が短く感じる場合があります。

素材に関しては値が張りますが、綿が保温性と吸水性が高く、温かいです。ポリエステルのものは洗濯可能なものが多いので清潔です。こたつ布団を長く使いたいという人やきれい好きな人はポリエステルがおススメになります。

肌触りを心配する人もいるかもしれませんが、フリースやマイクロファイバーに加工されているので、肌触りもとても良いです。

まとめ

一人暮らしのこたつの選び方で重視したい主なポイントは、

・形

・大きさ

・値段

の3つです。

スペースを取りたくない場合は正方形のこたつと省スペース用のこたつ布団を選ぶことをおススメします。値段を重視したい場合はニトリでの購入がおススメです。

メーカーを重視するなら、山善かアイリスオーヤマになります。こたつ布団の素材は電気代の節約と保温性を重視するなら、綿の厚掛けです。

あまりスペースを取ってほしくないけれど、保温性が欲しいという場合は薄掛けの布団を選びましょう。

スペースを徹底的に節約したい場合は省スペースこたつ布団です。こたつ布団の洗濯をしたい場合はポリエステル製のものを選びましょう。布団でごろ寝をしたいという人は脚の長さを調節出来るタイプのものを選択するのがおススメです。

部品をなくしやすい人は折りたたみタイプが安心です。

スポンサーリンク

-家のこと

Copyright© 生活のチエコ , 2018 AllRights Reserved.