日常生活の中で役立つ知恵や幅広い情報を紹介しています

生活のチエコ

料理

ひな祭りのおかずは何?おすすめのメニューと簡単なレシピは

投稿日:

ひな祭りはせっかくのお祝い事なのでできれば見た目も華やかなメニューを取り入れたいところですが、そうすると手間も時間もかかってしまいそう・・・。

お祝い事なのでお互いの両親を呼んだりすることが多く、何かと大人数になりがちです。また、小さいお子さんがいる場合はそれに合わせたおかずも必要になるので何を作ればよいのか迷ってしまいますよね。

そんな時におすすめのメニューと簡単なレシピを紹介するので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ひな祭り おかずは何を作ればよい?

ひな祭りの定番メニューとしては「ちらし寿司」と「はまぐりの潮汁」は欠かせません。季節の食材を取り入れるともっと春のおめでたい雰囲気を出すことができます。例えば筍やフキ、菜の花などおかずに取りいれた煮物やおひたしなどです。

人数が多くて、それだけでは物足りなくなりそうな時は揚げ物やお刺身を追加してはどうでしょうか?子供向けにはから揚げをメインにして、大人はお刺身などを大皿を使って飾り付けると見た目はもちろん、お腹の満足度も満たせるのでおすすめです。

また、煮物や筑前煮など少し柔らかめに仕上がるよう意識すると歯が悪い祖父母でも大丈夫ですし、小さいお子さんも食べやすいですよ。前日の夜から作っておけば味も程よく染み込みし、当日慌てずにすむので便利です。

ひな祭りのおかずは何を作ればよいかは、人数と年齢を考慮するとメニューを決めやすいですよ。離乳食を卒業した年齢なら、大人と同じものを取り分けてある程度細かくしてあげれば食べることができますし、薄味を心がけてあげると子供はもちろん健康が気になる両親のためにもなります。

スポンサーリンク

ひな祭り おかずにおすすめのメニュー

・チラシ寿司

簡単に作るなら、市販の「チラシ寿司」の素を使うと手間も時間も短縮できます。それだけだと彩りがもの足りないので、冷凍の剥き枝豆を混ぜたり、錦糸卵や海老、イクラを散らすと一気に見た目が華やかになりお祝い事に向いたメニューになります。

他にも手巻き寿司にするとお互い好きなものを、好きなだけ巻いて食べればよいので簡単です。子供用にはカニカマやシーチキン、きゅうり卵焼きなど用意してあげると喜んで食べてくれますし、スーパーでも手巻き寿司のセットが販売されています。

・お吸い物

できればハマグリを使いたいところですが、意外と高かったり売り切れているときはアサリで代用する方法もあり、三つ葉や柚子など薬味を添えてあげると立派なお吸い物です。貝類が苦手なら鶏肉やすり身で代用したり、鞠麩(手まり麩)を使うと彩りもよくなり、ひな祭りのおい祝い事の雰囲気を楽しむことができます。

・揚げ物

定番のから揚げはもちろん、コロッケなど子供が好むものをメニューに加えてあげましょう。飾りつけもトマトやきゅうりを飾りきりして盛り付けてあげたり、可愛いペーパーナプキンを下に敷いたりすると子供も喜ぶお祝いのメニューなります。子供が取りやすいよう色とりどりのピックを刺してあげるのもおすすめです。

・サラダ

サラダ専用にカットされた野菜も売られていますし、ブロッコリーやスナップエンドウを使ったり、パプリカやハム、チーズを型抜きしてあげたものを飾ると見た目もカラフルになり、野菜が苦手な子供も普段より食べてくれるかもしれません。ポテトサラダも簡単に出来るので前日に用意しておくと良いですよ。

・デザート

お店やコンビニでお雛様用のひし形のケーキを予約しておくと作る手間も省けるし、果物や和菓子など用意しておけば年配の方に喜ばれます。

3・ひな祭り おかず レシピで簡単なものは

他にもボールやお菓子の型を使ってチラシ寿司をケーキ風にすると簡単な割りに手間がかかったように見えますよ。サーモンやきゅうりの皮を薄くピューラーで切ったものを巻いていくとバラの花飾りになるので、錦糸卵と一緒に飾り付けるとお寿司のケーキの出来上がりです。

茶碗蒸しも蒸し器を使わなくても、電子レンジを使えば簡単です。だし汁と卵を混ぜてこした卵液を鶏肉や蒲鉾、しいたけなどを入れた容器に注いでラップをしたら、後は500Wで3~5分程レンジでチンするだけです。

簡単に出来るのでもう一品ほしい時にどうでしょうか。デザートも市販のゼリーの素やフルーチェを使うと簡単にすぐできるので、可愛い器に盛ってあげれば、ひな祭りに向けのメニューになります。箸袋なども千代紙折って作ってあげるとより雰囲気が楽しめます。

まとめ

・前日から作り置き出来るおかずを構えておけば当日に慌てない
・ひな祭りの定番メニューに“プラスアルファ”をしてあげると見た目もお腹も満足
・ひな祭りのメニューは彩を意識すると、よりお祝いらしくなる
・市販の物をうまく使って、準備を簡単にするとストレスも減る

ひな祭りだからあれもこれも・・・とメニューに凝ってしまうとそれだけで大変になり、せっかくのお祝いが楽しめなくなってしまうこともあります。

簡単なものでも飾り付けや食材の彩を工夫するだけでひな祭りの立派なお祝いメニューになりますよ。

スポンサーリンク

-料理
-, ,

Copyright© 生活のチエコ , 2018 AllRights Reserved.