日常生活の中で役立つ知恵や幅広い情報を紹介しています

生活のチエコ

引越し

引越し用段ボールはどこで手に入る?無料になる場合とサイズについて

投稿日:2018年1月19日 更新日:

引越し用段ボールってどこで手に入るのか?県外への大学進学を機に、人生初の引っ越しを経験する方などは疑問に思んじゃないでしょうか。

そこで、荷造りに必要な引越し用段ボールはどこで手に入るのか、段ボールが無料になる場合とサイズに合わせた収納のコツを紹介するので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

引っ越し用段ボールはどこで手に入る?

・スーパー

1番手に入れやすい場所は地元のスーパーです。レジの近くに積まれていることが多く、手頃な大きさの物から少し大きめも段ボールなど色々な大きさのものが無料で手に入るので引越し用の段ボールに使うにはもってこいです。

お菓子などが入ったものなら比較的綺麗ですし、持ちやすいように左右に穴が開いた段ボールなども引っ越しの時に運びやすいので便利ですよ。野菜などが入っていた段ボールはシミや土がついている事があるので気をつけてください。

外側に大体、商品名が書かれているので選ぶときに注意してみてください。

・ホームセンターやドラッグストア

どちらにも引越し用に使える大き目の段ボールが多く、バックヤードにまとめて保管されていることが多いので店員さんに聞いてみると教えてもらえます。

大きすぎる段ボールはすでにカットされていたり、コンパクトに折られて使いづらい場合もあるのでもらう際にはチェックが必要です。

また、ホームセンターでは引っ越しに使える色々な大きさの段ボールを販売しており、近場でもらえる場所がない時や、ある程度の大きさが必要の時は購入するといった方法もあります。気になる値段も大きなサイズなら高くても300円もかからない値段で購入できます。

・家電量販店

また、大型の電量販店で手に入れることも出来ます。かなり大き目の段ボールもあるので引越し用にもってこいです。引っ越し先で使う家電製品を購入した時など、一度店員さんに聞いてみると良いですよ。ただ、店の方針で回収業者に渡すのでもらえない、といった場合もあるのでサービスセンターで確認することをおすすめします。

他にもネットでも引越し用に使えるサイズのものが5~10枚セット等で販売されているので利用してみてもいいかもしれませんね。

少しずつ段ボールを手に入れながら徐々に片付ける方法もあれば、一気に用意して片付ける、といった方法もあります。自分のやりやすい手間と方法を考えて、引越し用段ボールをどこで手に入れるかを検討しておくことがポイントです。

引越し用段ボールが無料になる場合

引っ越し会社によっては無料で段ボールがもらえる場合があり、もちろんそれを利用するのが1番お得です。しかし、予想外に荷物が多くなり段ボールが足りなくなったりする場合は、追加で購入するか自分で用意する必要があります。

他にも、一人暮らしの単身パックだと段ボールが付いておらず、自分で構えなくてはならないこともあるので、引っ越し会社を決めるときは必ず確認することを忘れないでください。

知らないままだと当日、慌てて段ボールを探してもなかなか欲しいサイズが見つからず、荷物がまとまらないと引っ越しが予定通りにいかず、追加料金が取られてしまうこともあるので要注意です。

引っ越し用の段ボールが無料になる場合は、プラン自体にそのサービスが付いている時です。なので自分が利用する引っ越し会社にきちんと「段ボールは無料でついてくるか」「何枚もらえるか」「追加にお金はかかるのか」といったことを確認することを忘れないでくださいね。

特に、引っ越しシーズンの3月などはみんなが同じように無料で手に入れようとするので、スーパーにいっても段ボールが全くない、なんてもとも。引っ越し会社でもらえる枚数をしっかり確認したうえで、スーパーなどで早めに予備を手に入れておくと準備の時に慌てなくてすみますよ。

スポンサーリンク

引越し用段ボール サイズに合わせた収納のコツ

例えば、小さめの箱は食器類の収納に向いています。プチプチや新聞紙をで巻き、さらに隙間に新聞紙をまるめたものを入れることで余分な空間がなくなり割れにくくなります。大き目の箱に全て詰めると重くなり、間違って落としてしまうと全部割れてしまうこともあるので要注意です。

逆に大き目の箱には服など軽いもを収納するとよいですよ。季節に合わせて分けてたり、元のクローゼットやタンスの中身をそのまま入れると引っ越し先でも同じように収納できるので片づけが簡単です。

また、台所用品もまとめて収納すれば、片付けるときに何処に何をいれたかを探す必要がないので大きい段ボールが向いています。細々した日用品は紙袋などにまとめたまま収納すると箱の中でバラバラになることがないので便利です。

他にも、大事なものは中に何が入っているか探しやすい小さ目の箱、すぐに困らないものはまとめて大き目の箱、といったふうにするのも収納のコツです。引っ越し先で必要なカギや充電機などはもちろん、一泊分の衣類など手荷物として持っておけばわざわざ段ボールを開けてまで探す必要がないので便利です。

もちろん、箱にも中に何が入っているかある程度詳しく書いておくと、引っ越し先で片付けるときに便利です。荷物を運んでもらう際も台所用品と書いておけば台所に置いてもらえるので自分で運びなおす手間が省けます。

(関連記事)

初めての一人暮らしの段取りと必要な手続きは?注意すべき点とは

引っ越しに挨拶は必要?女性の場合やおすすめの品物についても

一人暮らしに必要なもののリストと最低限のものや薬について

 

まとめ

・段ボールは身近なスーパーやドラッグストアで手に入れることができる
・家電量販店はもらえないこともあるので、事前に問い合わせておくとベター
・無料で段ボールがついてくる引っ越しプランもあるので要チェック
・引っ越しシーズンは誰もが無料で段ボールを欲しがるので、早めに準備しておく

一人暮らしといっても荷物は意外と多くあります。これくらいで足りるだろうと油断していると当日荷物が入らず慌ててしまうこともあります。

無料でもらえるスーパーなどである程度数を準備しておくと良いですよ。

スポンサーリンク

-引越し

Copyright© 生活のチエコ , 2018 AllRights Reserved.