子供・赤ちゃん

雪の日の靴の滑り止めを子供に!効果や手作りで対処する方法

お子さんが小さいとどうしても雪の日など歩きにくいですし、慣れていないので滑るのでは?と心配する方も多いでしょう。

そこで、雪の日の子供さんの靴の滑り止めについて詳しくご紹介したいと思います。

雪の滑り止め子供の靴にできること

雪の滑り止めグッズが多々あるので、靴に簡単装着できますし使用することができます。

靴に装着できるバンドで人気があるアイススパイク・スノースパイクは、お手頃価格ですし子供用から大人用までサイズも豊富にあります。

通常履いているスニーカーや長靴、靴に簡単に装着することができるので活用範囲が広いです。

アイススパイク・スノースパイクは、つま先をカバーしたタイプがメインになっており、装着が簡単で安定した歩きができるようになっています。

広範囲にスパイクが付いているので雪道や凍結した道は無理なく歩くことができ、安定した歩きができます。

スポンサーリンク

雪の日の靴の滑り止め 効果は?

雪の日にスノースパイク・アイススパイクなど靴に装着して歩くと裏面のスパイクがしっかりと雪や路面凍結している部分に捉えることができるので、歩きやすいです。

ツルツル滑ることもなく安定した歩きができるようになります。伸縮性ラバー素材で靴にも装着しやすく、お子さんの足にピッタリ合うサイズが見つかります。

しっかりと地面をつかむように歩くことができるので、お子さんも安心して雪道や凍結道路を転んだり滑ることなく、歩くことができます。

雪道は慣れていないので、どうしても子供さんは滑りやすいため、ちょっと走って転ぶことも多々ります。スパイクが付いていると地面をしっかりつかむことができるので、お子さんも転ばずに上手に歩くことができます。

スポンサーリンク

雪の日の靴 滑り止めを手作りでするには

雪があまり降らない地域など、滑り止めグッズを購入せず手作りで使用したいと考えている方も多いです。雪の日の靴に滑り止め対策として輪ゴムを靴に巻く方法があります。

靴用にしっかりとした輪ゴムを使用したほうがよいです。普通の輪ゴムを使用するとすぐに切れてしまうので、頑丈な輪ゴムを使用した方が雪道でも長く使い続けることができます。

100円ショップなどは、靴底に手軽にシートを貼って滑りにくくするものも販売されているので、購入して使用するのも効果があります。

滑り止めを手作りする場合、滑り止め用ゴムシートを靴に装着しますが、サイズが大きい場合はハサミでカットして接着材で靴に装着したり、剥がれないようにすることも重要です。

まとめ

お子さんは、ちょっと油断すると転んだり、滑ることも多々ありますし、普段は雪道に慣れていないのでどうしても危険な状態になります。

普段履いている靴に装着が簡単にできるゴムバンド式になったスパイクもあるため上手に活用することができます。

スパイクも締め付け感がなく、足と靴に対し安定した設計になっているのでサポートも充実していることがわかります。

スノースパイク・アイススパイクは裏麺のスパイク部分が前部分のみの商品もあれば、前と後ろにスパイクが付いている安定したものもあり、滑りにくいことを考慮すると前と後ろに付いていた方がお子さんは安定した歩きができるようになります。

雪道は慣れていないので、お子さんが歩きやすい環境を提供してあげることが大切です。