家電

一人暮らしの冷蔵庫の選び方 おすすめの大きさと気になる電気代は

大学進学などで一人暮らしを始めようというとき、どんな電化製品を選べばいいのか、色々と迷われている方も多いのではないでしょうか。

特に冷蔵庫は、ライフスタイルによって適切なものが変わってきます。どんなことに気を付けて選べばよいのかまとめてみました。

スポンサーリンク

一人暮らしの女子の冷蔵庫の選び方は

まず選び方のポイントの一つとして、自炊をちゃんとするつもりなのか、それとも外食がメインで補助的に冷蔵庫を使うのかを考えましょう。

自炊をちゃんとするのであれば、冷蔵庫・冷凍庫の両方のスペースがある程度の大きさあるほうがよいです。野菜室もあれば、野菜の乾燥を防ぐことが出来るのでなおよいですね。

自炊をする場合は冷蔵庫の大きさがある程度必要になってきますが、冷凍庫も余ったお肉や残ったご飯をラップにつつんで保存するなど、残った食材を賢く使い切るのに役立ちます。

一方、あまり自炊をしない場合は、それほど大きな冷蔵庫でなくてもよいかもしれません。個人差が大きいですが、冷凍食品をストックとして買う方は、ある程度の冷凍庫の大きさが必要でしょう。

また、お弁当やお惣菜は必要分をその都度買うならあまりスペースは必要ないかもしれませんが、夏に大きめのペットボトルを冷やしたい方は、その分の容量を確保しておいた方がよいです。

一人暮らし用冷蔵庫を購入するとき、当然価格が気になりますよね。

国産にこだわらないなら、ハイアールなどは低価格ですが・・・

ただ、安い冷蔵庫の中には、動作音が結構気になるものもあります。溶媒が流れるときの水がちょろちょろながれるような音は正常ですが、モーター音の大きさなどは、結構音の大きさに差が大きいです。特に音に敏感な方は気になってしまうかも。

また、部屋のつくりによってもどれぐらいうるさく感じるかは変わってくるでしょう。ワンルームだと音が気になるかもしれません。

一人暮らしの冷蔵庫にピッタリの大きさは何リットル?

冷蔵庫を購入する前にまずしなくてはならないことは、何だと思いますか?

ずばり、冷蔵庫がおけるスペースの大きさをちゃんとはかっておくことです。

アパートやマンションが決まったら、冷蔵庫を置く場所を決めて(通常冷蔵庫を置ける場所は初めから限定されていることが多いです)、床スペース、背面や両サイドの余裕スペース、高さもどこまで大丈夫かも計測しておきましょう。

もちろんコンセントの場所もちゃんと確認しましょう。冷蔵庫は消費電力が高いので、延長コードは危険です。たこ足配電も危険なので、コンセントに直接差すようにしましょう。

物件が決まっていないのに先に冷蔵庫を買ってしまうと、最悪置くスペースがないことも。要注意です。

どのくらいの容量のものが適切かは、個人差が大きいです。

大きなものが必要ない方も、さすがに今の時代、冷凍庫は必要でしょう。冷蔵庫の実のものを選ぶと、氷が作れない、冷凍食品・アイスクリームが買えないということになり、色々と不便なことになりそうです。

もともとは100L前後の冷凍冷蔵庫が主流でしたが、まとめ買いしたり自炊をする方でちょっと大きめのものを買う方も増えています。この場合は130L~170L程度です。

スポンサーリンク

一人暮らしの冷蔵庫の気になる電気代はどれくらい?

電気代は地域によって違いますし、同じ冷蔵庫を買っても、扉の開け閉めが頻繁であったり、日の当たる場所におくなど、使い方によってもだいぶ差があります。

ただ、説明書などに表記されている「年間消費電力量」を使って計算をすることは出来ます。

年間消費電力量×自分が契約している電気料金のプランでの1kWhあたりの料金*=年間の電気代(概算)
*たとえば関西電力の従来電灯Aの120kWhをこえ300kWhまででは29.19円・1kWhとなっています。

冷蔵庫を購入するとき、以外に見落としがちなのが、省エネ度です。冷蔵庫には省エネ基準達成率のランクが示されていますし、年間消費電力量ものっています。

気になる冷蔵庫の「年間消費電力量」を比較すれば、電気代の計算式までは使わなくても、ある程度の比較をすることは出来ます。

冷蔵庫はもっとも電気を消費する家電のひとつです。

冷蔵庫の価格が安くても、省エネ効率が悪く電気代が高くついてしまうものもありますので、トータルで見るとあまりお得でない場合もあります。しっかりチェックしましょう。

まとめ

一人暮らしの冷蔵庫と一口にいっても、ライフスタイルによってどんなタイプが合うかはずいぶん変わってきます。自分が暮らす中で、どんな使い方をすることになりそうか、ある程度想像して選ぶと後悔が少ないかもしれませんね。

まとめ買いをすることが多ければ、ちょっと大きめのものがよいでしょう。一般的には迷った時は、置くスペースが許せば少しだけ容量の大きいものを選ぶ方が、失敗は少ないと思います。

ライフスタイルにぴったりのものを選んで、快適な一人暮らしを送ってくださいね。