日常生活の中で役立つ知恵や幅広い情報を紹介しています

生活のチエコ

冠婚葬祭

お彼岸 春はいつからいつまで?お墓参りやお供えものの注意点も

投稿日:

お彼岸の日程はなかなか覚えきれないもので、私も毎年のように調べて再確認をしてます・・・。そこで、今回は、春のお彼岸はいつからいつまでなのか?そして、お墓参りやお供えものの注意点についてもご紹介したいと思います。

ちなみに・・・仏教で極楽浄土は西方浄土とも称され、西の方角にあるとされていました。なので、太陽が真西に沈む春分の日や秋分の日は、私達が生きる現世の此岸と、極楽浄土である彼岸が最も近づく日と考えられ先祖供養を行うのに良い日とされて来たのですよ♪

スポンサーリンク

お彼岸 春はいつからいつまで?

2018年・平成30年の春のお彼岸は以下のようになってます。

彼岸の入り 中日 彼岸の明け
3月18日(日) 21日(水 24日(土)

お彼岸は7日間と長い行事ですが、お彼岸の中日にお墓参りをし、前後の6日間は現世に生きている私達が自分自身の修行を行う期間とされる行事である事から長いのです。

お彼岸 春のお墓参りのタイミングは?

先に第1章で解説したように、正式にはお彼岸の中日にお墓参りする習わしですが、忙しい現代人にとって、その日にお墓参りをする事が無理な事も少なくありません。

正式には、中日にお参りすべきかもしれませんが、元々先祖を敬う事が目的であり、少なくとも、年に2回は先祖の事に想いを巡らせ、期間中にお参りすれば十分でしょう。

遠方で、お墓参りが難しい場合は、家に仏壇があれば、そこでお参りする事で済ませても罰は当たらないでしょう。先祖を思い、先祖を敬う心こそ大切なのです。

スポンサーリンク

春のお彼岸 お供え物を選ぶなら

お彼岸の日には、ぼた餅やおはぎを頂く風習もあります。春のお彼岸には、あんこがこし餡のぼた餅を頂き、秋のお彼岸には、あんこが粒餡のおはぎを頂く習慣です。両者は混同されがちですが、名前だけでなく食べ物としてもあんこの違いと、形状の違いがあるのです。

春のお彼岸には、その季節の代表的な花である牡丹の花から、ぼた餅を頂くもので、ぼた餅の大きさは、牡丹の花同様に大きくて丸い形をしています。

また、秋のお彼岸に頂くおはぎは、秋の花の代表である萩の花から取られた名前で、花同様に小さく上品に俵型であるのが正式とされています。

この様に、お彼岸にぼた餅やおはぎを頂く習慣の由来には諸説ある様ですが、以下のような由来が一般的に言われています。

その由来は、小豆の赤い色には、魔除け効果があり邪気を払うものとして、昔から先祖に小豆がお供えされて来ました。この魔除け効果があるとされる小豆と、昔は貴重品であった砂糖であんこを作り、これをもち米と合わせてぼた餅やおはぎを作る事で、先祖の心と私達の心を「合わせる」と言う語呂合わせをされたものだと言う説です。

従って、春のお彼岸のお墓参りには、ぼた餅をお供えすれば良いと言えます。しかし、自分の両親や祖父母がお墓に眠っており、こうした身近であった人を思い起こしてお供えすのなら、ぼた餅に拘らず、その人が生前好きであったものをお供えするのも1つの方法でしょう。

もちろん、お供えをしたものは、お下がりとしてお墓参りをした人達で、その場で頂いても、また持ち帰り頂いても良いでしょう。

お供えしたまま、放置して帰るのは、動物が食い散らかしたり、不衛生になる為、避けるべきです。墓地によっては、食べ物を放置しない様に注意を促している所も少なくありません。

(関連記事)

墓参りのマナー 時間と水と線香についての疑問を解消!

お彼岸の墓参りはいつまでに行くべき?お供えや服装の注意点は?

まとめ

行事には、それぞれ正式な形式や仕来りがあるものです。しかし、そんな仕来りに拘り過ぎない事も重要と言えるでしょう。

形式に拘る事より、その主旨をよく理解して少々我流であっても、お彼岸には先祖の事を思い起こし、先祖があってこそ、今自分が現世を生きて居られる事に感謝する事が大切でしょう。

お彼岸は、1年に2回、そうした機会を私達に与えてくれる行事であると考え、真心こめてお参りすれば、お参りの日程やお供え物に拘る必要はないのです。

また、お彼岸の中日の前後のそれぞれ3日間は、第1章で記載した様に自分が現世を生きている私達が、修行を行う期間とされています。

これは、仏教では死後に仏の世界である極楽浄土に行くためには、現世の此岸において、仏様の悟りの境地に至るためには、六つの修行である六波羅密を1日1つ、6日かけて修める事で迷いを取り除く事が必要だとされてきました。極楽浄土に至る為に、善行を積む事が必要だと説かれているのです。

お彼岸には、先祖を思い、先祖を敬うと共に、現生に生きる自分の生きざまを反省する機会と捉えるのも行事の主旨に適うものと言えるでしょう。

スポンサーリンク

-冠婚葬祭

Copyright© 生活のチエコ , 2018 AllRights Reserved.