日常生活の中で役立つ知恵や幅広い情報を紹介しています

生活のチエコ

アウトドア

お花見の持ち寄りで喜ばれるもの 簡単な一品や購入できるオススメも

投稿日:

お花見シーズンには、近所の方々とお花見をする機会も多くなりますね。でも、気心のしれた友人や家族でお花見するのと違って、近所の方々とお花見をする場合は、やっぱり気を使ってしまいますね。

そこで、お花見の持ち寄りで喜ばれるものや、簡単に用意できる一品、それにオススメのものなどをご紹介します。

スポンサーリンク

お花見の持ち寄りで喜ばれるもの 簡単な一品や購入できるオススメも

持ち寄りの場合や、そこまでいかなくても、ちょっとしてものを差し入れするなら、どんなものにすればいいのか?あんまり場違いなものをもっていってハズしてしまったらどうしようなんて、アレコレ気をもんでいるかたもいるかもしれません。

でもお花見はうまくいけば、近所の方々とコミュニケーションする絶好の機会でもあります。ここで仲良くなっておけば、何かあったときにも心強いものです。

持ち寄りにはどんなものがいいのか?お料理が苦手な場合は購入するとして、どんなものがよいのかをまとめてみました。

お花見のもので持ち寄りで喜ばれるものとは?

お花見に行かれたことがあるかたはご存じだと思いますが、桜が美しい季節はまだまだ寒いものです。お花見には基本的に温かいものを持っていくと良いですよ。

温かいお茶やホットドリンク、お酒など。さすがにビール党の方のビールは冷たい方がよいですけれど。

ちょっとした差し入れには、若い方がいればピザやピザトーストなどのイタリアンもいいでしょう。手で簡単につまめるし、味がしっかりしていて冷めてもあまり気にならないものでいいです。

ご近所の方には年配のかたもいらっしゃるかもしれません。みんなで楽しめるおつまみも持って行きましょう。

定番の柿ピーなども今は小袋になっているものもあります。ふだんあまりお互い近所づきあいがない場合は、小分けされているものにしたほうが衛生面も気を遣わなくていいでしょう。

まだまだ寒い時期なので、ひざ掛けや座布団などを持っていくといいでしょう。床に敷くシートが足りているのかも聞いてみて、たくさんあった方がよければ自分たちでもって行くとよろこばれるかもしれません。

本格的なシートでなくても、ちょっとしたレジャーシートも、みんなの荷物を置いたり、子供たち同士で仲良く座ったりと、利用価値があると思います。

お酒については、禁止している花見会場もあります。もって行けるか確認しておきましょう。

お花見の持ち寄りにもってこいの簡単な一品とは

手料理をもっていこうかと考えている方は、おでんなどを調理しておいて、カセットコンロを持って行き、お花見場所で温め直すのもいいです。

その場合、割りばしや紙ボウル、紙コップなどの食器も用意するのをわすれずに。コンビニのおでんのように、串でさしてとりやすくしておくのもいいかもしれません。

トン汁なども簡単に作れるうえ、温めやすく、しかも出されると嬉しいものです。

ただし、お花見会場によっては、コンロなど炎の出る物を禁止しているところもあるので、確認してから持って行くようにしましょう。

コンロがだめなばあい、手料理はおべんとうのおかずのイメージで、冷めても気にならないものを用意していくと良いです。

ラップでつつんで簡単に食べられるようにした一口大のおにぎりや、つまようじで刺したハム、ちくわにチーズをつめたもの、たこさんウインナー、たまごやきなど、おつまみやおべんとうのイメージのもので構わないです。これなら子供さんもよろこびます。食べやすく、とりやすいように工夫しましょう。

スポンサーリンク

お花見の持ち寄りを購入するのなら?

手づくりする時間がない方や、手料理が苦手な方もいらしゃいますよね。

準備に手間取って、お花見にいくのがおっくうになるのなら、本末転倒です。せっかくの交流の機会、今の世の中、おいしい食べ物がいくらでも買えるのですから、気にするくらいなら楽しちゃいましょう。

あらかじめ注文する時間がなくても、スーパーマーケットでオードブルなど見栄えのするものが買えます。人数が多ければ、小さめのものをいくつか買うのも、取り易くてお勧めです。

フルーツの盛り合わせは、以外にみんな気が付かないもの。食事の後にうれしいですし、お菓子よりもヘルシーでいいですね。

あなたが気に入っている焼き鳥お店やコロッケのお店があれば、そこで買ったものを持っていくのもいいですね。そのお店についての話題もはずむかもしれません。

可能ならお肉屋さんが作っているあげたてのコロッケを買っていくのもいいですね。それに焼き鳥はあまり油っぽくないので、年配の方にもとてもよろこばれます。可能ならしおとたれの両方用意してあげれば、あじのバリデーションも広がりますね。

極端に混雑していない花見会場で、配達してもらえそうなら、デリバリーでピザなどを頼むのもいいですね。温かい出来立てが食べられます。難しければ行く途中で買っていくと良いでしょう。

子供たちを含め、やっぱり大人もお菓子が好きな人は多いです。特に女性は、お菓子を食べながらおしゃべりすると話も弾みます。

個別の焼き菓子や袋に小分けされたお菓子をもっていくといいでしょう。

お花見は交流のとてもいい機会です。準備にあまり頭を悩ませず、楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク

-アウトドア

Copyright© 生活のチエコ , 2018 AllRights Reserved.