アウトドア

バーベキューの食材を買うならこれ 変り種のおすすめと下準備の方法

バーベキューの食材を買う場合には慣れている人でないと何を選べば良いか分からないものです。

そこで今回は、食材を買うならこれだ!というものや、ちょっと変り種の食材、そして現地で困らないための下準備の方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ベーべキューの食材を買うならこれ

バーベキューと言えば、やはり、牛肉を欠かす事は出来ません。焼肉用の牛肉はもちろん、ステーキ用の牛肉もお勧めです。中には、様々な部位が入ったセットのものを販売しているので、それを購入すると良いかと思います。

また、対面式のお店で購入する場合は、牛肉分の予算を伝えて、お任せにしてみる事もお勧めです。

その他、牛肉以外にも欠かす事が出来ないものが豚肉と鶏肉です。特に豚肉の場合、スペアリブがおススメ!バーベキューならではのダイナミックな料理を味わう事ができます。また、鶏肉においても、炭火焼きと言う事で香ばしく焼く事ができ人気の食材です。

このような定番のお肉以外に定番となるバーベキューの食材としては、ウインナーやイカやエビ、カキなどと言った魚介類も欠かす事ができません。

もちろん、野菜も必要です。ニンジンやキャベツなどと言った野菜の他、とうもろこしやジャガイモ。また、焼きトマトの為のトマトなどを購入すると良いかと思います。

中には、焼き野菜ではなくサラダが食べたいと言う人も出てくる事かと思います。その為、サラダセットなどを購入しておくと安心かと思います。また、ご飯も必要と言う人もいるため、おにぎりの準備を忘れてはいけません。その際、焼きおにぎりようのおにぎりを準備しておくと美味しくおにぎりを食べる事ができるかと思います。

以上のようなバーベキューに欠かす事ができない食材の他、絶対に忘れてはいけないのが、焼肉のたれやレモン、塩コショウなどになります。なかには、ポン酢派だと言う人もいるため、ポン酢やしょうゆなども少し準備しておくと安心です。

これらを購入した上で、飲み物の購入も大切です。アルコール類の他、ジュースやお茶など準備し、その上で、バーベキュー後のひと時を楽しむためにお菓子も準備しておくと良いかと思います。

バーベキューの食材で変り種のおすすめは?

バーベキューでお勧めのメニューとして、女性に大人気のチーズフォンデュはいかがでしょうか。オシャレでお酒のお供にもピッタリかと思います。

準備するものは、カマンベールチーズとアルミホイルのみ。食材は、ウインナーやイカなどの魚介類、ジャガイモなどの野菜となる為、特別に何かを準備する必要はないかと思います。ただし、フランスパンだけは、忘れず購入しておいてください。

次にバームクーヘンはいかがでしょうか。

「バーベキューでバームクーヘン?」と思われるかも知れませんが、非常に人気の品になっています。作り方も簡単で材料は、2人分でホットケーキミックス…200g・卵…1個・砂糖…50g・牛乳…100ml・生クリーム…50mlです。

あとは、アルミホイルを準備し、木にアルミホイルを巻けば準備は完了です。ゆっくりと作り上げるバーベキューでのバームクーヘンは格別です。

この他にも、お店では簡単に購入する事ができない食材を準備する事で、メンバーを驚かせてみてはいかがでしょうか。

例えば、岩塩プレート。網の上にこの岩塩プレートを置き、食材を乗せて焼くだけで、少しリッチな気分を味わう事ができるかと思います。

その他、マンガ肉もお勧めです。さすがに本当の牛肉でマンガ肉を焼く事は出来ませんが、通販ならマンガ肉の形をしたハムを購入する事が可能です。驚かれる事、間違いなしの食材ではないでしょうか。

スポンサーリンク

バーベキューの食材の下準備の方法とは

バーベキューを行う際、出来るだけ現地で行う作業をカットしていく必要があります。その為、野菜は必ず水洗いした後、適当な大きさにカットし袋詰めしていくと良いかと思います。

ただし、火が通りにくい野菜の場合、事前に火を通してから持ってくと焦げる心配もなく安心です。例えば、とうもろこし、芋類、にんじん、かぼちゃ、玉ねぎなどが火の通りにくい食材となります。

その他、下味が必要なお肉においては下味をつけ、同じように袋詰めしておきます。また、鶏肉などは串にさして焼いた方が美味しい場合もある為、その準備もできる限りしておくと安心です。

その他、デザートの果物も事前にカットし、タッパーなどに詰め、ピックをさしておくと良いかと思います。

まとめ

いかがでしたか。材料の購入から準備となると意外と大変なバーベキューの準備。好みなどに不安がある場合は、事前に好みを確認しておくといいかも知れません。

その際、アルコールの有無についても確認しておく事で購入する目安になるかと思います。

その他、バーベキューに持って行くものとしては、出来るだけ荷物を減らすと言う工夫も大切です。お肉などはパックのままではなく、ジッパー付きの袋に入れ替え袋詰めするほか、野菜なども同じようにしておく事で荷物を減らす事が可能になります。

また、お茶などは、紙コップを準備し2リットル入りのお茶でもいいかも知れません。その際は、色付きの紙コップを選び、自分のものがわかるようにしておくと安心です。