自動車

車でのお漏らしの対策 クリーニングや消臭方法など

子供連れでの楽しいおでかけには、やっぱり車が便利ですよね。遠くのショッピングモールやレジャースポットにも気軽に行くことができ、休日の気分転換には欠かせないものです。

でもよくある痛恨のアクシデントが、子供のお漏らし。特にトイレトレーニング中の2~3歳のお子さんをお持ちのパパ・ママにとって一番の悩みのタネですよね。

「また間に合わなかったらどうしよう…」そんな不安が頭をよぎってしまい、おでかけを心から満喫できないという方も多くいらっしゃるはないでしょうか。

そこで今回は、車でのお漏らしの対策についてさまざまな方法をまとめましたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

車でのお漏らし対策 予防編

長距離移動が多いファミリー方は特に、シートの汚れ対策をしておいて損はありません。シートが布製の場合は、防水のシートカバーをかけておくだけでお漏らしの対策になります。

防水のシートカバーはトヨタなどのメーカー純正品は非常に高額ですが、カー用品店やネット通販で買えるビニールや合皮素材のものならカーメーカーの製品よりも何割も安いくて数千円程度でも購入できます。

シート1脚分から買えるものや、リアシート用のものなど様々なサイズがあるので、必ずサイズの合ったものを選びましょう。

また、シートカバー以外の工夫としてはフロアマットなども有効です。こちらもゴム製など防水仕様のものを選んでおくと床を汚れからしっかり守ることができます。

日ごろの掃除もしやすくなり、メンテナンスの面でも一石二鳥です。

こちらもネットショップで1枚500円台からと大変リーズナブルに手に入れることができます。

あとで「やっぱりきちんと予防しておけばよかった…」と後悔しないために、しっかりと対策しておきましょう。

車でのお漏らし後のクリーニングはどうしたらいい?

そんな万全の対策をしていても、量が多い場合シートの隙間から漏れてしまうこともあります。完璧にきれいにしたい場合は、プロの力を借りましょう。

ガソリンスタンドでのクリーニングでは、車内清掃も一緒にできるフルセットも選ぶことができます。

以下が車のサイズ別の料金の目安になります。

・小型車(軽自動車等)

(クリーニング)40000円、(フルセット)50000円

 

・中型車(プリウス等)

(クリーニング)45000円、(フルセット)55000円

 

・大型車(エルグランド等 ミニバン系)

大型車…(クリーニング)50000円、(フルセット)60000円

 

ちなみに、時間は、平均で2日~1週間ほどにかかります。

「きれいになるのは嬉しいけど、そこまでお金はかけられない…」そんなときはまず、できる限り自分でクリーニングしてみるのがおすすめです!

お漏らしに気づいたら、あわてずなるべく早い段階で対処します。最初は乾いたタオルで叩いて水気を十分に吸わせ、次に濡れたタオルで叩きましょう。

こするのではなくポンポンと拭くようにし、シートの網目に入ってしまった汚れまで丁寧に取り除くようにします。

濡れたタオルがなければなければウェットティッシュやおしりふきで代用してもOKです。

最後にドライヤーで乾かすか、晴れた日であればドアを全開にして、シートに太陽に光にあてて乾かしましょう。

においの対策には、キッチンにある重曹を使いましょう。

重曹をシートの汚れた部分にふりかけて、しばらく放置します。そのあと掃除機で吸ったりタオルで拭いたりしておけば、かなりの臭いが解消されるはずです。

スポンサーリンク

車でのお漏らし 消臭方法

それでも完璧というわけではなく、気になるのが菌の繁殖。そんなときにおすすめなのが、ファブリーズを使ったクリーニング方法です。

掃除が終わったあと、シートに吹きつけるだけで消臭と除菌が一気に叶います。

シートから20~30cm離して、表面が全体的に湿り気を帯びる程度にスプレーしてください。(ただし、私は匂いが強烈だと思う時は思い切って5センチくらいの至近距離からもブシュッ!とスプレーすることもあります。一瞬で匂いを消せますがこれは自己責任でお願いしますね。)

ファブリーズならスリムなパッケージなので、サイドポケットやシートポケットなど、手の取りやすいところに収納できます。

タオル数枚と一緒に車内に常備しておくと、いざというときにサッと使えますね!

※ただし、スプレータイプの製品は車内温度が上がるとプラスチック容器が膨張して液が漏れてくる恐れがあります。なので、できるだけ日差しが当たらないグローブボックスやトランクなどに入れておくのがオススメです。

また、芳香剤を設置するのも今後のにおい対策に効果的です。

エアコンの吹き出し口につけておくタイプであれば、放っておくだけで車内の嫌なにおいをグングン吸収してくれます。

ただし香り物は単品では良い香りでも、混ざると嫌な香りになるものもあります。芳香剤はファブリーズからも販売されているので、スプレーと同じ香りものを使うと安心です。

子供がいるとお漏らしだけでなく食べこぼしなど、なにかと車内のにおいになる出来事が多いものです。こういった手軽なケア商品をこまめに活用できたらいいですね。

(関連記事)

あわせて読みたい
お漏らしの布団を干せない時!ファブリーズやコインランドリーで対処子供がお布団でお漏らしをしてしまった…ということはよくあることであるだと思います。 この場合、すぐに洗って、お外に布団を干すのが理...

まとめ

いかがでしたか?車でのお漏らしの対策をまとめましたが、自分でできるクリーニングもさまざまなものがあることがわかりましたね。

シートカバーなどの予防と合わせてぜひ知っておきましょう。また万が一のときのために掃除道具を車内の一角にまとめておくと、今後も落ち着いて対処ができますね。

ぜひ参考にして、家族でのおでかけをよりいっそう楽しいものにしてくださいね!