料理

豆ご飯レシピのおすすめ グリーンピースを使う時や色の綺麗な出し方

豆ご飯を作ってみたいと思っても、豆ご飯の色をきれいに出すのは難しかったり、豆が固かったり、難しく感じている方もいると思います。

でも大丈夫です、実は豆ご飯は簡単に作ることができます。そこで、今回は人生初の豆ご飯に挑戦される方のために参考にできるレシピ情報や扱いやすいグリーンピースを使った場合のコツなどを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

豆ご飯のレシピのおすすめ

レシピサイトでは、料理が苦手な方でもできる簡単レシピや手の込んだものを作りたい方にも向いているレシピなど、さまざまな豆ご飯が紹介されています。

有名なレシピサイトが「クックパッド」です。クックパッドには、ご飯やおかずなど284万ものレシピが投稿されています。

知りたいレシピは食材名や料理名から簡単に検索できます。つくれぽという作った人の写真や声も見ることができます。

豆ご飯といってもグリンピース、大豆、黒豆、えんどうなどいろいろな豆を使ったものがあります。クックパッドでは、このようなさまざまな豆を使ったレシピが紹介されています。炊飯器で炊けるレシピが多いので、検索をしてみてください。

豆ご飯を作るときに難しいことが、豆にシワができないようにすることです。シワができても味に違いはありませんが、見た目が気になります。見た目が悪いと食欲がなくなりますよね。

豆の表面がシワシワになるのは、ゆでたときに皮が膨張して伸びてしまい、急激に冷やすと伸びた皮はもとに戻ることができないからです。一度シワシワになってしまうと元には戻りません。

シワシワにならないようにするには、一度膨張をして豆の実と皮の間にできてしまったすき間に何かを入れればよいのです。

つまり、実と皮の間に水を入れます。豆をゆでたらしばらくゆで汁につけておくとシワシワになりにくくなります。熱いゆで汁にずっとつけていると豆がぶよぶよになってしまうので、水を加えて少しずつ冷ましていきます。

豆ご飯レシピでグリーンピースを使うなら

えんどうや大豆などは浸水をしてからゆでなければならないので手間がかかりますが、グリーンピースは浸水の必要がなく手軽に豆ご飯を作ることができます。

グリンピースは春が旬です。旬以外の季節には冷凍を手に入れることができます。

冷凍の場合は解凍してから使用をします。普段ご飯を炊くときと同じようにご飯を炊くのですが、そこにグリンピースを加えればグリンピース豆ご飯ができます。

しかし、この方法は手軽ですが、豆がシワシワになってしまいます。

ご飯を炊くときにグリンピースを入れなければシワを防ぐことができます。鍋に水を塩を入れて沸騰させ、そこに冷凍グリーンピースを入れて2分ほど沸騰させて火を止めます。

氷を張った水にグリーンピースをゆでた鍋を入れて少しずつ冷まします。グリンピースはゆで汁内で冷ますことがポイントです。ご飯が炊けたら水切りをしたグリンピースをご飯に混ぜます。ご飯と一緒に炊かないので、ゆでるときに塩を使ってグリンピースに下味をつけておきます。

グリンピース以外にも、大豆、えんどう、黒豆、枝豆などでもおいしい豆ご飯を作ることができます。大豆、えんどう、黒豆は、ゆでる前に浸水が必要です。

枝豆は浸水せずにゆでてご飯に混ぜることができます。毎回浸水をしてゆでるのは大変なので、豆ご飯をよく食べるようならたくさん作って冷凍をしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

豆ご飯のレシピ 色の綺麗な出し方

豆ご飯の色をきれいに出すには、豆は別にゆでておくことがポイントです。塩を入れたお湯でゆでて、炊いたご飯に混ぜると色がよくなります。

たくさん作って豆ご飯が余ったときには保存をしておきましょう。おいしく食べるためには保存方法に注意が必要です。

当日に食べるならおひつに入れて保存ができます。おひつは適度に湿気を吸い取ってくれるので、ご飯がべちゃべちゃになりにくいです。

常温保存は夏場は6時間ていど、その他の季節は長くても1日です。夏場は雑菌が繁殖しやすいので、常温保存をする際には早めに食べきってしまいましょう。

炊飯器の保温機能を使って保管をしていると、時間が経つと周りに膜のようなものができて黄ばんできます。保温は5時間までが限界です。

また、それ以上長く保温をしているとご飯を炊くのと同じ電気代がかかって不経済です。

1~2日程度なら冷蔵庫で保存ができます。炊いたご飯をラップで包み、荒熱が取れたら冷蔵庫に入れます。ラップに包むときには、できるだけ平らにして真ん中は少し凹ませます。食べるときには少し水を加えて電子レンジで温めるとふっくらとします。

長期間保存をするなら冷凍庫に入れておきます。アツアツのうちにラップに包んでください。均一に熱が伝わり冷凍されるために、ご飯はできるだけ平らにします。冷凍庫では3週間ほど保存ができますが、おいしく食べられるのは1週間ほどです。

まとめ

豆ご飯を作るのは難しそうと思っていた方も、レシピを参考にすれば簡単に作ることができます。いろいろな豆ご飯がありますが、グリンピースは比較的簡単に作れます。ぜひチャレンジしてみてください。

honmura