季節のイベント

こどもの日のお祝い金額は?喜ばれるプレゼントや食べ物の差し入れも

子どもの日はお祝いごとなのでお祝いをあげるのが一般的ですが、おばあちゃんやおじいちゃんからすると、どれくらい包めばいいか悩むのではないでしょうか。

また、孫へのプレゼントはどんなものにしたら良いか分からない人が多いと思うので、今はどんなものが喜ばれるのかご紹介したいと思います。

この記事を書くきっかけとなった相談者のデータ

  • 53歳の専業主婦
  • 初孫の初節句(長男の子供)
  • 現金でお祝いを考えている
  • 兜は嫁の実家が買っている
スポンサーリンク

こどもの日のお祝いに金額はどれくらい包めばよいか?

まずは、相場が気になりますよね。この金額を出さないといけない決まりはないのですが、相場としては3万か5万くらいが一般的とされています。

もちろんそれ以上出す親もいますが、一般的にはこれくらいの金額が妥当でしょう。

中には気合いが入って出しすぎてしまう祖父母もいますが、あまり高額だと負担になってしまうので、高すぎなくていいという配慮も必要ですね。

また、中には鯉のぼりなどを買うという家庭もあるので、相談をして決めるといいでしょう。そして、鯉のぼりを買う時の注意点は家の大きさに合わせるという事が大切です。

小さいマンションなのに大きな鯉のぼりを買ってしまうと飾る場所がないので迷惑なので、その家の大きさに合わせてサイズを選ぶようにするのが大切です。もちろん兜飾りにも同じことが言えるので相手の家のことを考えて配慮するようにしましょう。

ですが、両家にあまりにも差があると不公平になったり、どちらかの親が気にしてしまうといけないので、両家で話し合うということも大切です。家庭の事情で金額的にも出せない場合もあるので、出来るだけ家庭の事情を考えることた大切です。

子供の日のお祝いに喜ばれるプレゼントは?

そして、こどもの日のお祝いにおもちゃもプレゼントしてくれる場合もあります。一番多いのはおもちゃなのですが、よろこんでもらえるものをあげなくてはいけないですよね。

子どもが男の子なので乗り物のおもちゃ、また、ブロックや積み木など知育系のおもちゃも子どもは好きなので大きくなったら楽しんで遊びますよ。そして、喜ばれるものとしては絵本も良いですね。

まだ字が読めないですが、読めなくても楽しめるものもありますし、絵本を読み聞かせる事はとても大切だといわれているのでとても喜ばれます。

最近は飛び出す絵本や仕掛け絵本もたくさん売られているので。見て楽しいものを選ぶといいすね。ですがおもちゃといっても趣味がありますし、両親の意向もあるので、どんなものを買ったらいいか分からない場合は商品券という方法もあります。味気ないかもしれませんが、人によっては商品券の方が好きなものを買えるから助かるという人も多いですね。

どうしても困ったら商品券なら何にでも使えますし喜びますよ。そして、最近はインスタ映えが流行っているので、ブランド衣類もとても人気ですね。インスタにアップできるのでとても喜ぶでしょう。

ですが、衣類は好みもあるので、どんな服がいいかリサーチしておくといいでしょう。そして、衣類を買うときは成長を見越して少し大きめのサイズを選ぶ事が大切ですね。今のことではなく、もう少し先の事を考えましょう。

スポンサーリンク

こどもの日のお祝いに食べ物を差し入れするなら

そして、中には食べ物を差し入れする祖父母もいますね。みんなでご馳走して祝うこともあるのではないでしょうか。そこで一番おすすめなのは孫の写真のケーキです。ただのケーキよりもみんな感動しますし、インスタにも載せれるのでとてもおすすめです。

また、名前が入った食べ物なんかもおもしろいですね。普通の差し入れではなくて、少し変わった食べ物にするといい思い出が出来そうですよ。

もしかしたら食べるのがもったいないとおもうかもしれませんが、お祝いの日はいつもよりも豪華にしてあげるとみんな喜ぶのではないでしょうか。ですが、実際に子どもは食べれない事が多いですよね。

ほとんどの赤ちゃんがまだきちんとしたご飯が食べれないと思います。祖父母によっては赤ちゃんが食べれないからと考えることもありますが、お祝いすることが大切なので写真にとって記念になるものを選ぶと良いですね。

こどもの日のお祝いは一度しかないので、どうせなら豪華にすると両親も喜びますし、お祝いになりますよ。

まとめ

このように、子どもの日のお祝い金額や喜ばれるプレゼントについて紹介しました。子どもの日はとても大切なお祝いですよね。ですが、一番大切なのはこどもが主役ということです。

大人だけが騒ぐのではなく子どもが喜ぶ事をしてあげることが大切です。物をあげる側はどうしたら良いか悩みますが、どんなものでもお祝いされて嬉しくない親はいないので盛大にお祝いしてあげてくださいね。

お祝いのためにプレゼントをするというのは気持ちをあらわすために分かりやすい方法ですね。親や祖父母は子どもの成長をいつまでも見守っているので楽しく祝ってあげましょう。

もし、祖父母の方が何が欲しいか聞いてきたら遠慮しないで欲しいものをいいましょう。

honmura