学校行事

運動会のファッションでママの場合 スカートでも大丈夫?靴の選び方も

幼稚園の運動会に初めて参加するママのなかにはどんなファッションをすれば良いか迷う方も多いと思います。特に役員などをしている場合には下手なファッションはできませんよね。

もしかしたら「普段からアクティブに過ごさないからジーンズなどのパンツは持っていない」といった悩みをお持ちかもしれません。そこでそういったママたちはどうすればいいのかご紹介します。

スポンサーリンク

運動会のファッションでママは何を着ればよい?

まずは常識から外れないためにもTPOを踏まえなければなりません。この日は先生たちも動きやすさを最優先に考えています。だからママたちも、それに準じた服装選びをすれば間違いありません。

注意すべきは、あまりにも目立ちすぎる服装選びは好ましくないということです。これは「赤いTシャツは目立ちすぎるからダメ」ということではなく、運動会に参加する保護者として相応しくない露出の多い服などのことです。

一般的にはパンツスタイルでTシャツ、日焼け対策で帽子を被る程度のカジュアルで汚れても気にならないようなスタイルが好ましいでしょう。親子競技などを予定している幼稚園では、グラウンドに座ったり子供を抱っこしたりすることが考えられます。

幼稚園の運動会で「汚れるのは嫌」は通用しません、まして役員

なんてしてたらなおさらです。汚れても座っても見苦しくない格好であることはとても大切です。そして、あなたは「○○ちゃんのママ」という目で見られます。

自分の意思や好みを無理に押し通して、子供が恥ずかしい思いをするなんて切ないと思いませんか?いつもは個性的であることをよしとしていても、子供が主役の運動会では「人並み」であることも忘れずに。

また、役員の場合でも同様で、多くの雑用を引き受けなければならないために気取ったファッションでは役に立てません。

心配な人は運動会前に役員同士の打ち合わせや準備で顔を合わせる機会があるはずなので、そういった時に相談すると安心できます。予め先輩ママに何を着ていくのか聞いてみるのもいいですね。

運動会のファッションはスカートでも大丈夫?

パンツスタイルは動きやすく理想的ですが、中には「どうしてもパンツには抵抗がある」という人もいるかもしれません。そういった人は、運動会に見合うアレンジをするといいでしょう。

例えば、いくらなんでもロングスカートはあり得ません。あくまでも動きやすさを大切に、運動会の場で浮いてしまわない丈を選びます。

もしもスパッツを持っていたら、組み合わせることでスカートでもまったく問題ありません。

また、この機会にパンツを1本くらいは新調するのも一案です。運動会は来年も、小学生になってからも続きます。その度に「何を着ていこうか」と悩むより、手軽なパンツが1本あれば必然的に着ていくものが決まるので気が楽になるはず。

いまは伸びる素材のものがたくさん出回っているので、多少はサイズが変わっても着回しできて便利です。ただし、役員の場合にはパンツでは浮いてしまうかもしれません。黒子に徹しなければならない場面で存分に活躍できるよう備えるためには、パンツがベスト。

役員はずっと引き受けるものではないので、引き受けたからにはきちんと全うできるようにしましょう。

スポンサーリンク

運動会のファンションに合った靴の選び方

幼稚園の運動会が行われるのは、グラウンドまたは体育館のいずれかです。グラウンドは土であることが多いのでスニーカーが一番適していると言えます。

踵の高い靴で歩き辛そうにしているママを見ると気の毒というよりも非常識という印象を持たれてしま

いますから気を付けてください。「スニーカーは持っていないけど、バレエシューズなら持っている」という人は、それでもOKです。あくまでもカジュアルなので見苦しい印象を与えてしまうことにはなりません。

ただし、新品の場合には競技参加の際に動き辛くなってしまうかもしれないので避けたほうが無難です。

体育館で行われる場合にも、やはりスニーカーがいいでしょう。競技参加のときにスリッパでは思うように動けないので溌剌と活躍するママにはなれません。

また、走ったりジャンプしたりすることも予想されるので怪我を予防する意味でもスリッパはオススメしません。役員の場合にスリッパは論外です。

スニーカーは外履きとは別のものを持ち込む必要があるので、1足しか持ち合わせていないという人は会場までは別の靴、体育館の中ではキレイなスニーカーが履けるように洗って準備をしておきます。

まとめ

役員を引き受けた人もそうでない人も、幼稚園の運動会の観戦は「がんばって~」と応援するだけではありません。

デジカメやビデオを持って我が子の雄姿を撮影する為にベストポジションへと移動し、ママとして親子競技で子供と共に汗を掻く。

そういった様々な場面で窮屈さを感じることなく精一杯動けるファッションを選ぶことが必須です。

いつもは子供の自慢の「可愛いママ」であったとしても、運動会の時には「格好いいママ」に変身してみてはいかがでしょうか。