冠婚葬祭

結婚式の受付を頼まれたけどやることや服装については?男性編

結婚式の受付を頼まれ男性のなかには、今回がはじめてという方も多いと思います。

そこで、受付でやることは何なのか?服装は普通の参加者用の服でいいのか?について、男性の場合での注意点を紹介してみたいと思います。

関連記事→ 結婚式の受付の服装で女性が注意することは?やる事の流れは? 

スポンサーリンク

結婚式の受付を頼まれた人が最初に気を付けることは

初めて結婚式での受付を頼またら何をしたらいいのかわからず緊張してしまいますよね。気を付ける事を、事前に知っておけば緊張しすぎる事なく、当日を迎える事が出来ます。

まず受付を頼まれたら最初に確認して起きたのが、受付係の集合時間と受付の開始時間です。受付係は他の参加者(ゲスト)よりも早めの集合になります。特に受付係は、当日遅刻などをしないように十分に気を付けて、早めの行動を心がけましょう。

受付ではゲストからご祝儀を預かります。預かったご祝儀は最後、新郎新婦が決めた人に渡す必要があります。なので預かったご祝儀は最終的に誰に渡せば良いのかの確認も新郎新婦に忘れずにしておきましょう。決められた人以外へ渡してしまわないよう注意が必要です。

結婚式でのご祝儀は高額になります。なので受付業務中にトイレへ行きたくなった場合には、受付に誰もいなくなってしまう事がないように、受付係同士で交代で行くようにしましょう。

結婚式のゲストの中には、遠方から参加する人もいます。その場合、交通費も高くなる事が多く、新郎新婦側の気持ちとして「お車代」をゲストに渡す事があります。当日に、お車代を渡すゲストはいるかの確認と、いた場合には渡す人のリストの確認も必要になります。

結婚式の受付で服装に気を付ける点は

【スーツ選び】

男性の場合、結婚式の受付でも参加者でも服は共通でOKです。ですのでNG項目も共通でして、ネクタイの色だと白と黒はNG項目とされています。好ましいのはシルバーのネクタイです。その他には、ピンクやブルーなどのネクタイでも問題はありません。

【靴 ベルト シャツ スーツ 選び】

靴、ベルトはブラックを選びましょう。ワイシャツは白を選び派手な物や柄物はNGです。スーツはブラックかダークグレーを選びます。仕事で来ているビジネススーツでも色がブラックかダークグレーであれば問題ありませんが、いかにも仕事のスーツとまるわかりの薄いグレーなどは服装にかけるお金をケチってると勘違いされかねません。

【ポケットチーフの選びかた】

スーツのポケットに入れるポケットチーフは結婚式というお祝いの場を華やかに演出してくれます。色はネクタイの色と合わせて同じ色を選べば全体的にバランスが良くなります。

ちなみに、ポケットチーフは折り方がいろいろあり、ポケットから適当にハンカチを出しているのとは違います。そこで便利なものが、最初から折り目が付いているポケットチーフがあります。ネット通販で2,000円もあれば買えますが、意外とポケットチーフをする人は少ないのでオシャレに大きく差をつけることができますよ。

【バッグ】

バックはカジュアルな物やリュックサックはNGです。ご祝儀や携帯などの荷物を入れていきたい時にはクラッチバックなどを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

靴は磨いて、スーツやワイシャツなども当日までにクリーニングに出しておくのが好ましいです。クリーニングに出した際にはタグなどの取り忘れに注意しましょう。

※自分が受付をする場合には、荷物を持ったままでトイレに行くなど、他の人に荷物を預かってもらえない事も想定し、なるべくなら手ぶらでいられるようにしておくのが無難です。

結婚式の受付でやることは主に3つ

まず第一に、当日に大切なのは丁寧に対応するという事です、丁寧さを意識すればそれは確実にゲストにも伝わり、新郎新婦もあなたに受付を頼んで良かったと必ず喜んでもらえるはずです。これが台無しだとやるべき仕事が完璧でも台無しですからね・・・

【1番目】挨拶

やる事の1番目は、受付ではゲストが見えたら立ち上がって一礼をします。その時に「本日はお忙しい中、ご出席いただいてありがとうございます。」と伝えます。

【2番目】ご祝儀袋を受け取る

2番目にゲストの名前を確認してチェックをし、ご祝儀を預かります。ご祝儀を預かる時には両手で受け取ります。

【3番目】名簿に名前を書いてもらう

ご祝儀を受け取った時にもお礼を伝え受け取ったご祝儀は、お盆の上に置きます。そしてゲストに名簿への記帳をお願いするというのが受付の流れです。

寒い時期などにはゲストはコートを着てくる事があります。その時には、ゲストのコートを預かりクロークへ入れるなどの業務が加わる場合もあります。受付係は新郎新婦、両家の顔にもなるので丁寧な対応を意識するようにしましょう。

初めての受付ともなれば緊張してしまうのは自然な事ですが、事前に受付の流れや注意点を知っておく事で緊張を和らげる事が出来ます。

受付係が一人という事はありません。一般的に新郎新婦側からそれぞれ二人ずつくらい受付係がいる事が多いです。

自分以外の受付係とも協しながら進めていきましょう。受付業務が終わった後には、あなたもゲストとして披露宴の参加が待っています。新郎新婦二人の結婚を、心からお祝いして結婚式という幸せな時間を過ごしましょう。

なお、受付は男女が1人づつで行うのが一般的です。相手が女性になる場合には、化粧直しなどでトイレに離れる事も多いと思いますので、いざとなったら1人で受付を遂行できるくらいになっておく必要があります。

最初の2~3人を迎えた時点でまず覚えることはできるはずですが、事前に「1人でやる」という心構えは大切です。女性側がいなくなってあたふたしてしまうと、それこそ結婚式そのものが笑い者になってしまいますよ。