家のこと

網戸張り替え 素人でもできるコツをブログで紹介してみたよ

網戸の張り替えを素人でもできるコツをこのブログでも紹介してみたいと思います。

実は、去年の夏に書いた網戸の記事が予想以上に多くの方に読んでいただけているため、より具体的な内容を紹介したいと思ってたんです♪

(※去年の記事→ アパートの網戸の張り替えはどうやる?自分やるなら?金額は?

やっと暖かい春になったことと、網戸がちょうど3枚ダメになっていたので蚊が出る前に早速3枚の張り替えを手順ごとに紹介してみたいと思います。

網戸の張り替え 手順1 道具が揃ってるか確認

網戸を外して平らなところに置き、材料の確認をします

網戸張り替えに使う道具と材料

(右から順に)

  • 右端は網戸の周囲を止めてるゴムを押し付けるローラー
  • カッターはごく普通のもの(大小どちらもでもOK)
  • 網戸の周囲を止めてるゴムを再利用できない時のための新品のゴム
  • 網を張った後に余計な部分をカットする専用カッター(あったから撮影したけど普通のカッターで済んだので使いませんでしたw買わなくもOKってことです。)
  • 網戸用の新品の網

網戸張り替えの目安に

もし網戸に穴が開いてなくても指で強く押してみて穴が開くならもうダメです。張り替えちゃいましょう。

スポンサーリンク

網戸の張り替え 手順2 古いゴムを引っ張り出す

もともと使ってる網抑えのゴムをカッターの先などでひっかけて引っ張り出します。

4辺のうちのどこかに必ず継ぎ目があるのでそこを見つけて少し引っ張り出せば後は指先で摘んでそのままズルズルと全て引っ張りだせます。

よほど朽ち果てていなければ僕は再利用をしています。10年以上使ってる網戸でもわりと再利用できたりしますよ。

網戸の張り替え 手順3 枠から外す古いゴムと網を

 

古いゴムと網を全て枠から外してしまいます。ちなみに僕の場合はこのゴムは再利用しました。

網戸の張り替え 手順4 枠の上に網を広げる

貼る予定の枠の上に新しい網を広げます。

この時、新しい網がロール状になっていると丸くなる癖があるので、別の枠を重し代りにすれば一人での作業もやりやすくなりますよ。

網戸の張り替え 手順5 ゴムを押し込む

新しい網を広げたら、ローラーを使ってゴムを溝に押し込みます。この時、枠から外に少なくても5センチほど余分を残したままでやるのが大切なコツです。

なかには、網戸のサイズを図って先に網を切ってしまう人もいますがそれはオススメしません、もし先にカットしてしまうと最後に1センチ足りなくなったりすることも希にあるからですw

なお、ゴムを押し込むのは角は避けて角から5センチほどの部分からスタートすると網をしっかり抑えられるうえに仕上がった後も継ぎ目が目立たないのでオススメです。

ベストなのは網戸をつけた時に下になる部分の左右どちらかの角から5センチ内側かと思います。

網戸の張り替え 手順6 余った部分のカット

網を張り終えた後は、余った部分をカットして終わりとなります。

綺麗に仕上げるには2つのコツがあります。1つは、網の色を枠の色となるだけ合わせることです。

茶色の枠には茶系の網を選んでおくと、網をカットした時に多少荒く残ってしまっても目立ちません。綺麗にカットするのはわりと大変なので網色を合わせるとすごく楽になりますよ。

そして仕上げの2つ目のコツは、カッターの使い方です。本来はカッターの歯を頻繁に新しくしつつ、網抑えのゴムの外側部分ギリギリの箇所でカットするのが理想的です。

そうすれば職人さんの仕上げのように網の余りがほとんど見えないように仕上がります。

でも、それだとどうしてもアルミの枠にカッターの歯をゴリゴリとあてながら切る必要があるので嫌がる人もいます。僕もそうですw

なので、僕の場合には、カッターの歯を長めに出して枠と水平にして手前側にカットしていく方法をとってます。綺麗な仕上がりを求めるには完璧とは言えませんが、自分の家の網戸ならこれでも十分な仕上がりだと感じてます。

網戸の張り替え 手順6 余った部分のカット

さて、これで網戸の張り替えが完了しました。いい感じでピンと張れてます。

ちなみに、ピンと貼るには4辺のうち3辺目の際にちょっとだけ引っ張りながらゴムを押し込みつつ、4辺目で仕上げるというイメージになります。3辺目はそこそこにしてあまり気合を入れないようにしましょう。4辺目でたいていは何とかなります。

また、このブログで紹介したやり方でそこそこピンと貼れるのは間違いありません。間違っても新築時に付いてたような張りやプロが張った後の張りと同じレベルを求めるのはやめましょう。

プロレベルを求めるには何枚も張り替えて体で覚える必要があります。80点の仕上がりでOKにするのも素人が綺麗に張り替えるコツともいえますよ。