歯科矯正 体験談

大人の歯科矯正 初日は矯正器具を上だけ装着しました

当サイトの管理人のチエコの旦那の42歳のチエオです♪歯科矯正の日記をこれから3年近く続けてレポしようとスタートしてから約5ヶ月過ぎてやっと本日は矯正器具を装着しました。

ええと、まずは抜歯開始から装着まで5ヶ月も開いた言い訳ですが、12月末に4本目の抜歯が終わった頃から仕事が忙しくなったのと、風邪気味で咳が続いていたためにやや先延ばしをしてしまいました。

だって、矯正器具を付けたら痛いって良く聞くじゃないですか・・・、だから4月になって暖かくなって仕事も風邪も落ち着いたら気合入れてスタートしようと思ってたんです。

で、ついに気合を入れて矯正歯科に予約を入れました。結果的には抜歯が終わった直後の4ヶ月前にスタートしたら良かった。。。って感じです。

その理由は”矯正器具を付けても痛くない”からですw

スポンサーリンク

初回は上の歯だけに矯正器具をつけました

矯正器具を付ける日の前の夜は睡眠も浅く食欲も少なく、家を出る時から心臓がバクバクして体が鼓動で揺れてるくらいビビっていました。

ああ・・・これから痛みや装置のついた姿が3年近く続くのか・・・、固い肉とかせんべいとかもっと食べときゃ良かったな。。。おかゆ生活とか数日は続くのかな・・・とマイナスな事しか想像できなかったからです。

右側

左側

で、上の歯に矯正器具を装着してから2日が経ちましたがまるで痛みがありません。肉も野菜ももりもり食ってます♪

先生からは「数時間経つと痛みだすけど数日で収まるから我慢してね」と言われ、会計窓口でも「痛みが出る前に食事をした方が良いですよ」と散々警告をされましたが、良いのか悪いのか、痛みがナッシングですw

(恐らく、これから矯正をしようとしている人には「え、そんなの聞いたことないよ」と思われるかもしれませんが、違和感こそあれど痛みがありません。)

スポンサーリンク

初日の処置手順

それでは初日の具体的な処置を書いてみたいと思います。

歯の掃除

まず最初に、5分ほどで歯の掃除をしてくれました。ギュイーンという音を立てる装置(目を閉じてた)で歯の表面を掃除してくれる感じでした。歯磨き粉の味がしましたね。で、ひとまず口を洗いで再び横になります。

ここから口を開けたままにできるプラスチック?の器具を口にはめます。歯医者でもよく使うものなので初めての人はいないと思います。

ブラケットを接着

次に、前歯などの細工がしやすい場所から順にブラケットを貼り付けていきました。「歯の表面にボンド付け→透明のブラケットを押し付ける→ピピピ!っと紫外線を当てる→一瞬で固まる」この繰り返しを上の歯の全てに行いました。10分くらいに感じました。

より厳密に言うと、奥歯の左右各3本は金属製のブラケットがつきました。これはいくら笑っても他人にはそう簡単には見えることはないので心配はなさそうです。

前歯(笑った時に見える歯)のブラケットと違って奥のブラケットは金属なだけでなくフックまで付いていますが、どうやらこれは1年後などの先で噛み合わせ調整する際に輪ゴムを引っ掛けるためのフックらしいです。

ここまででスタートから15分〜20分くらいな感じです。

ワイヤーを装着

先ほどつけたブラケットに今度はワイヤーを装着する作業となります。どんなふうにワイヤーがつくのか知らずにいたのでドキドキしましたw

目を閉じていたのでハッキリと工程を見れませんでしたが、ブラケットとブラケットを繋ぐごとにパチン!とニッパー?のようなものでカットしているような感じがしました。1センチごとにカットしているような感じでしたが、後から調べたらカットするような情報がないのでパチンという音はワイヤーを挟み込む時の音だったのかもしれません。

そして全部のブラケットとワイヤーが繋がったら、締め具合を調整して完了となりました。びっくりするほどあっさりでした。

歯磨きのコツと痛みについてレクチャーされて終わり

ブラケットとワイヤーが装着された歯を渡された手鏡で見つつ、歯磨きする時のハブラシの当て方のレクチャーと、これから2〜3日は続くと思われる痛みへの対処をレクチャーされて初日はあっさり終了しました。

あ、そうそう、ワイヤーが切れたりブラケットが口内に当たって痛い時の対処方法もレクチャーされました。ワイヤーが刺さるなどの不具合がある時は自分でニッパーで切ってもOKだと言われました。

そして、ブラケットが口内に当たって痛い時はその部分に貼り付けることで当たりを和らげるワックスも渡されレクチャーされました。ワックスは食べてしまっても良い安全なものらしいです。

ワックスと聞くとヘアワックスなど柔らかいものを想像してしまいますが、分厚い板ガムのようなもので、それをちぎってブラケットに付けるという使い方でした。

指で摘めば多少柔らかくなるので、さながらガムをブラケットにムニュ!っとつけるイメージです。

次は1ヶ月後の通院となりますが、その時に下の歯にもブラケットなどが装着されるのかどうかはまだ分かりません。知ればドキドキするので知らずに行こうと思います。

このまま痛みが出なければ次は2回目の通院日にブログアップしようと思います。

honmura