季節のイベント

お中元のお礼は電話かはがきどっち?留守電の場合の対処も

お中元のお礼は電話でするべきかそれともはがきでする方が相手に手間をかけないので良いのか?考えるほど分からなくなりますよね。また、せっかく電話をしても留守電になってしまったら困ってしまいますよね。

そこで今回は、義理の両親からもらったお中元へのお礼の仕方について注意点や対処方法をご紹介します。

この記事を書くきっかけとなった主婦のデータ

  • 27歳の主婦
  • 旦那の実家からお中元をもらった
  • 半年前に結婚したばかり
  • 旦那に「お礼言っといて」と頼まれて困ってる
スポンサーリンク

お中元のお礼を電話でするときの注意点やポイント

結婚して初めての義理の両親からの贈り物、どう対応してよいか分からず思い悩むこともあります。贈り物を頂戴して「ありがとうございます」という素直な喜びの気持ちをあらわすためには、電話が最適なツールです。

かける時間帯は?

相手のご両親の生活パターンやお住まいの地域にもよりますが、あまりにも常識外れの時間帯にかけてしまうと、せっかくのあなたの想いも台無しになる事があります。

一般的な社会人に置き換えて考えると、付き合いのあるクライアントに電話しても良いとされる時間帯は「午前10時から17時までの間」といわれています。

ただこれは、あくまでも会社に限られた話。多くのご家庭ではお昼の12時前後や17時前後はお昼や夕食の支度で忙しい時間です。

気ぜわしい時間に「お中元のお礼」の電話をすると、かえって相手からは迷惑に思われてしまうことも・・・。なので早朝や深夜・食事の時間をさけた午前10時前後や、14時前後の時間帯がおすすめです。

義理のご両親の生活パターンを組み入れて、電話をかけるよう心掛けてみましょう。

会話の内容は?

電話をかける相手が義理のご両親だと「何を話していいの?」とドキドキしてしまうもの。頭が真っ白になってしまうこともあります。

お中元のお礼の電話をおこなうときは「自分の名前・お中元が手元に届いたということ・お礼の言葉」をのべるように心がけましょう。

相手の健康状態についてあれこれ尋ねるのは、かえって失礼にあたることもあります。素直に贈り物をいただいたときの喜びを、あなたの言葉で表現するのがベストです。

先方は「注文したお中元が相手方に無事に届いたのか」内心気になっているものです。こうした声にシンプルに応えてあげることが、お礼の電話には必要な項目。あまり長々と離さず、簡単に気持ちを伝えられるよう意識しておきましょう。

スポンサーリンク

お中元のお礼をはがきで出すときの書き方とは

いつ電話して良いか迷ったとき、また相手の負担にならず自分の気持ちを伝えたいときには、あえて「手紙を送る」という方法もあります。ゆっくり落ち着いて文を書くことができるため、丁寧な気持ちを伝えることができます。

手紙の書き方は?

手紙を書くときには、贈りものが届いた報告とお礼・季節の言葉を添えてお出しします。たとえば「暑中お見舞い申し上げます。

このたびはお心のこもったお品を頂戴し、本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。これからますます暑くなるようです。どうぞご自愛ください。」などと書きます。

いきなり本番に入ってしまうとミスしてしまう事も多いため、一度下書きをし内容を見直してみて良かったら本番に入ります。

便箋は?

ハガキだけではなく、美しい便箋もあふれている昨今。便箋かハガキかで思い悩むこともあります。回答から伝えると「お中元の返事は、ハガキも便箋もどちらでもOK」です。あなたと夫の気持ちが伝われば良いため、堅苦しく考えすぎないようにしましょう。

お中元の季節であれば風鈴や朝顔・向日葵など、季節の風情が感じられる便箋もステキです。夏の旅行で訪れたときに購入した便箋などを使い文をしたためて贈ると、相手の気持ちもほっこり和みます。

(関連記事)→ お中元のお返しを上司に!お礼状の書き方や電話をしてもいいか?

お中元のお礼をしたいのに留守電になってしまったときはどうする?

お中元のお礼を伝えたいのに、留守電になってしまったときはどう対応すればよいのでしょうか。

留守電に残すの?

もし義理のご両親の電話が留守電になっていたときは、留守電に「あなたの名前・お中元が届いたこと・お礼の気持ち」をふきこんでおきましょう。留守電にメッセージを入れるのは失礼にあたると考える方もいるようですが、忙しい今の時代。かえって留守電の方が、好きなときに聞ける気軽さもあります。

無言のまま切るのではなく、あなたの言葉を吹き込むことで「あなたが電話した証」を残すことができます。留守電に言葉を吹き込むときは、早口になりすぎることがあるため、ゆっくりワンテンポ遅らせながら落ち着いて話すことが大切です。

かけなおす時間は?

留守電でお中元の言葉を伝えても、決して失礼にはあたりません。けれども「ご両親の声が聴きたい」とあなたが望むのであれば、あえてかけ直すという選択肢もあります。

もしかけ直すときは、一度かけた時間帯と離してかけるのがおすすめ。午前10時から午後4時の時間帯であれば常識の範囲内といえます。

もしもう一度電話しても繋がらなかったときは、今度は留守電に声を吹きこみ、2週間ほど経ってから「先日はありがとうございました」と近況w報告しながら連絡を取るのが良いと思います。

まとめ

独身時代とは異なる、結婚してから知る日本のしきたり。特に夫の両親との関係は、戸惑いも多いものです。初めてお中元をもらったとき、どうケアして良いのか思い悩むものですが、大切なのはあなたと夫の気持ち。

食べられるものを贈られたときは封をあけ、一度味わってから電話や手紙に感想を書くと、相手方も喜んでくれます。

マニュアルはあくまでマニュアル、基本を大切にしながら相手との距離を考えて行動することが、円滑で居心地のよい人間関係づくりになります。