ファッション

浴衣デートで下駄が痛くない履き方や草履との違い サンダルOKか?も

浴衣デートをする季節がやってきましたが浴衣といえば下駄がセット、この下駄がやっかいで履き慣れていない人は足に傷みが出やすいんですよね。

できれば草履の方が良い・・・という女子も多んじゃないでしょうか。そこで今回は浴衣デートをする際に下駄でも足が痛くない履き方や草履やサンダルでごまかせないか?などご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

浴衣デートを楽しみたい!下駄の痛くない履き方はある?

せっかくの浴衣デートなのに、足が痛くなったらデートを楽しめませんよね。でも、おしゃれを楽しむならやっぱり浴衣には下駄を履きたいはずです。おしゃれを楽しみながらも足が痛くならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

でも、どうして下駄を履くと足が痛くなってしまうのでしょうか。靴を履いた場合も、新しいものだと足が痛くなります。普段履き慣れていないものを履くと靴擦れを起こして痛くなるのです。下駄を履いた場合も同じです。普段私たちは下駄を履くことがなく、普段履き慣れないものを履くため、足が痛くなってしまうのです。

また、体重のかけ方も関係をしています。ヒールを履き慣れていない人は、足が前に滑って体重をどこにかければいいのかうまくつかめないため、長時間ヒールを履いていると足が痛くなります。しかし、ヒールを履き慣れれば体重のかけ方がわかり、ヒールを履いても足は痛くならなくなります。

下駄だから足が痛くなるのではなく、靴でもヒールでも足が痛くなることはあるのです。普段履きなれていないものを履くと足が痛くなる可能性があるので、下駄を履くなら少し前から慣らしておくとよいでしょう。

また、サイズが合わない下駄は足が痛くなりやすいので、自分の足のサイズにあったものを選んでください。下駄はサイズがわかりにくく、浴衣とセットのものを購入することが多いと思いますが、これでは自分の足のサイズにあっていない可能性があります。必ず試し履きをしてサイズを確かめてください。お店の中を少し歩いて歩きやすいかも確かめます。

サイズの確かめ方ですが、下駄からかかとが2~3cmほど出るものがよいでしょう。かかとが少し出ることで鼻緒部分に体重がかかりにくくなり、靴擦れを起こしにくくなります。

履く前には鼻緒をもんで柔らかくしておきましょう。また、鼻緒部分にベビーパウダーを塗っておくことも痛み防止に役立ちます。

もしも鼻緒部分で足がすれて痛くなってしまったら絆創膏を貼りましょう。無理をしているとますます痛みが強くなりますが、絆創膏を貼っておくことも痛み防止につながります。下駄を履くときには絆創膏を持参しておくとよいでしょう。

浴衣の下駄と草履の違いは?

下駄と草履は見た目が似ていますが違う履物です。下駄とは台木に3つ穴を開けそこに鼻緒をすげたものです。大部分に2枚の歯がついたものが多くあります。歯は必ずしもついているものではなく草履のように歯がないものもあります。

草履は歯がなく底は平らで鼻緒をすげたものです。昔は藁や竹で編んでいたのですが現在はビニール、合皮、皮、ゴム、布など、さまざまな素材で作られています。

下駄も草履も見た目が似ているので、浴衣にはどちらを履いたらいいのか迷いませんか。草履でもよい気がしますよね。しかし、女性の場合は浴衣のときには下駄を履くことが一般的です。

草履は下駄よりも格式が高い履物です。浴衣は普段着よりも格式が低いので下駄を履きます。浴衣を購入する際下駄とセットになっていることがありますが、このことからもわかるように浴衣を着るときには下駄を履くことが一般的です。

下駄は足が痛くなることが心配な場合は、普段から履いて慣らしておいたり、絆創膏をつけて対策をするとよいでしょう。

スポンサーリンク

浴衣を着るときはやっぱり下駄?サンダルはダメ?

では、サンダルではどうでしょうか。普段履き慣れているサンダルなら足が痛くならない気がしますよね。サンダルを履いても問題はないのですが、おしゃれではありません。浴衣は下駄を履くからこそ美しいです。サンダルでは近所のコンビニに出かけるようなスタイルになってしまい、せっかくの浴衣美人が台無しになってしまいます。

しかし、足が痛くなることを考えるとサンダルを選びたくなりますよね。花火大会やお祭りなど浴衣を着るような場所では多くの人が集まっていて、どのような服装をしているのか人に見られています。そのとき、浴衣にサンダルを履いていておかしいと思う人がいる可能性はあります。

特に伝統を大切にしている人はそう思うことでしょう。それでも周りのことは気にせずサンダルを履きたいのであれば、サンダルを履いても問題ありません。

最近は和風のサンダルが登場をしています。こういったものなら浴衣にも自然になじむことでしょう。サンダルを履く場合も新しいものだと足が痛くなる可能性はあるので、普段から履き慣れるようにしておきましょう。また万が一足が痛くなったときのために絆創膏を持っておくことをおすすめします。

まとめ

浴衣デートを楽しむならおしゃれにも気を使いたいですよね。浴衣といったら下駄を履くことが一般的ですが、足が痛くなることが気になります。足が痛くなるのは履き慣れていなかったり、サイズが合っていないことが原因なので、これらの対策をしておくとよいでしょう。快適におしゃれを楽しんでください。

honmura