掃除・洗濯

梅雨の洗濯物のコツ!部屋干しや臭い対策について

梅雨の時期って、なかなか洗濯物を外に干せませんよね。エアコンをつけて干しても、いざ着る際に臭くなったり、少し汗ばんだら臭くなったりと厄介なんですよね。

お気に入りの服なら尚更

え〜 って感じです。

(´・ω・`)

そのためどこのご家庭でも部屋干しが中心になると思いますが、部屋干しには天日干しと違ういくつかの注意点があります。紹介してみました。

スポンサーリンク

梅雨の洗濯物のコツとは

梅雨時の洗濯で最も大切なこと、それは、洗濯をしたらすぐに干すということです。

梅雨時は気温も湿度も高いため、ジメジメと蒸し暑く人間にとってはイヤな時期ですが、実はカビ菌にとっては一番過ごしやすい時期なんですね。

そのため、いつまでも洗濯機や洗濯カゴの中にに放置すると、すぐにカビが生えてしまいますよ。

すぐに干す、ということは年中気をつけるべきことではありますが、梅雨時は特に気をつけるようにしましょう。

梅雨の洗濯物を部屋干しするには

梅雨時の部屋干しで乾きやすくするテクニックは、2つあります。それは「湿度」と「風」です。

まず「湿度」についてですが、洗濯物を干す際は、エアコンを「除湿」に設定して部屋の湿度を下げるようにしましょう。

洗濯物が乾くということは、洗濯物の水分が空気中に出ていくことを意味しています。そのため、梅雨時は空気中の湿度が高いので、洗濯物から水分が出ていきにくく、洗濯物が乾きづらいのです。

なので除湿をしながら干すことはとても重要ですよ。

また「風」については、扇風機を活用して風を洗濯物に当てるようにしましょう。そうすると、洗濯物から水分が飛んでいきやすくなります。

自然乾燥だと自然な風が当たりますが、室内だとそうはいかないので、人口で風を起こすことが大切ですよ。

これらに気をつけるだけで乾き方が全然変わりりますので、ぜひ試してみてくださいね。

これは私やママ友の間で流行ってることですが、プラズマクラスター付きの空気清浄機を部屋でガンガンに回すと部屋干しの時の臭いがしづらくなるってことがあります。

できれば、プラズマクラスターイオンの風が洗濯物に当たるようにするといい感じですよ♪

梅雨の洗濯物の臭い対策について

梅雨時は特に洗濯物の匂いが気になりますよね。生乾きじゃないのに、タオルから生乾きの匂いがする・・・なんてことも。

原因は、菌の発生です。菌は湿気と温かい場所が大好きなので、生乾きの洗濯物や脱いだばかりのお洋服に住み着きます。

そして、水分と人間の汗を栄養にして、どんどん繁殖してしまうのです。

臭い対策は3つあります

まず1つ目は、洗濯物をしっかり乾かすこと。

湿気が残らないよう徹底的に乾かすことがなにより大切です。部屋干しのテクニックは第2章を参考にしてくださいね。

2つ目は、脱いだお洋服をそのまま放置しないこと。

特に梅雨時はなるべくその日のうちの洗濯を心がけてくださいね。

また、すぐに洗わない場合でもハンガーにかけて換気扇のついたお風呂場でしばらく干すなどして、温もりを取り除くようにしましょう。

3つ目は、殺菌です。一度ついてしまった菌(生乾きのする洗濯物)は、何度洗濯してもとれません。そのため、殺菌する必要があります。

方法は、バケツなどに熱湯を張り、そこへ粉末タイプの漂白剤を溶かし、洗濯物をつけるだけです。

液体タイプの漂白剤だと粉末状のものよりも漂白する力が強く、除菌効果も高いので梅雨時には最適ですよ。それを温水で使用することで、効果はさらに上がります。

(つけすぎると生地を傷めてしまうので、30分~2時間くらいを目途に取り出してくださいね。)

その後普通のお洗濯をすれば、乾くころにはきっと臭いはなくなっているはずですよ~。

まとめ

  • 濡れたまま放置せずにすぐに干す
  • 部屋干しのテクは「湿度」と「風」なのでエアコンや除湿器や扇風機に頼る
  • 生乾き臭の原因は「菌」。防菌と殺菌で臭い対策を

これらのポイントを参考に、ジメジメむしむしの梅雨時を乗り切ってくださいね。

honmura