家のこと

アパートの湿気やカビ対策!臭いはどうする?除湿機はあると便利?

アパートって梅雨の時期になるとどうしてもカビが発生しやすくなります。風通しが悪いため湿気が増えていろんな種類のカビが生えるため臭いも漂ってしまうほどです。

そんなアパートの湿気・結露・カビ対策について、アパートの大家をしている関係で除湿機などの対処経験も豊富な私が分かりやすくご紹介したいと思います。

放置していると例え健康な人でも咳が出るクセがついたり気管をやられたりもするので必読ですよ。。。

スポンサーリンク

アパートの気になる湿気やカビ対策はどうすれがいい?

アパート等で一人暮らしをしていると、梅雨の時期になると湿気が気になるものです。

一人暮らしではどうしても部屋を閉め切ったままで換気をする事が少なく、また最近の住宅は気密性が高くなった事で、こうした湿気や結露の問題が生じ易くなっているのです。

湿気対策をしなければ、カビが発生し、さらに水分や湿気を好むダニの発生を招く事も少なくありません。こうした事態にならないために、適切な対策を行う事が大切です。

そもそも梅雨時は湿度が高いものですが、それ以外に湿気を発生させる要因は、生活習慣による事もあり、対策の1つとして、こうした点の改善が必要です。

生活習慣で湿気を発生させ、閉じ込めやすくしている原因としては、洗濯物の部屋干し、布団をそのまま放置している、お風呂のドアを使用後に開けたままにしている、さらに部屋に観葉植物を沢山置いている等が挙げられます。

こうした生活習慣のある方は、まず最初にこれを極力止めるようにすると良いでしょう。狭いアパートで、中々難しい点もあるでしょうが、上手に工夫して対策してみてください。

また、湿度の発生を抑えると共に、湿度を室内にためないようにする事も重要です。費用を掛けずにすぐにできる方法としては、やはり窓を開けて換気を十分に行う事です。

一人暮らしでは、部屋は閉めたままにする事が多く、帰宅後等に窓を全開して換気をする習慣を付ける事も大切です。キッチン等では換気扇を回すと共に、シンクの水濡れを拭いて取る事も有効です。

アパートで湿気が原因の臭いのとり方とは

湿度や結露が原因で、カビが発生すると、嫌な臭いが生じます。湿気ぽい臭いの原因は、カビなのです。このカビ対策としては、最近では天井や壁に貼っておくだけでバイオの力でカビの発生を抑制する対策グッズが市販されていますので簡単で便利です。

このグッズは、半年近く効果が持つので、取り替え頻度も少ない点もメリットです。また結露し易いサッシ窓には水分をしっかり吸い取る結露シートを貼るのが便利でお勧めです。

サッシ窓のガラスに貼ってもインテリアとしてアクセントとなる様な模様がプリントされてものが、手軽な価格で販売されているのでこれを貼り付けるのがベストです。

さらに窓に吊るしたカーテンにカビが生える事もある為、この対策としてはカーテンに防カビスプレーを吹きつけておくと効果があります。

靴箱等の狭い空間には、天然素材である重曹を小皿に盛って置いておくだけで除湿機能が得られる上に嫌な臭いも除去する効果があるので利用するのもお勧めです。

以上の様な方法で、結露やカビ対策を講じる事が嫌な臭いを防ぐ方法と言えます。しかし、風呂の蓋等にカビが生えてしまった場合には、カビを除去する事が必要です。カビの除去には除去剤が色々と市販されているので、これを活用するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

アパートの湿気対策は除湿機があると便利って本当?

窓を意識して開けて換気に気を付けても、やはりジメジメした感じがこもって中々改善しない場合には、除湿器やエアコンの除湿機能を使う事が非常に有効です。

ただし、湿気が強いからと年中除湿器やエアコンの除湿機能を使っていると電気代も馬鹿になりません。そこでこうした除湿器等と合わせて色々な除湿グッツを活用すると良いでしょう。

例えばクローゼット等ならプラスチック容器に薬剤が入っていて、化学反応で水分を取る市販のグッズを置いて湿気対策をするのがお勧めです。

ただし、時々チェックし、水で一杯になっているならすぐに新しいものに取り換えないと逆効果になるので注意が必要です。

また吊るしておくだけで湿気を取るシート状のグッズも市販されていますので、クローゼットや靴箱に吊るして置くのも有効です。

さらに寝室で布団を敷きっぱなしにしていると、寝ている間に放出された汗が布団と床の間にたまり湿気の原因となるのですがこの対策としてはすのこ状のシートを布団の下に敷き、湿気がたまらないようにするのが有効です。

関連記事

梅雨時のエアコンは赤ちゃんに悪影響?設定温度や除湿機能を使うなら

まとめ

アパートで一人暮らしを始めると湿気や結露に悩まされさらにカビが生えると嫌な臭いが生じこの臭いにも悩まされる事が少なくありません。

こうした湿気がこもる事を防ぐには、室内で湿気を発生させる原因となる生活習慣を止める事が大切です。それと合わせて窓を開ける機会を増やし十分に換気する事が大切です。

それでもジメジメした感じが無くならないなら除湿器やエアコンの除湿機能を活用すると効果があります。

しかし除湿器やエアコンを使い続けると電気代が嵩むため、その他の除湿グッズや結露グッズと上手く使い分けるようにする事がお勧めです。

honmura