美容・健康

結婚式なのに顔のニキビが治らない!皮膚科に行くべき?隠す方法は?

結婚式前は人生で一番キレイな自分でいたいと思ってるものですが思うようにはならないものですよね・・・。

何と言っても結婚式の写真は一生残るものなので写真写りは何よりも気になるところです。それなのに緊張感かストレスか?ニキビができて肌の悩みを抱えている女性は多いようです。

そこで、結婚式前にニキビができた場合の適切なケアについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚式前なのにニキビが顔に出来たときは?

ニキビができる原因は毛穴がつまることです。ターンオーバーの乱れ、肌の乾燥、睡眠不足、ストレスなどさまざまなことが原因で毛穴がつまります。

スキンケアでは洗顔で汚れを落とすことと保湿をすることがポイントです。洗顔をする際には、手が顔に触れて摩擦が生じないようにしましょう。洗顔料をよく泡立てておくと、泡がクッションになって摩擦を防ぐことができます。

長時間洗顔をしていると肌の潤いが奪われてしまうので、洗顔時間は長くても1分です。ゴシゴシこすらないように洗いましょう。

すすぎの際にも肌をこすらないようにします。34℃程度のぬるま湯で丁寧に洗い流します。

洗顔後はすぐに保湿ケアをします。肌が乾燥をすると古い角質がたまって、毛穴が細くなってつまりやすくなってしまうのです。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、NMF、リピジュアなどに保湿作用があります。保湿化粧品の中には、オリーブオイルなどニキビができやすい成分を配合しているものがあるので気をつけてください。ノンコメドジェニックテスト済みだと安心できます。

肌を作っているのは食事なので、ニキビを改善するためには普段の食事にも直しも大切です。

タンパク質が不足をするとターンオーバーが乱れてしまうので、毎食タンパク質が多い食品を食べるようにしましょう。良質なタンパク質が含まれている食品は、肉、魚、卵、乳製品、大豆などです。

脂質の摂りすぎは皮脂分泌を増やしてニキビの原因になりますが、ダイエットをしている女性は油の摂取を控える傾向があり、控えすぎてしまうと肌が乾燥をします。

オメガ3系脂肪酸は必須脂肪酸で、肌の細胞膜を作るために必要なので食事から摂取をします。魚、亜麻仁油、しそ油、クルミなどに含まれています。

結婚式前は何かと忙しく睡眠時間を確保することが難しいかもしれませんが、肌は寝ている間に修復されるので、睡眠時間を確保しましょう。遅くても12時までには眠りたいものです。

結婚式までにニキビを早く治すには皮膚科に行くべき?

ニキビを早く治すためには皮膚科に相談をすることがおすすめです。ニキビには段階があり、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビの順で悪化をします。

悪化をするとニキビ跡が残る可能性があるので、ニキビ跡を残さないためにも皮膚科を受診するとよいでしょう。

皮膚科では塗り薬や飲み薬が処方されたり、面皰圧出という治療を行ったりします。

炎症がひどい場合には抗生物質の飲み薬が処方されます。肌の状態を整えるためにはビタミン剤を処方します。

赤みのあるニキビには抗生物質の塗り薬を処方したり、毛穴がつまりにくくなるような塗り薬を処方することがあります。

面皰圧出はニキビにたまっている皮脂を押し出す治療法です。専用の器具を使うので、自分で押し出すのとは違います。自分でニキビを潰すと跡が残るのでやらないでください。

皮膚科には通いにくいけれどエステなら通いやすい、ということもあるのではないでしょうか。しかし、ニキビを治すためにエステに通うことはおすすめできません。

エステは治療を目的としているのではなく病院のような治療はでいないため、皮膚科のようにニキビを治してくれることは期待できません。

エステでは刺激のある化粧品を使用したり、皮膚を物理的に刺激するような施術を行うため、ニキビが悪化をする可能性があります。ニキビができているときには、エステ通いは控えた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

結婚式当日にニキビを隠す裏技とは

セルフケアを頑張った、皮膚科も受診した、それなのに結婚式当日にニキビがまだ出来ている場合は、メイクで上手に隠しましょう。

ニキビを隠すような化粧品はさまざまな販売されています。そのような化粧品を使うと上手にカバーをしやすいです。

そして、ニキビを隠すためのテクニックもあります。まずは化粧下地で肌を整えて、ファンデーションを薄くつけます。

ニキビが目立つ部位には重ね塗りをします。それでも目立つときにはコンシーラーを使用します。赤みを隠すためには黄味がかって肌よりもやや暗い色を選びます。

コンシーラーは筆タイプがおすすめです。筆を立てて使うと力が入りすぎてしまいうまく隠せないので、筆は寝かせて使います。コンシーラーをつけすぎると目立つので、つけすぎないように気をつけましょう。

まとめ

結婚式だというのにニキビができているときになりますよね。でも、セルフケアを丁寧に行ったり、皮膚科に相談をすることで改善する可能性があります。

それでもニキビが治らなかった場合は、メイクで上手に隠してしまいましょう。ニキビのないつるつるな肌で結婚式を迎えたいですね。

honmura