冠婚葬祭

結婚式お呼ばれドレスの色は?バイカラーはNG?OKな丈の長さは?

友人や同級生の結婚式にお呼ばれされた時にどんなドレスを着ていくと良いのでしょうか?着ていきたいお気に入りのドレスがあっても、ドレスコードやマナー違反になってしまわないかとっても気になりますよね。

今回は、友人や同級生の結婚式に呼ばれて出席するときにふさわしいドレスの選び方についてまとめてみます。

スポンサーリンク

結婚式にお呼ばれした時のドレスの色でおすすめは何色?

結婚式に出席する場合、NGの色味以外は基本的に何色のドレスを着てもOK

結婚式に出席するときには、主役である花嫁さんの美しさを引き立てる色味のドレスを着なくてはいけません。

ですので、花嫁の特権である「白」の色味のドレスを着て結婚式に出席するのはマナー違反です。

集合写真に写った時に、花嫁が一番きれいに見えるように、花嫁とかぶってしまう白を着て結婚式に出席するのはとても失礼なことです。

基本的にはNGカラーであるホワイト意外の色味であればOKですが淡いベージュや淡いピンク、淡い水色のドレスは照明の加減によっては、ホワイトに見えてしまうことがあるので、着ないようにしましょう。

それ以外のカラーであれば、基本的には自由に色を選んでOKです。

黒が無難?いえいえ注意が必要です!

お呼ばれの基本はブラック系の装いですよね。もちろん結婚式に黒色のコーディネイトを取り入れて出席するのは悪くはないのですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

まずブラック系のドレスを着たい場合には、全身真っ黒のコーディネイトにならないように注意しましょう。

結婚式はあくまでも幸せな雰囲気の空間ですから、全身真っ黒のコーディネイトで出席すると、お葬式などの忌ごとのイメージを抱かせてしまうことが有ります。

どうしてもブラック系のドレスを着て出席したい場合には、華やかなコーディネイトを心がけましょう。たとえば、ラメやビーズの刺繍が入っていて、ゴージャスな雰囲気のするドレスならOKです。

あるいは、ボレロやショートジャケットなどで差し色を入れてまとめるのもOKです。アクセサリーも程よく華やかなものをチョイスして、暗いイメージにならないように工夫してください。

ほかにおススメのカラーは赤やベージュ系

他におススメのカラーは赤系やベージュ系です。

赤系のドレスのコーディネイトは結婚式などのお祝いの席におススメです。あまり派手すぎる赤や、胸元が大きく開いたようなデザインは避けた方が良いです。

また、それ以外であれば赤系のドレスを着て出席すれば、会場に華やかさも演出でき、お祝いする気持ちを表現することが出来るでしょう。

全身赤色だと主張が強すぎますから、ショールは小さめのボレロに締め色をもってくると、すっきり爽やかに着こなせます。

ただし、花嫁さんの衣装替えのときのカラードレスが赤だった場合に、かぶってしまって気まずい思いをするかもしれません。花嫁と親しい場合は、カラードレスと被ってしまわないか、事前に確認しておくことをお勧めします。

ベージュ系のドレスは年齢を問わずお勧め

ベージュ系のドレスは年齢を問わずお勧めできるドレスのカラーです。ベージュ系は花嫁と被ることもなく、目立ってしまうこともないので結婚式に出席するにふさわしいカラーです。

しかしベージュ系のドレスはコーディネイトによっては地味になりすぎる場合がありますので注意が必要です。

ベージュ系のドレスを着る場合は、レースやシフォン素材などの華やかさを演出できるテクスチャーを取り入れるようにしましょう。パールのアクセサリーとも相性が良いので、パールをとりいれて華やかに演出するのもとても上品で素敵です。

結婚式のお呼ばれドレスにバイカラーはNG?

お呼ばれドレスで人気のあるバイカラードレスですが、結婚式に出席するときに着ても良いのでしょうか?じつはもともとはバイカラードレスは結婚式にはNGでした。

それは、上下別々の色に「分かれている」が「別れ」を想起させてしまうので、縁起が悪いと言われていたからです。

厳密にはバイカラードレスを結婚式のお呼ばれに着ていくのはマナー違反ですが、一方でバイカラードレスは見た目も華やかなので人気があるドレスでもあります。

現代では、あまりバイカラードレスを気にすることなく着ていく人も増えているのも事実です。
完全にマナー違反とは言えないのですが、出来ればバイカラードレスは避けた方が無難でしょう。

スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれドレスでOKな丈の長さはどのくらい?

結婚式のお呼ばれドレスでNGなカラーは、白やバイカラーですが、ドレスの丈に決まりはあるのでしょうか?

結婚式に出席する際のドレスの丈は、短くても膝がかくれる程度がふさわしいでしょう。年齢が若い場合は、カクテルドレスが人気がありますが、やはりひざ上丈などの短すぎるスカート丈はマナー違反です。

スカートの丈は年齢や身長に合わせて選びましょう

結婚式に出席するときのドレスの丈は膝がかくれる程度が基本です。

30代、40代の女性がドレスを着るときには、ひざ下からふくらはぎぐらいまでのやや長めのスカート丈の方が品よくまとまり、結婚式のお呼ばれとしてはふさわしいです。

でも身長が低めの女性がふくらはぎから足首あたりのロング丈のドレスを着ると、重苦しい印象を与えてしまうので注意しましょう。

あくまでも華やかに、明るく見えるように、ドレスの丈をセレクトしましょう。

逆に身長の高い女性は、長めの丈のドレスを着ると華やかさがアップするのでお勧めです。フリルの少ないロング丈のドレスをサラッと着ると上品な印象を与えることが出来ます。

まとめ

今回は結婚式にお呼ばれしたときにふさわしいドレスについてまとめました。

結婚式に出席する際のNGをしっかり押さえていれば、それ以外は自由にお気に入りのコーディネイトでOKです。品の良い華やかな装いで、友人や同級生の門出を祝福しましょう。

honmura