自動車

車のエアコンが臭い原因とは?すぐできる対策と本気の解消方法も

車のエアコンが臭いという経験はヒーターとクーラーを切り替えるタイミングで多くの人が経験していると思います。あの体に悪そうな臭いがエアコンから発生してるままで車を運転するのは不快だし喘息持ちの方などは不安ですよね。

もしタバコを吸っているのならタバコが原因だとわかりますが、タバコを吸っていない場合は何が原因なのでしょうか。

そこで今回は臭いの原因やすぐにできる対処方法、それと本気でしっかりと臭い解消をしたい時の方法についてご紹介したいと思います。

車のエアコンが臭い!臭くなる原因は何?

車のエアコンから出てくる嫌な臭いの原因はカビや菌です。家のエアコンから水滴がしたたることがありませんか。車のエアコンでもこのような状態が起こります。

エアコンの部品のエバポレーターやヒーターコアは、温かい風や冷たいか風を送り出す役割があります。そのため、湿気がたまりやすく汚れもたまりやすい部位です。

カビや菌は湿っていて栄養がある場所を好みます。まさにエバポレーターやヒーターコアはカビや菌が好む住処なのです。

少しくらいの臭いは何とか我慢できるとそのまま放置してしまいたくもなりますが、放置をすることはおすすめできません。

ただ臭いだけでなく、健康に影響を与えるのです。臭いのはカビや菌が繁殖しているからで、そのような状態のエアコンを使用するとカビや菌を車内にまき散らすことになります。

気管支ぜんそくやアレルギーなどさまざまな症状を引き起こす危険があります。

車のエアコンの臭いの対策

では、車のエアコンが臭いとき、どのようなことをしたらいいのでしょうか。一番よいのは車屋さんで掃除をしてもらうことですが、そのような時間がないときには自分で対処をしてみましょう。

その前に、カビを発生させないことが重要です。カビが発生してから対策をするよりも、その前に予防をしておく方が簡単です。また、予防をしておけばいつでも快適に車のエアコンを使用することができます。

カビは湿気を好むので、エアコンを使用した後は湿気がこもらないようにしましょう。やり方は簡単です。

1・エンジンを切る前にACスイッチをオフにします。
2・吹き出し口は上にして、車の窓は開けます。
3・エアコンの温度と風量を最大にします。

10分ほどこの状態にしておくと湿気を感じられなくなってきます。夏場は車内でこのような状態で過ごすのはつらいので、車から降りられるときに実践するとよいでしょう。

予防をしたけれど臭くなってしまうこともあります。その場合、「スチームタイプのエアコン消臭剤」を使用すると自分でも簡単に臭いの除去ができます

。カー用品売り場などで購入ができるので探してみてください。使用方法は製品の説明をよく読んで確かめます。缶を設置しておくだけなので簡単です。

しばらく放置をすれば臭いを消臭できます。車を開けたときには消毒のような臭いがするかもしれません。消毒の臭いが苦手な場合は、消臭剤を使用してからしばらく車の扉を開けておくとよいでしょう。

「消臭スプレー」は一番手軽にできるものです。エアコンの吹き出し口にスプレーを噴射するだけ。しかし、効果はあまり高くありません。

「車用防カビスプレー」は自分でできるものでは効果が高いです。これもカー用品売り場などで購入ができます。使用方法は製品に記載されているので確認をしてください。

「アレルギーやかぶれなどを起こしやすい体質の人は薬剤に触れたり、吸い込んだりしない事」と製品に記載されているのですが、防カビスプレーには人体に危険な成分が使用されていることがあるので、使用には注意をしてください。

スポンサーリンク

車のエアコンの嫌な臭いをしっかりと解消するには

しっかりと消臭をしたいなら車屋さんでエアコンフィルターを掃除してもらったり、交換してもらうとよいでしょう。

エアコンフィルターの掃除は1万円から1万5千円程度です。エバポレーターのカビを除去してくれるので、エアコンを使用したときに臭いに大きな違いを感じられると思います。

スプレーや防カビ剤などを使用して自分でも対策をできるのですが、これらはカビを徹底的に除去するものではないため、しばらくすれば臭いが発生をします。

しかし、フィルターの掃除や交換をすれば臭いの原因となっているカビを除去できるため、大きな効果が期待できるのです。

掃除などをしてもらったら、カビが生えないようにエアコン使用後はエアコン内部を乾燥させるようにしましょう。こうしておけば、長い間車のエアコンを快適な状態で使用することができます。

車屋さんに頼むのは費用が気になるという場合、自分で掃除をすることができます。掃除や交換の仕方は車のマニュアルを確認してください。

しかし、自分で掃除をするのは少し難しいです。車によっては掃除しにくい場所にエバポレーターがあるので、この場合は車屋さんに依頼をした方がよいでしょう。

まとめ

車のエアコンの臭いは不快なだけでなく体に悪影響を与えます。スプレーなどを使用して簡単に対策ができるので臭いが気になるようなら自分で対策をしてみるとよいでしょう。

また、本格的に臭い対策をしたいなら、車屋さんに依頼をすることをおすすめします。臭いの問題を解決して快適に使用をしましょう。

honmura