資格試験

簿記2級に独学の初心者でも合格する勉強法とテキストのおすすめ

はじめまして、日商簿記2級を持ってます当サイトの管理人です(学生時代、ドン引きされるほど偏差値が低かったです)。

そんな私ですが、社会人になってから日商簿記2級に独学合格の経験があります。

 

合格は10年ほど前の経験にはなりますが、その時の対策方法は今も通用するようで、今現在も周囲で簿記受験をする人がいたらアドバイスを求められることがあるんです。

そこで、今回は私のような出来の悪い人間んでも日商簿記2級に合格できた体験から得た、「独学」でしかも「簿記受験の初心者」がどんな勉強法を使うべきか?そしてテキストはどんなものがおすすめなのか?をご紹介させていただきます。

ヽ(´ー`)ノ

※私は偏差値50にも足らない高校を出て、その後に名前を書けばほぼ通るような地方の私立大学を卒業したかなり要領の悪い人間です。(威張るとこじゃないねw)

スポンサーリンク

簿記2級に独学で初心者が挑むなら

簿記2級に独学で挑む際に、まず最初に知っておかないといけないのは、当然ですが受験日と合格率です。

これによって勉強法やテキストの選び方が変わるわけじゃないですが、合格率などは把握しておかないと痛い目にあうかもしれませんよ。(その理由は以下に書いてみました。)

 

まず、受験日ですが、直近のものから紹介しますと以下のようになります。

第148回  平成30年  2月25日(日)
第149回  平成30年 06月10日
第150回  平成30年 11月18日

(上記データは日本商工会議所 公式サイトより)

次に、合格率ですがこれには波があって、ここ数年ではH28年11月の13.4%が厳しかった回で、その前が25%ほどだったことからも、平均の合格率を出しても意味がないことがお分かりいただけると思います。

 

ちなみに、過去の傾向からしても、合格率が良過ぎた回の次回は厳しくなり、逆に厳しかった次回は緩くなる傾向があります。(なんていい加減なww)

 

もし、受験をしようとしている前回の合格率が10%台だった時には次回は20%台になりやすい傾向があるので受かりやすくなるかもしれません。また、合格率が30%近いような異常な高さの次回はかなり厳しくなると思われます。

 

参考までに、直近の合格率までを過去8回分で紹介してみますね。

合格率(古)21→34→11→14→25→13→25→47→21(新)(単位% 小数点以下は省略)

 

 

34%もあればかなり余裕で合格できそうですが、11%なんて2~3回受けたとしても受かる気がしませんよね・・・

(´・ω・`)

 

もし、前回の合格率が飛び抜けて高かったら、今回はかなり気合を入れないと厳しいってことは分かります。これは対策の基本中の基本です。

だからって、前回が厳しかったから今回はラクだろう~なんて思っちゃだめですよw

ヽ(`Д´)ノ気を抜かないで~

スポンサーリンク

簿記2級の独学で鉄板の勉強法

簿記2級を独学する際に、鉄板の勉強法があります。これは頭が良い人でも、私みたいに勉強が絶望的に向いてない人でも共通の方法です。

それは「ひたすら問題を解くべし」です。

テキストはざっと目を通すくらいでOKで、目を通したところからすぐに問題を解くようにしてください。

いきなり解けるわけありません「全問不正解上等」です!

よほど頭の良い人でもない限り、ざっとテキストを読んだだけで問題が解ける分けがありません。(もしそれで解けるなら公認会計士とか目指した方が良いくらいのスペックですよw)

 

じゃあ、なんで問題をいきなり解くかと言うと合格に欠かせない2つの意味があるからです。

  1. 問題を体で覚えていく(慣れていく)
  2. 解法を覚えるため

とくに意味が大きいのは2つ目です。

 

成績が伸びない人に限って、「解けない問題にうんうん悩んで無駄な時間を使う」という傾向がありますが、そもそもスラスラ解けない時点で、解くための公式や仕分けが頭に入ってないか、もしくは、入ってるけど一瞬んで出せないということなので、うんうん唸ってる時間が無駄なんです。

 

試験当日なら唸ってでも思い出さないといけませんが、勉強中はそんな必要はなくて、一瞬で思い出せないなら即効で答を見て、記憶に再焼き付けをした方が効率が良いんです。

ここでちょっと、まとめてみますね。

1.テキストをざっと見て仕分けを軽く覚えてみる

2.すぐに問題を解く

3.当然、解けないw

4.すぐに解説を見て、解き方を読む。

2に戻る

 

この繰り返しです♪

(≧∇≦)

これが良い点は、「最初は解けなくても良い」という気軽さで、勉強が辛くないところです。

 

(注意)テキストはいっきに全部を読むんじゃなくて、1日でテキストと問題の両方ができる単位で進めてください。

具体的には、日々、各単元(数ページ程度)ごとに進めて行く感じです。

毎日「前日に解いた問題」から始めるべし

日々、どんどん先に進めていくと何日も前に解いた問題が頭から綺麗に抜けていきます。(誰でもそうです)

抜けきってからそこに戻ると、記憶は完全にゼロ~になっているので辛いです。そこで、成績優秀な人がやってる効率がマックスに良い勉強法があります。

 

それは、昨日解いた問題を最初に解くところから始めるというやり方です。

昨日解いた問題なら、まだそこそこ記憶にあるはずなので、解説を見ても「あ~はいはい そうだった」となりやすいです。これが1ヶ月先とかまで間が開くと「うわ!何も覚えてないw 俺ヤバイわ」となります。

 

そうなると、普通は心が折れてやる気が消滅しちゃいます。。だから、忘れきってしまう前にちょくちょく戻って解くことがいろんな意味で重要となるんです。

 

ラクに受かるには、とにかく問題を数多く(同じ問題を何度も)解いて反射的に仕分けができるまで昇華させるしかありません。

 

大丈夫です、偏差値40台で、高校の数学はずっと5段階評価で「2」しかとれなかった僕でさえも、このやり方で簿記2級は合格できました。

問題集をひたすら繰り返してボロボロになるまでやってください。問題集のボロボロ具合とあなたの合格率はきっと比例しますよ。

(・∀・)b

簿記2級独学のためにテキストでおすすめできるものは

簿記2級を独学する場合、「テキストでおすすめって何かあります?」とよく聞かれます。

ハッキリ言って「コレ」って物は特に無いですw

 

内容なんてどれも同じですから、自分が気に入ったものを選ぶことが大切だと思っています。

例えば、開きやすいのが良いなら小さくて分厚いテキストなんて開いたままにしづらいのでやる気がそげますよね。

 

また、イラストがあって見やすいと感じたらそれがあなたにとっては最適な1冊なはずです。

「イラストなんてうぜー」って感じる人はそれを選ぶべきじゃないんです。

そのテキストを好きになれますか?

結局、テキストの中身はどこの本も同じなので、最後は「そのテキストを好きになれるか?」が決め手になります。

私の場合、テキストがボロボロになりやすいのが好きですw

 

私は単純な性格なので、テキストがボロボロになることで「俺、頑張ってんな~」「頑張ってる俺、かっけー」となり、「うお~受かってやるぜ~」に繋がることで、勉強時間が増えるからです。

「やる気」を自分で盛り上げる効果はすごい!

「やる気になれるか?」が簿記2級の受験では合格率を大きく左右します。

 

もともと勉強が好きな人なら関係のない話かもしれませんが、そうでない人こそ、メンタル部分は大切にすべきだと思います。

 

以上、学生時代に成績が悪くてどうしようもなかった私が、日商簿記2級に独学で合格できた体験から得られた初心者のための勉強法と「テキストでおすすめってある?」と聞かれた時のアドバイスでした。

 

大した内容ではなかったかもしれませんが、どなたか1人でも合格のお役に立つことがでれば嬉しいです。

さいごに


(私が愛用した電卓と合格証書)

あなたの受験の目的はなんですか?簿記2級の資格取得ですか?それとも簿記に詳しくなることですか?

もし資格取得することが最優先なら、「この場合はどうしてこういうことになるの?」なんて考えないほうが良いです。私は初期の頃に「なんでこの仕訳になるの?」なんて考えながらやって苦労しました。

 

簿記に詳しくなるなら、合格してからいくらでも突き詰めていけばいいと思います。多くの人は取得が目的なはずですし、いくら理解を深めても2級の試験に落ちてしまえば誰もあなたのことを簿記に詳しいなんて思ってくれませんし信じてもらえません。

 

「簿記はパズル」「意味は考えない」というスタンスが受かりやすいと思います。

「1+1=2」を、あなたは説明できますか?「いち」ってそもそもなんで「いち」って言うんですか?

なんで1と1が足されたら2と言い切れるんですか?自分で実験や証明しましたか?違いますよね?

 

簿記の試験に受かるってことは、つまり、そんなもので、理屈は知らなくてもいいんです。

現金が増えた時は左(借り方)が現金になり、減る時は右(貸し方)になるから・・・、そういう知ったかぶりを徹底すればいいんです。

 

ちなみに簿記や数学が苦手な人は、大抵、理屈で覚えようとするそうで、私も子供の時からそうでした・・・

人は大人になればなるほど、知識が増えるため「なんで?」と理屈で考えるようになるものですが、それは簿記2級が終わるまで頭から消してしまってくださいw

 

ここまでお読みいただいたあなたのために、心から簿記2級の合格を祈ってます!!!

ヽ(´ー`)ノ

あ~~、あとホントに最後に!電卓は、試験の前には(同じ物で)2コ目を買っておいてくださいね~~

予備で1個持っとくべきだし、同じ電卓でないと違和感ありますよ~