ペット

カブトムシ幼虫の育て方はペットボトルで!コバエ対策と冬の越し方も

カブトムシの幼虫を育てたいという人もいるのではないでしょうか。特に男の子は虫が大好きですよね。

夏休みの自由研究にもとてもおすすめですよね。ですが、カブトムシを育てた事がない人はどうやったらいいか分からないと思います。

では、カブトムシの幼虫を育てた事がない人にペットボトルでの育て方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カブトムシの幼虫の育て方はペットボトルで最初は挑戦!

まず、ペットボトルで育てる事のメリットといえばやはり手軽ということです。ペットボトルならどの家にもあるので、わざわざケースなどをそろえる必要がありません。

手軽にいつでも始められるというのはとても魅力ですよね。また、中の様子を観察しやすいというものもあります。

特にどのように成長したかを知りたい人にとってはメリットが大きいです。そして、反対にデメリットは幅が狭いのでお世話がしずらいということです。

幼虫を飼育するには幼虫マットや掃除や交換も必要になってきます。実はこの作業は口が狭いと意外とやりにくいので、器用でないと手間取る可能性があります。

さらに、ペットボトルだと元々入っていた飲み物が残っているとカビの原因になるので、しっかりと洗って清潔にする必要があります。

そして、用意すると良い大きさは2リットルのものです。500mlでは小さいので2リットルのものを用意しましょう。

まずは、ペットボトルを用意するのですが、それ以外にもそして、幼虫育成マットが必要ですが、もし飼育していた場合はケースの土を3分の1程度を混ぜてあげると良いです。

カブトムシの幼虫の育て方はコバエの発生に要注意!

そして、カブトムシの幼虫を育てるときの注意点はコバエが発生してしまうことです。

マットの様子を見てみようと飼育ケースのふたを開けたところコバエが大量発生しているというケースがあります。

ペットボトルに限らずコバエは幼虫飼育に使うマットによってくるので、コバエが沸きやすくなります。対処法としてはコバエをよってこなくさせるディフェンスシートを使う方法があります。

これを利用してコバエを発生させないようにしましょう。また、やってはいけない対処法としてはスプレー式の殺虫剤を使うことです。

強力でコバエ退治の効果が大きいですが、カブトムシの幼虫が死んでしまう可能性があるので、絶対にやらないようにしましょう。

確かにコバエを一発で退治できるのですが、威力が強すぎて幼虫が死んでしまうため、絶対に使わないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

カブトムシの幼虫の育て方は冬の越し方がポイント

カブトムシの幼虫は8~9月に卵から孵化しますが、その後冬の時期には冬眠を行います。この時期は何もする必要がないのですが、温度は気を使わなければいけません。

温度は5度~20度の温度を保つようにしてあげましょう。また、この温度内であってもリビングのようにエアコンで温度差がうまれてしまうような場所においておくのはNGなので、置き場所にも気をつけましょう。

また、屋外でも屋内でも良いですが、直射日光や雨の当たらない場所が適切です。温度の安定している場所においてあげるのがベストなので、一番いいところを探しましょう。

部屋の中で温度が安定してほぼ一定の場所を探してあげることも重要です、変化があると本を一定にするのが難しいからです。

もし、土の温度が5度を下回るならパネルヒーターなどで温度をあたためてあげるようにすると土の温度が上がるのでおすすめですよ。

冬を越させるのがポイントなのですが、基本的にお世話は必要がないので、温度だけ気をつけるようにしましょう。

カブトムシの育成というと難しいイメージがありますが、要領さえ掴めば誰でも簡単に成虫へと育成することが可能です。

そして、ちょうど成虫に羽化する時期は夏休みの時期なので、子どもと一緒に自由研究のテーマにすると何をしようか迷わずにすみますね。

まとめ

このように、カブトムシの幼虫の育て方について紹介しました。虫を育てたことがない人は難しいと思ってしまうかもしれませんね。

ですが、ペットボトルならペットボトルとマットを用意すれば誰でも簡単に育てる事が出来るのでとてもおすすめですよ。

特に男の子はカブトムシが好きな子が多いので育てたいというかもしれませんね。幼虫なら比較的安価に販売されているので、カブトムシじゃなくあえて幼虫から育てるのも良い思い出になるかもしれません。

幼虫によっては何年も幼虫のままという種類もあるので、しっかりと調べてから購入してくださいね。

また、詳しいやり方や注意点をしっかりと調べて育てる必要があるので、まずは自分で調べてください。

要領を得れば育てる事は難しくはないのですがやはり幼虫なので、注意点を守らないと死んでしまう可能性があります。

注意点をしっかりと守って成虫に育ててくださいね。子どもがカブトムシに興味を持っているなら是非親子で育ててみてください。そして、夏休みの自由研究にしてくださいね。

honmura