季節のイベント

お中元の断り方で親戚なら?電話やお礼状で伝えるときの注意点も

お中元の断り方で親戚が相手なら気をつかいますよね・・・、電話やお礼状で伝えるにはどうするのが無難か?私も過去に迷った経験があります。

そこで今回は、親戚からのお中元を今年こそもらわずに済ませるための上手な断り方について、電話の場合やお礼状を使って伝えるケースでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

親戚からのお中元 角が立たない上手な断り方とは

親戚からのお中元の返礼をさりげなく断ることができれば、これ程親親切なことはありません。

お世話になった叔父さん、叔母さんの負担をかけない配慮は、相手も心の中で、喜んでいることでしょう。でも、断るタイミングを慎重に見極めることが必要です。

それは、ちょうど何か会える機会があった時には、直接、断ることを伝えるのが自然です。
素直にお中元をもらうことを断る意思表示をすることです。

一番良いタイミングは、お中元シーズンに入る前に伝えておくことです。また、こちらから最後のお中元として、品物を送って後に、ご機嫌伺いの電話なり手紙を出して、返礼のお中元のお断りを伝えるのが、いいでしょう。

ただ、失礼にならないようにするためには、言葉でも電話でも、あまりにもストレートに
「お中元は止めません?」と言ってしまうと、角が立ったり、心象を悪くしかねませんので
「これまで大変お世話になりました。」というように、さりげなく遠回しに伝えるのが、いいかもしれません。

お中元の電話での断り方のマナーと注意点

お中元を断る時に一番早いのは、やはり電話でしょう。すぐに電話で相手の声も聞けますし、こちらの近況も伝えることができます。

この時に、お中元を断るなら、やはりストレートに言ってしまうことは、相手に嫌な思いをさせてしまいます。

断るためにどのように切り出すか難しく感じるのですが、こちらの近況を伝えることで、話題を段々と断る方向に持っていくことです。

自分や子供の成長、進学や就職のこと、健康など色々な話題があります。そした、その中で話が盛り上がった所で、お中元を断るようにします。

具体的な伝え方としては、「お中元を止めませんか?」と言うより「叔父さんや叔母さんの元気な声を聞けるだけで、十分に幸せですよ。お中元等にあまり気を使わないで下さい。」
このように相手の健康をいたわるような話し方でサラッと断る方法がいいでしょう。

スポンサーリンク

お中元をお礼状での断り方のマナーと注意点

もし、先方からお中元を送られてきた時は必ずお礼状を出すことがエチケットです。

この時にこれから以降、お中元のやり取りを断る絶好のチャンスです。

ただ大切なことは、相手に失礼のない手紙の内容にすることです。断りの意思を含めたお礼状を書く時のポイントとしては、手紙の基本的な
・季節のあいさつ
・相手への気遣いの言葉
・日頃のお礼
を含めることは同然なのですが、

お中元のお礼と恐縮の意思を含めて、断りの言葉を伝えるようにします。決して失礼な表現ではなく丁寧な言葉で断る意志をはっきり書くことです。

そして、相手の家族の健康等も気遣う言葉も添えて終えます。断りの文例としては、次の通りです。
[文例]
拝啓
盛夏に入り暑さも厳しい毎日が続いております。
ご家族の皆様におかれては、お変わりありませんか。
この度は結構なお品をお贈りいただき、誠にありがとうございます。
日頃はご無沙汰ばかりしておりますのに、いつも変わらぬ御心遣いをいただき、感謝しております。
毎回のご好意は大変ありがたく存じますが、今後はこのようなお気遣いはなされませんよう、お願い申し上げます。
お気持ちだけありがたく頂戴いたします。
時節柄くれぐれもご自愛されて、どうぞご健勝でお過ごしください。
まずはとり急ぎお礼とお願いを申し上げます。
敬具

このように決して失礼のないような表現に終始しながらも、お断りの文とするのです。

この時も、先方に余計な気遣いをさせないことを訴えかけることが、断る手紙の文章の書き方となります。

まとめ

お中元は、時節のことを考えると、とても風流で季節感を感じさせる良い慣習だったのかもしれません。

また、日頃、会うことが少なくなった親戚の人達の状況を知る絶好の機会でもあったはずです。

しかし、しばらく疎遠になってくると、お中元の慣習も単なる負担でしかなくなってきます。

自分の叔父さんや叔母さんでも、近所にいて常に接しているのであれば、気心も知れていますが、離れていることで、あまり接することもなく、繋がりさえ希薄になっていっても仕方のないことです。

インターネットが発達した時代なので、連絡を取ろうと思えばすぐに連絡ができることを考えると、儀礼的になっているお中元は、止めても問題のないことです。

ただし、失礼のない断り方をすることだけは気を遣わなければなりません。

honmura