家のこと

寝苦しい夏をエアコンなしで過ごすなら 扇風機やグッズの便利な使い方

寝苦しい暑い夏の夜。エアコンを付けて眠りたいと思っても、ずっと付けっぱなしでは体によくありません。

例えば、副交感神経にも悪影響があり、本来、暑い夏は副交感神経が活発に働き、血管を拡張させ体内の熱を外に出そうとするのですが、それが行われず結果、自律神経に乱れが起こると言われています。

また、エアコンによって自分自身で体温調節ができにくい体になり、免疫機能にも大きな影響を及ぼします。

このように自律神経の乱れによる体調変化や免疫機能の低下による体調変化などがおきてしまい、体がだるいなどといった症状が現れる可能性があります。

そこでエアコンを上手に使って快適に過ごすためのコツや扇風機や便利グッズについてご紹介します。

スポンサーリンク

寝苦しい夏をエアコンなしで過ごしたいなら

、クーラーを付けずにそして、何もせずに眠る事なんて難しいですよね。そんな時は、クーラー以外で体を冷やす事ができるグッズを使う必要があります。
例えばこういったヒンヤリ素材の寝具!

代表的なものと言えば、扇風機。その他、保冷剤の活用や最近では、上記のようなクールダウンしてくれる素材の寝具も増えてきています。

このようなものを使って眠る事でエアコンなしでもある程度快適に眠る事は可能です。

ただし、これらを使用する際には、ちょっとした工夫が必要になります。

そして、工夫次第で想像以上に快適に眠る事もできるため、是非、自分に合った使用方法で使用して頂けたらと思います。

もちろん、難しい事など一切ありません。また、特別、準備するものもありません。

寝苦しい夏は扇風機の使い方で一工夫

まず、眠る前に扇風機を使って部屋中の空気を入れ替えます。出来るだけ多くの窓を開け、そして、扇風機の首を回して部屋の空気を循環させます。

そうして、部屋の中にこもった空気を入れ替える事ができれば、次に扇風機の置き場所を考えます。

扇風機と言えば、直接自分の体に当てる使い方が一番良いと思われている人も多いかと思います。確かに、じかにあてる事で体を冷やす効果はあります。

しかし、扇風機の場合、一晩中、体に当てっぱなしは体によくないと言われています。その事を考えると、それ以外の利用方法が必要になります。

その際のポイントとしては、室内より外気温が低い場合は、対角線上に窓を開け、窓の前に扇風機を置きます。そして、扇風機の向きを自分に向けます。

そうする事で、外の涼しい空気を効率よく室内に取り入れる事ができ、涼しさを保つ事が可能になります。

反対に室内より外気温が高い場合は、窓に向かって扇風機を回します。そうする事で、外気が室内に入りにくくなる為、部屋の温度を涼しく保て事が可能です。

これでも暑いと感じる場合は、扇風機の前に凍ったペットボトルを置く事をお勧めします。そうする事で、扇風機からの風がペットボトルで冷やされてから届けられる為、生温い風ではなく冷えた風を受ける事が可能です。

同じ原理で濡れたタオルや保冷剤を巻いたタオルを今度は、扇風機の後ろにつけるといった方法もお勧めです。この場合も冷たい風を扇風機から出す事ができます。

また、霧吹きなどでミストスプレーをしてから使用する事でも冷やす効果を得る事ができます。

このように扇風機を使う場合は、置き場所をその日の気温によって変える事が大切です。その上で、少しでも冷えた風を受けたいと思うのなら、扇風機の周りに冷えたものを置く方法が必要になります。

ペットボトルだけではなく、クーラーボックスに保冷剤を入れて置く事で、冷たさを持続させる事も可能で、お勧めです。

スポンサーリンク

寝苦しい夏にあると便利なグッズはこれ

最近では、様々なクールグッズが販売されています。パジャマの素材としては、麻(リネン)・レーヨン・コットンが暑い夏にはお勧めの素材となります。

その為、パジャマ選びを行う際は、これらの素材を出来るだけ選ぶと良いかと思います。

また、寝具においては、昔から竹・い草・麻(リネン)が良いと言われていますが、最近では、各メーカーから涼しさを保つ事ができるシーツや枕カバーなどが販売されています。

それらを利用する事で、より快適な睡眠を確保する事ができるかと思います。

また、保冷剤を活用する事もお勧めします。熱がある時に使う保冷剤を寝苦しい夏に使用する事で、頭を冷やす事ができ、快適な睡眠へと導く事ができます。

特に首周りを冷やす事で体中を冷やす効果を得る事ができ、お勧めです。

また、クールスプレーを枕に吹きかける事で、即効性のある冷えた枕を作る事も可能です。このような事で、寝具全てを冷やす事で、快適な睡眠へと導く事が可能になります。

まとめ

工夫次第でエアコンなしでも快適な睡眠を確保する事は可能です。とは言っても、決して無理をする事なく、耐えれないと思った際は温度を上げてエアコンを使用し、その上で扇風機を併用すると良いかと思います。

また、タイマー機能を使用する事で、一晩中、エアコンがつけっぱなしになるような事はなく、体への負担を最小限にし眠る事ができると思います。

honmura