スポーツ

ゴルフの汗対策!ズボンの濡れ染みや手のひらの汗で悩んだら!

ゴルフをする楽しみの一つにファッションも含まれていると思います。実際、私もゴルフをしてない時にはイーブンやネットで次に買いたいウエアのチェックをしているくらいです。

でも、仮にグレーのパンツを履くと、汗でお尻が濡れて色が変わり汗染みが目立つので勇気がありません。

また、手汗をかく人の場合には、人前で手のひらが濡れてるなんて見られてたくないものですし、グローブなんてとんでもない異臭を発してしまうこともありますよね。

そこで、今回は汗染みや手汗に悩むゴルファーの方にお役立ち情報を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフをする際の基本的な汗対策とは

夏場のゴルフで汗はつきものです。しかし、同伴者や周囲の方々にとってあまりにも目立ちすぎる汗はあまり見ていて感じのよくないもの。

まあ、自分自身にとっても気持ち悪く、場合によってはスコアにも影響を与えることもあります。

制汗剤

まずは制汗剤から行きましょう。仕事でもプライベートでも制汗剤を利用している方は多いと思います。ゴルフでも同じく制汗剤をうまく活用しましょう。

スプレータイプ、ウォータータイプ、粉末タイプと様々な種類がありますがどれも自分自身にマッチしているものであれば問題ないでしょう。ごちゃまぜに使うのはダメですよ。

気を付けるとすれば、持ち歩きやすいもの、そして多少は問題ないのですが匂いがきつすぎるものは周囲の方に嫌がられるので少しケアしたほうが良いと思います。

使い捨てのウエットシートで拭く

コンビニなどで売られている「ウエットシート」はとても万能で、手汗も脇汗やお腹や背中など手が届く範囲なら簡単にさっと拭けてしまいます。

消臭効果やサラサラにする成分も配合されているので吹いた瞬間に汗や臭いを取り去ることができます。シトラス系のものだとひんやり効果もありますよ。

※顔は顔用の物があるので体用の物を顔に使わないように気をつけてくださいね。

汗をふき取る(ポリエステル以外の素材で)

次にケアするのは汗をふき取ることです。これも夏場であれば、乾いたタオルに加えて、濡れたタオルも持ち歩いたほうがいいでしょう。

どうしてもあせも乾燥すると異臭を放ちがちになります。きちんとふき取ることを心掛けましょう。きっと、汗のにおいも抑えられるはずです。

タオルの記事は綿などが良く、ポリエステルが含まれているとタオルが乾いた時にものすごい激臭を放つことがあります。これは服でも同じですが、汗っかきな人はポリエステルを避けてみてください。

ウエアはアンダーウェアがポイントに!

そして、ゴルフウェアも工夫です。特に上半身に関してはアンダーウェアの進化がめざましいものがあります。発汗を抑えるだけではなく、吸汗作用も十分です。

万全を期すのであれば、ハーフでいったんロッカーに戻り、新たなアンダーウェアに着替えてみるのも手かもしれません。

食事の時もどうしてもビールに目が行きがちですが、必要な水分補給は別としてあまり必要以上にアルコールは控えたほうが汗をおさえるためには有効です。

ゴルフをすると汗でズボンが濡れてしまう男性へ

ゴルフ中にパンツが汗でピタピタ、さらに下着が透けているような濡れた状態は避けたいものです。下手をすれば漏らしてしまったと勘違いする人も出てきますよ。それに、一緒にプレーする人からしても不快感は最悪です。

そこでいくつか注意したいポイントを挙げていきたいと思います。

半ズボンで風通しをよくする

まず、マナーに反しないタイプで半ズボンを利用することをお勧めしたいと思います。何しろ、これだけでも十分に風通しがよくなり、発汗も多少抑えることが可能です。

次に色や素材です。下着はカラフルなものを着用せず、白をベースにしましょう。透けて見えてしまう際にいろいろな柄が見えているとさすがに周囲から嫌な目で見られがちになります。

逆にゴルフのズボンですが、薄い素材、かつ透けにくい素材を探して着用しましょう。きっと、その効果はすぐにでてくるはずです。

ゴルフで半ズボンなんて無理!なら

足が剛毛で半ズボンなんて履けない!という方には、私の体験上、膝くらいまでのスポーツ用スパッツがオススメです。

(私がゴルフやランニングなどどんなシーンでも欠かさないのがミズノのこれ)

ロードバイクとかに乗ってる人が履いてる足にフットした「ぱっつんぱっつん」のアレです。

ミズノやナイキからも販売されていて、1万円も出せば一流品が手に入り、それだと、お尻の汗を上手に発散させてくれ、ズボンが汗で濡れることをかなり防いでくれますよ。

また、ジョギング用の1万円程の製品だと膝の負担をラクにしてくれる構造が備わっているためラウンドでいくら歩いても疲れがまるで違いプレーがすごく凄くラクになるんです。

なんて言うか、勝手に膝がピーン!と伸びてくれる感じで、歩いた際の体力消耗が随分ラクになります。誰でも下半身への負担の軽減を実感できると思いますが、運動の負担を軽減するので汗をかきづらくなるのも実感できると思います。

スポンサーリンク

ゴルフの際に手のひらに大量の汗をかく場合は

ゴルフで手のひらに大量に汗をかく方は多いと思います。でも、同伴者との物の受け渡しをする際に、「なんで濡れてるの!」と気持ち悪がられがちです・・・。

それに、手汗をかくとゴルフクラブを握った際に滑りやすくなってしまい、スイングが思い通りにできず、スコアにも影響が出てしまうのは間違いありません。何一つ良いことありませんよね。

自分だけでなく周囲の人も含めて快適にプレーをする対策としては何といっても「手袋」の工夫です。

簡単に対処するなら複数のグローブで

複数のグローブを準備しておき、スイングしないときはカートに干しておくという工夫をしておくだけでも全く違います。

なお、グローブの素材ですが本革よりも吸汗性がよい人工皮革のほうが乾きやすく臭わないのでお勧めだと思います。

さらに、手のひらには通気性が良くなるような加工が施してあるモデルを探しましょう。

比較的安価なモデルに穴空きモデルが多いので買い置きしておいて、夏場は複数持ち歩いて濡れたらすぐに変えるいう習慣を身につけておけば夏場のゴルフで困ることもありませんよ。

スイング時の手汗滑りに両手グローブをしたら100切り達成できた

滑りを防ぐためには、利き手だけの利用をやめて両手に着用してみるのがオススメです。これだけでもかなり滑りが抑えられます。

私の友達は、110からスコアが伸びなかったのがティーショットだけ両手手袋にしただけでも100を切れるようになりました。

ティーショットが上手くいかないと100切りは相当厳しいですが、たったこれだけでスコアを伸ばすこともできるので、余計に楽しくなると思いますいよ。

もし、ひと目が気になる場合には、利き手はいつもどおりの色で、逆手の手はベージュなど肌色系のものにすると、意外と気付かれないようです。

手汗は水で流せば一発で解消

私も手汗をよくかく方ですが、ウエットシートで服よりもペットボトルの水でさっと流すだけの方が手っ取り早いし効果もテキメンです。

シートで拭くと指を1本づつ丁寧に拭かないと脂が残りやすく、少しでも残るとすぐに手全体に広がります。でも、水ならざっと流すだけで意外と全部が落ちてくれやすいんですよね。

また、一瞬で手の温度を下げる効果もあるのでこれは相当大きな効果を期待できますよ。

ちなみに、心理学では水で手を流すことにものすごいリラックス効果があると言われています。ミスショットの後など、気分がリフレッシュされてスコアを崩さないようになるかもしれません。

それに、何と言っても「水」なら、フェアウェイを歩きながら地面にまいてもごく少量でしかも手を流しただけのものならマナー違反にならないと思います。

厳しそうな所なら、カートの乗り降りの際にカート専用道で流すのも良いかもしれませんね。