国内旅行

赤ちゃんと旅行に初めて出る際の注意点や持ち物と離乳食について

赤ちゃんと一緒に初めての旅行に出るには注意点がいっぱいです。いつもとは違う公共の乗り物での注意点や持ち物、それに離乳食にも注意が必要です。

そこで、今回は子供が0歳6ヶ月の時に夫の実家である沖縄へ帰省旅行した時に知った注意点や持ち物を紹介してみたいと思います。

  • 6月に2泊3日
  • 移動手段 東京から沖縄は飛行機で現地では車
スポンサーリンク

赤ちゃんと旅行に初めて出る際の注意点とは

初めての旅行となると、今まで利用したことのない電車や車、場合によっては飛行機にも乗るかもしれませんね。

とても楽しみかと思います。私も二人の子供と赤ちゃんの頃からよく旅行に行っています。私の場合、準備がとても苦手だったのでとても大変な思いをした事もしばしば。

赤ちゃんと初めて飛行機移動をして分かった注意点

東京から飛行機で沖縄に行きました。飛行機の立つ時間は朝の9時ごろ。飛行機に乗っている時間は約3時間ほど。

よく、「耳がおかしくなあるのでギャン泣きする」「狭いので、少しでも泣くと回りに迷惑」などの話を聞き、怯えていましたが、行きの飛行機ではほとんど寝ていておとなしくしていたので、無事過ごす事ができました。

毎日の生活習慣を見ながら、飛行機の時間に寝てくれるように、いつもより早めに起こしました。

そして快眠グッズ(うちの場合はおしゃぶり、哺乳瓶、母乳(母乳をあげる為のケープが大事)です。)で眠りへと誘導しました。赤ちゃんせんべいももって行きましたが、この時は必要なかったです。

赤ちゃんと初めて旅行先の車移動して分かった注意点

沖縄についてからはずっと車移動でした。うちは飛行機よりこっちが大変。チャイルドシートに慣れていなかったので大泣き。

何時間乗っても慣れてくれる事はなく、1日目は寝ている時意外は車でずっと泣いていました。完全に予想外です。私の方がパニックです。主人はすんごいご機嫌斜め。少しの事で言い合いに・・・。地獄絵図でした・・・・・。

車にはそれまでも何回も乗っており、家のチャイルドシートでそこまで泣いた事はなかったのですが、恐らく、レンタカーの助手席にチャイルドシートがセットされており、私の顔が見れない事と、チャイルドシートの角度が問題。

家のチャイルドシートは後部座席に取り付けて、チャイルドシートの隣に私が座っていましたので、家と同じような配置になる様にお願いするべきでした。発車してから地獄絵図になり、直そうとしましたが取り付け方が分からず、直せませんでした・・・。

赤ちゃんと旅行に出た際の持ち物

まずは、いつも使っている入眠グッズは必須で、これを忘れると悲惨な事になります。

沖縄旅行の時ではないですが、他の旅行の時に忘れた時は、電車の中も、夜寝る前も大惨事でした・・・。

余裕をもたせた数のオムツ

オムツも大事!特に地方へ旅行の際はドラッグストアがかなり遠くまで行かないと無かったりするので、多めに持っていきましょう。

多少余るくらい持ってないと、あまりギリギリだと不安で旅行が楽しめません。それに、いつもと違う環境のせいで、頻繁に交換が必要になることもあるんですよ。

圧縮袋とポリ袋

空気を抜いて、小さくして持ち歩ける圧縮袋はお勧めです。そして、忘れがちですが、オムツを捨てるために必要なポリ袋(オムツを捨てられない場所も多いので、消臭機能が付いているものがお勧め)、おしりふきも多めに持ちましょう。

私の場合。類に漏れず、足りなくなったり、忘れた事が何度もありました。旅行先で散々探して購入しても、沢山入っているパックでしか売っていないので、必要もない分のおむつを持ち歩かなければいけない羽目に・・・・。

うちは旅行は基本電車なので、それはそれは邪魔でした・・・・。

着替え

・着替え。これは少なめでも私はいいと考えます。赤ちゃんの服は小さいので、手洗いすれば洗濯できますし、いざとなればドライヤーで乾燥させるのもすぐできます。

私は、かさばらないものを選び、最低限の枚数しか持っていきません。オムツ同様圧縮袋が便利です。また、暑い季節の場合は、首から背中にガーゼを入れて汗を吸い取り、ガーゼを交換して肌着を汗で汚さないようにすると、肌着も、持って行く枚数を減らせるのではないでしょうか?

☆POINNT☆
沖縄では用意できず失敗を招きましたが、車移動に役立ったもの。
・つる下げるタイプのおもちゃ。ゆらゆらするやつ(沖縄旅行の際にはなし。)
・音のなるおもちゃ。(沖縄旅行の際にはなし。)
・あかちゃんせんべい(沖縄旅行の時にも持って行きましたがは目もくれませんでしたが、通常はせんべいをなめなめして静かにしてます。)
☆必殺技
もう何も無い!!全部忘れた!!という時は、うちの子は鏡を見せると喜びました。あとはうちわなどで風を送る。なぜか少し静まりました。

赤ちゃんと旅行に出る際の離乳食について

6ヶ月の時だったので、あまり必要ではなかったのですが、私が旅行時の旅行で役立つ離乳食グッズは意外にも「お湯」です。

おかゆ等を持ち歩くのが大嫌いな私なので、使い捨てできるカップ容器とスプーンとお湯だけを持ち歩いてました。

10倍がゆもぱ、んがゆも3倍がゆも、お湯と容器があれば、取り分けで作ることが出来ます。ひたすら好みのゆるさになるまでスプーンでつぶすだけです。

おかずは味が濃いと賛否両論だとは思いますが、大人の食事の火の通っている野菜を水洗いしてつぶして食べさせていました。ちょっと豪快すぎますかね・・。

以上が我が家からの初めての旅行をするママへのご紹介でした!参考になったか分かりませんが、赤ちゃんと楽しい時間を過ごしてくださいね。