子供・赤ちゃん

赤ちゃんと旅行でディズニーに!いつからOK?ホテルのおすすめは?

赤ちゃんを連れてディズニーランドに行きたいと考えているパパママにとってやっと念願の旅行ができるとワクワクだと思います。

でも、赤ちゃんを連れての旅行、しかもディズニーとなると様々な心配があると思います。そこで、今回は少しでも不安を解消していただけるように注意点などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんと旅行でディズニーに行く時の注意点

お出かけをするともう少しこうしたら良かったと思う事は沢山ありますよね。それが地方からディズニーランドへ旅行する場合のように、頻繁に行けないところなら絶対に後悔はしたくありませんよね。

そこで、後悔しないために、まず最低限用意するべきなのが以下のものとなります。持ち物さえしっかり揃っていれば後は施設が充実しているのでまず大丈夫です。

  • おむつ3~5枚(施設でも買えます)
  • ミルク3回分(1日分と仮定)もしくは離乳食
  • ハンドタオル
  • 着替え
  • ビニール袋
  • お湯
  • おもちゃ
  • おやつ
  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • ベビーカー(レンタルもあります)
  • 熱冷シートのようなもの

特に衣類関係や食事はいつ体調を崩しても大丈夫なように絶対に備えておくべきです。そして、おもちゃやおやつは赤ちゃんがぐずった時の対策としてとても大事です。

また、熱い時は子供用の日焼け止めと帽子で紫外線対策や水分不足を防止し、寒い時にはホッカイロや防寒着で対策しておくようにしましょう。

ベビーカーから目を離さないこと

ちなみにディズニーランドでは人が多いこともありベビーカーの盗難も起こりがちです。ベビーカーには目印をつけて、荷物を置いたまま放置せず、置いておく際には必ずタイヤにロックをかけておきましょう。

間違っても、ベビーカーに財布やスマホなど貴重品を一緒にしておかないように気をつけてくださいね。

発熱やケガをした時のために中央救護室は知っておいて

赤ちゃんを連れてディズニーランドに行った時、よくあるのが赤ちゃんの体調不良です。慣れない旅の疲れで風邪気味になったり微熱がでることもあるかと思います。

そんな時に慌てなくても良いように、事前に「中央救護室」という存在を知っておいてください。できれば、施設に入ってまず最初に確認をするくらいが理想的です。

ディズニーランドの中央救護室にはベッドがあるので赤ちゃんだけでなくパパやママが体調悪化しても横になれます。それに、看護師さんもいるので安心ですよ。

ディズニーでおむつが無くなっても大丈夫

ディズニーランド内でもおむつは買えます。例えばグランドエンポーリアムとかプラネットMで買えます。

もしパークの外にいたら、プロムナードギフト(イーストも)で買うことができます。

私がうっかりやらかして買った時に助かった思い出があり、たしかサイズも幅広く用意されていました。流石だな・・・と感激した思い出があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんと旅行でディズニーランドへ行くなら生後何ヶ月くらいからが楽しめる?

ディズニーランドにはベビーセンターが設置されていておむつ交換台・授乳・粉ミルクの調乳・離乳食が出来るようになっています。なので新生児でも1日安全に過ごせるレベルの設備が整っています。

しかし、一般的には長時間の移動が出来るようになる月齢は生後6ヶ月から8ヶ月であるとされています。

確かに私の体験からも、赤ちゃんが生後生後6ヶ月から8ヶ月になってから行くのが何かと余裕を持てるのでパパとママが食事やトイレなどなんとか楽しめるようになるラインかと思います。

赤ちゃんと旅行でディズニーランドに行く方に私のおすすめのホテル

部屋や装備に配慮が満載のオリエンタルホテル東京ベイ

ディズニーリゾートには様々なホテルがあります。その中でもまずは「オリエンタルホテル東京ベイ」をおすすめはします。

なぜなら、こちらのホテルは子供の成長によって2つのタイプの部屋を用意してくれているからです。。

また、このホテル内には離乳食を温めるための電子レンジが備えられていたり、赤ちゃんがもし落ちても大丈夫なようにローベッドとなっているのも大きな安心材料です。

パパがうっかり目を離して赤ちゃんが落っこちても大事にならずに住むのはママにとってはありがたいことですよね。(うちのパパはすぐ目を離してしまうのでベッドの高さがある部屋だとヒヤヒヤでトイレもゆっくりできやしませんw)

ぬいぐるみの貸出もある浦安ブライトンホテル

次に「浦安ブライトンホテル」もオススメです。ここはハイハイしても安心できる快適なフローリングとなっています。

他にもホームシアターや子守唄が内蔵されているぬいぐるみの貸出も行われているので赤ちゃんを安心して寝かせられますよ。

洗い場付きのバスルーム優先ならエミオン東京ベイ

ちなみに「エミオン東京ベイ」は全室が洗い場付きのバスルームとなっているのが大きな魅力の1つです。そして、1歳未満の赤ちゃん限定でベビーベッドの貸出を行っているという点もありがたいですね。

パパママもキャラクターに会って楽しむならディズニーアンバサダーホテル

ディズニーキャラクターで彩られているホテルとして人気が高い「ディズニーアンバサダーホテル」では事前に予約をしたらキャラクターに会うことが出来るホテルとしてとても有名です。

2階にある授乳室やオムツ替え台は夜11時まで利用できるようになっているという点も、赤ちゃんを連れて旅行するパパママにとってはとても助かりますよね。

もちろん、他にも素敵なホテルは沢山ありますが、以上のホテルなら私やママ友も利用したことがあり、自信をもっておすすめができるホテルになります。