美容・健康

夏バテは食事に原因が!あっさりした物やコンビニで確保できる対策も

一人暮らしをしている男性などは、食事バランスが偏りがちで夏バテをしやすい傾向があります。

 

でも注意をしないと、暑さ対策のために食べている食事や、パワーをつけるために食べている日頃の食事が意外にも夏バテの原因となっている可能性があります。

 

そこで、以下では、夏バテの原因になりやすい食事と、夏バテ対策になりつつ、あっさりした食べ物やコンビニでも確保できる食べ物について紹介してみました。

夏バテの原因となりやすい食事内容について

暑い夏、ついつい冷たい飲み物を一気に飲んだりアイスやかき氷を食べてしましますよね。しかし、その習慣は夏バテの原因の1つです。

 

冷たい飲み物は胃や腸にとってはかなりのストレスとなります。胃腸が急激に冷やされると血流が悪くなり消化不良となります。下痢をおこしてしまう人もいますね。

 

消化不良になると体に必要な栄養素が取り込めなくなって夏バテになります。その上、急激に冷えた胃腸は血液を胃腸に大量に集め温度を上げようとします。

 

他の心臓、腎臓、脳などが血流不足になりだるさを感じる事もあります。また、体温が下がると体の免疫力も下がります。ともかく冷たい物の取りすぎは百害あって一利なしですのでご注意下さいね。

 

また、暑いと食欲を感じずに簡単なもので済ませるといった食事をしていませんか?

 

お素麵、冷麺、ラーメン等の一品料理で簡単に済ませていませんか?一品料理をガッツリ山盛り食べる男性は多いですが、さすがに一品だと栄養が取れないので夏バテになるのも早いですよ。

スポンサーリンク

夏バテに対処する食事 あっさりした物でおすすめは?

豚しゃぶ

料理が苦手な男性でも、しゃぶしゃぶは鍋一つがあればできるので簡単です。

 

ちなみに、豚肉に含まれる栄養素はタンパク質、脂質、ナイアシン、ビタミンB1で、ナイアシンは糖質や脂質をエネルギーに変える役割を担い、ビタミンB1は炭水化物、糖質をエネルギーに変え筋肉や神経を正常に働かせる役割をもっています。

 

この事からこのナイアシンとビタミンB1は疲労回復効果が絶大で体中にエネルギーを運ぶので、夏バテ防止の代表的な栄養素とされています。

山芋・長いも類のとろろ

山芋や長芋はすり下ろすのも簡単で一人暮らしの男性にもぴったりです。山芋の成分はジアスターゼ(アミラーゼ)、ムチン、コリン、サポニン、ジオスコラン、カリウム、ビタミンC、ビタミンB1、と意外と色々な栄養素が入っているんですよ。

スポンサーリンク

 

特にジアスターゼ、アミラーゼの消化酵素は大根の3倍も含まれていて、速やかな糖の分解で消化を助け栄養の吸収に力を発揮し、胃もたれを改善、疲労回復効果があります。

 

ねばねばしているムチンも胃壁を守り、腸を整え免疫力をアップさせます。さらに、ムチンは腎機能や肝機能を高め、体の毒素をスムーズに排出させる手助けをします。夏バテには持って来いの食材ですね。

 

さらに、それらのすりおろしたものに、卵黄を入れると2回目などに食べる際には味を変えることができますしパワーアップにも繋がります。

ニンニクと玉葱

昔、エジプトでピラミッドを建設中に労働者が良く食べていた食材にニンニクと玉葱があり、これこそがあの灼熱のエジプトの過酷な労働力を支えていたと言われています。

 

ニンニク、玉葱にはアリシンという栄養素が多く含まれていて、ビタミンB1を吸収しやすくし、ビタミンB1の効果を持続させる働きをします。ニンニク、玉葱の他には、ネギやニラ等にも含まれています。

夏バテに対処できる食事でコンビニで買えるものは?

先程紹介しましたお勧めの食材から考えると、豚しゃぶサラダ+とろろ芋+ネギがお勧めです。とろろ芋はスーパーの冷凍食品コーナーにもありますので、いつも冷凍庫に常備しておくと良いですね。

 

また、ビタミンB1は豚肉以外には大豆にも多く含まれるので、納豆や、夏の定番の枝豆もお勧めです(コンビニの冷凍コーナーには必ずありますよ)。それに疲労回復効果のナイアシンとしては、イワシやサバの青魚やたらこがお勧めです。

 

イワシやサバはコンビニの缶詰コーナーに大抵は品揃えされています。食べる時には缶詰内にあるお汁も食べるのがおすすめです。なぜなら、お汁に溶け出している栄養素が多いためで、それを捨てると勿体ないからです。さっぱりとしたサラダやお素麺にトッピングして食べるのも良いですね。

 

あと、コンビニのど定番のおにぎりですが、タラコのお握りがベストです。あとは明太子パスタも良いですね。

 

また、酸っぱいものが疲労回復に良いと言いますよね。酸っぱいものに含まれているのがクエン酸で、例えばレモン、オレンジ、グレープフルーツ、梅干し、黒酢等です。オレンジやグレープフルーツは飲み物で摂取できますね。

 

また、レモンもお水やお酒にちょっと混ぜて飲むことができます。黒酢も酢の物を一品プラスしたり、ドリンクで採るのも可です。お豆腐にちょっと黒酢をかけるのもさっぱりしていて美味しいですよ。

 

コンビニでもちょっとした心がけで健康は手に入ります。夏バテ防止の食材を選んで、この夏は夏バテ知らずで元気に過ごしましょう。

honmura