季節のイベント

母の日の手紙で義理の母への書き方と感動してもらえる書き方

母の日に手紙を書く方は多いですが、相手が義理の母となれば身構えてしまい1文字目から何も書けなくなる方も多いそうです。

そこで、義理の母へあてて「母の日」の手紙を書く場合の書き方など以下で紹介してみました。ちょっとした「感動してもらえる書き方」のコツもありますので、以下を参考にお義母さんを喜ばせてあげてみてください。

スポンサーリンク

母の日の手紙の書き方の基本

母の日に義理の母親に対して書く手紙はどのように書けばいいのか迷いますよね。まずは手紙を書く時の基本的なことは抑えて起きましょう。これを抑えないとどんな良い内容を書けても無意味になってしまいますよ。

まずはメールで贈るという方法は避けましょう。どんなに良い手紙も直筆でないとありがたみは半分以下になります。

手紙はプレゼントに添えてもいいですし、贈ってもいいです。そして、必ず下書きをしてから書くことがオススメです。

下書きはパソコンで書いて、その内容を清書してもいいのですが、そんなに長く書く必要はなくて便箋一枚におさめられれば大丈夫です。

封筒や便箋もお義母さんに贈るために新調をするとあなたの気持ちが通じやすくなるでしょう。例えば、お義母さんがお花が好きな人だったら、お花の可愛らしい模様の便箋、封筒がいいですよね。音楽が好きだったらト音記号などの装飾があるのものがいいかもしれません。

だんだん小さい文字が見にくくなる年齢の方も多いはずですので、大きめな字で、丸文字などは避けて、きちんとした楷書で書いていきましょう。

楷書がどのような書き方がわかりにくければ、とにかく誰に見せても読みやすいと思えるもの意識すれば大丈夫です。重要なのは文字の綺麗さよりも丁寧に書いてるかどうかです。急いで書いた文字は必ずバレます!

ちなみに、母の日のプレゼントは何が一番嬉しいか?というアンケートでは「手紙」という答えが一位だったりします。丁寧に文字を書き、心をこめて書くということがまず大切です。

母の日の手紙を義理の母にあてて書く時の注意点

普段、親しく話すお義母さんに対してもしっかりと敬語で書くべきところはくだけさせずに書くようにしましょう。そして日頃の感謝をこめて「ありがとう」「ありがとうございます」は何度使ってもいい言葉です。

「いつも私達夫婦をあたたかく見守ってくださって、ありがとうございます」この一文くらいはいれたいですね。

恥ずかしいからときちんとしたお礼の言葉を入れないのはNGです。母の日は、感謝を表す日なので、惜しみなくお礼の言葉を述べるようにしましょう。

くれぐれも本音を書こうと思って、お義母さんに直してもらいたいこと、お願いしたいことなどはいれないでください。この日の手紙は普段のメールや会話とは違います。

感謝の気持ちのみを伝える、感謝に対する本音のみを伝える手紙としましょう。夫の愚痴に関しても書いてはいけません。その点だけは気をつけてください。

スポンサーリンク

母の日の手紙で義理の母を感動させる書き方

普段、お義母さんに対して素敵だなと思っている点、けれども普段は伝えていないような小さなエピソードを入れてみましょう。

例えば、遠方に住むお義母さんが何か送ってくれるものがあるとしたら、この果物がいつも楽しみで、選んでいるお義母さんの優しい気持ちをその果物を見るたびに思い出しています、など。

また今の自分たち夫婦が幸せに過ごせるのは、一生懸命お義母さんが息子であるあなたの夫を育ててきてくださったから、など、普段は言わないようなことも感じたことをそのまま等身大に書いてみましょう。

恥ずかしいようなことをそのまま書くのが抵抗がある場合は、いつも夫のことを気遣ってくれていることへの感謝や、孫のことを気遣ってくれていることへの家族への行いに対しての感謝を書けばネタは沢山あると思います。

そこで欠かせないのは、あなた自身に何かしてくれていることへの感謝も忘れないことです。当たり前にあることをあえて手紙のネタにして書くだけでも、手紙を読みながら、お義母さんが感動してくれること間違いなしです。
関連記事

まとめ

手紙はきちんと丁寧に大きめの文字で書きましょう。

ありがとうの気持ちをしっかりと伝えて、小さなエピソードでいいのでお義母さんに対して感じている、好きだなと思う点、ありがたいなと思う点を拙い言葉でも全く構いませんので書くようにしましょう。

手紙は一番気持ちが伝わるツールです。この機会を大事に、大切な想いを伝えてみてくださいね。

honmura