子供・赤ちゃん

子供がシラミを保育園でもらった!駆除やシャンプー後のケアについて

毎年、梅雨が近づいてくるとシラミが流行します。我が家でも子供がシラミを保育園でもらってきたことがあり大騒ぎになりました。

そもそもの原因は、同じ保育園に海外旅行から戻った子がいて、その子を通じて流行したみたいです・・・。(空港を利用した家族がいたりすると隣に座った人からシラミもらってくることがあります。)

そんな防ぎようがないシラミですが、いざお子さんの髪についたらどうしたらいいか?について対策をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

子供がシラミを保育園でもらってきたらまずどうすべき?

お子さんが保育園から帰って来て、頭を痒がっていたらアタマジラミがいるかも知れません。まずは、お子さんの頭髪をチェックしてみましょう。

アタマジラミの成虫は2~3ミリ程度なので、目で確認する事が出来ます。

本来は白っぽい灰色をしていますが、人間の血を吸うので、その後は、茶色や黒に見えます。成虫の寿命は約1か月で、その間200から300の卵を産みます。卵は髪の毛の生え際、根本に産み付けられる事が多く、白色で0.3~0.5ミリ位です。

アタマジラミと確認されたなら、まずは保育園に連絡しましょう。(恥ずかしがらなくてもどこでもよくある出来事なんですよ♪)

他にもアタマジラミをもらってきているお子さんもいるでしょうし、感染源の誰かが必ず、アタマジラミを保有しているので、その全員がアタマジラミを駆除しなければ、あなたのお子さんがやっと駆除できてもまたもらってくる事になります。

アタマジラミは、もらった人全員で根気強く駆除していかなければなりません。保育園に連絡したら、早速薬局に行きましょう。

もし、お子さんが痒さで、頭皮をかきむしってしまったり、炎症をおこしている時は皮膚科に連れて行きましょう。

特に炎症がない場合は薬局で、アタマジラミ用のシャンプーを購入します。

子供のシラミを駆除するにはどんなケアがベスト?

アタマシラミ用のシャンプーが市販されていますので、まずは、使用書通りに使用して下さい。

1回目のシャンプーで多くのアタマジラミの成虫が死滅しますが、もし、卵が髪の毛の根元に産み付けられていたら、1回のシャンプーでは完全には取り除けません。

シラミ駆除のシャンプーにはシラミの卵が取れる櫛がセットになっている物がほとんどですが、購入する時に確認をして、同封されていなかったら必ず購入して下さい。

子供と言っても、女の子は頭がかゆい上に虫が頭髪にいる事でかなりショックをうけていますので、シャンプーの後、専用の櫛で髪の毛の根元にある卵を取りながら、、子供さんを安心させてあげて下さい。

シラミ駆除のシャンプーを正しく使えば10日間で完全に駆除できます。

シラミ用のシャンプー後に普通のシャンプーやトリートメントをしてもOK?

アタマジラミ用のシャンプーを使った後の再度のシャンプーやトリートメントの使用については、シャンプーの使用書の指示に従って下さい。

駆除シャンプーの使用後のシャンプーやトリートメントが使えない場合は、ココナッツオイルやオリーブオイルを髪の毛に薄くのばします。

ココナッツオイルやオリーブオイルは元々髪の毛にツヤを出す効果がありますし、薬の代わりに使用する人もいるので、安心です。

でも、その際、頭皮には付けないように気を付けて下さい。

また、アタマシラミの予防として、天然のアロマや植物からできている優しい香りがするスプレーも市販されています。

ラベンダーの香りがするものもありますので駆除シャンプーと併用すればラベンダーの香りで、心が癒されそうですね。

まとめ

お子さんがアタマジラミをもらって来てしまったら、親御さんは大変ですね。

枕や、寝具、衣服、タオル等、頭が触れる所にはアタマジラミが付着しているかも知れないので、毎日お洗濯をして下さいね。忙しくて大変です。

でも、一番ショックを受けているのは、アタマジラミをもらって来てしまったお子さんです。悪いのはお子さんではないので、お子さんの心に寄り添ってケアしてあげてください。