全国のお祭り

麻布十番祭り2017年の日程や時間 アクセス方法や屋台情報も

毎年開催されている麻布十番祭りですが、2017年はいつに開催日程で何時から何時までか?それにアクセスについてや、名物の屋台の情報についてご紹介します。

※麻布十番祭りと麻布十番納涼祭りは全く同じ祭りのことですよ。

ちなみに、もしも雨天だった場合については、麻布十番商店街の公式ホームページで当日にチェックしてもらえば最新情報がわかります。

スポンサーリンク

麻布十番祭り2017年の日程や時間について

麻布十番祭り2017年の日程は8月26日(土曜)と27日(日曜)になり、時間は15時スタートで21時に終了予定です。

会場は麻布十番商店街の一帯となります。

麻布十番祭りへのアクセス方法について

アクセスは都営地下鉄なら大江戸線の利用で、東京メトロなら南北線を利用して、いずれも目的駅は「麻布十番駅」になります。非常に分かりやすい名前なので間違える心配はまずありませんね。

昨年ですと、地下鉄7番口からは地上に出ることができず、4番口は物凄い混雑していました。また、道路も14時過ぎから封鎖されて、21時半くらいまでは交通規制されていました。(まあ、当日に車で現地まで行くのは業者さんくらいだとは思いますが。。。)

ちなみに、車で行くのはまず無理です。中古場なんてそもそも空いてません・・・。なにせ2日間で約30万人も来るくらいの祭りですからね。

麻布十番祭りのトイレ事情は?

祭りの会場にも一応はトイレが用意されていますが、以前に行った時には人の列でとても待ってられるような状況ではありませんでした。

最近行った友達の話しでも5箇所くらいは目撃したけど、あてにしてたら大変だと言っていたので、きっと以前とトイレの数は変わらず、特に増やす対応はしてないようです。

なので、現地で大混雑に入る前に、コンビニやファミレスなどを利用して、ついでにトイレも済ませてから行くのがオススメです。

また、トイレが厳しいという事が分かっているので、間違っても油断して冷たい飲み物などをガブガブ口にしない方が身のためですw

なお、トイレを探す際には、矢印付きえ「お手洗い」と書かれた小さな横断幕が頭上にかかげられているので、それを探すとスムーズにトイレまで辿りつけます。

スポンサーリンク

麻布十番祭りに昼か夜のどちらかしか行けないならどっちが良い?

もしも昼か夜しかいけないのなら、断然に夜が楽しいと思います。私はそう思いましたよ。

その理由は、提灯が連なった灯りがとても雰囲気満点で、お祭りって感じにどっぷり浸れるからです。それに、彼女とデートする場合には、日焼けの心配もしなくていいので、彼女とゆっくり楽しめます。

これが昼間だと、日傘をさしていたとしても、地面のアスファルトからの反射で日焼けをする恐れがあります。美白に気をつけている女性なら、昼間は早々に「帰りたい」と言い出してせっかくのお祭りが台無しになる恐れもありますよ。

麻布十番祭りは屋台が人気でこれ目当ての人も多い

有名店が屋台として出店するのも人気ですが、特に面白いのが全国各地のグルメを堪能できる「おらがくに自慢エリア」です。

これは、よくありがちな安っぽいグルメイベント等とはひと味もふた味もレベルが違い、本格的な全国のグルメを本気で堪能できる物凄いレベルの高いものなんです。

私が過去に行った際に感動したのは、飛騨牛からアワビまでホントに地方のレベルの高い名物が数え切れないほど多く揃っていたことです。

とくにビールなどお酒もそろっていたので、これは30万人が来るのも納得できるとひたすら感動しっぱなしでしたね。

麻布十番祭りを楽しむなら近くにビジネスホテルを予約しておくのがベスト

駅が混雑するため、遠方から電車で行き来するには多少大変かもしれません。そこで、もしも飲み食いを堪能するなら、徒歩圏内でビジネスホテルなどを抑えておくのがオススメです。

ただし、いくらお盆休みは過ぎているとは言え、開催曜日が土日ということなので、平日よりはホテル料金はどこも割高になっていました。

費用は1泊だいたい15,000円〜20,000円くらいあれば十分に選べるような感じで、それより安いホテルになると、だいぶランクが下がるような印象です。

honmura