国内旅行

ジブリパークはいつできる?完成予想図と場所や規模やアクセス方法

ジブリパークが愛知県に2022年にオープンすることが決まりました。となりのトトロや千と千尋の神隠しを手掛けたスタジオ・ジブリと愛知県の協力で実現したそうです。

そこで、待ちきれない方へ一足先に詳しい場所や気になる規模、それに開園した際のアクセス方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ジブリパーク 完成予想図(新情報!)

ジブリパークの完成予想図はまだ正式に発表はされていませんが、2018年4月25日時点で新しい情報が出ました。(完成予想図は分かり次第アップしますね。)

それは、入り口にはハウルの世界が用意されて、メインゲートの部分には土地の高低差を活かして”耳をすませば”の「地球屋」も再現をされるということです!

ヽ(´ー`)ノ地球屋といえばロッジみたいな建物のアレですね。

ジブリパークができる場所はどこ?

場所は愛知県の長久手市(ながくてし)という場所になります。

現在の愛・地球博記念公園に作られるということなので、現在の管理事務所のある愛知県長久手市茨ケ廻間乙ということになると思われます。

また、愛知県の地図で調べてみたら名古屋市から東に10km程の場所で、湾岸エリアにあるレゴランドからは直線距離で約20kmという感じです。

もしも他県からジブリパークに行くなら、ついでにレゴランドも寄ってみたいところですね。(その頃、レゴランドの料金が安くなってるとありがたいんですけど。)

スポンサーリンク

ジブリパークの規模はどのくらい?

ジブリパークの規模は約200ヘクタールと発表されていて、もの凄い広さです・・・。

ジブリパークとディズニーランドの規模を比べてみると

東京ディズニーランドとディズニーシーの合算が100ヘクタールです。つまりジブリパークは2倍の200ヘクタールということからも、想像がつかないくらいの広大な面積だということがお分かりいただけると思います。

愛知県内にあるレゴランドと規模を比較すると

レゴランドの規模は12.8ヘクタールで、さらにこの規模になるのは2021年ということで、それまでは9.3ヘクタールで運営をすることになっていました。

ジブリパークとレゴランドだと楽しみ方が違うので、単純に規模だけで面白さを比較することはできませんが、どれだけ歩くことになるなど子供さん連れでジブリパークに行く場合には参考になるのではないでしょうか。

ちなみに、ジブリパークは現状の公園環境を上手に活用するそうで、新しく公園を伐採などで切り開いて開発をすることはないそうです。木々に優しくてなんだか安心しました。年数が立ってる木々を活用すればトトロの森なんかも凄く良い雰囲気がでそうですね~。

まあ、トトロの森などを作るために森林伐採なんてしたら・・・夢が無くなりますよね。。。

ジブリパークへのアクセス方法は?

現在の愛・地球博記念公園へのアクセス方法がジブリパークへの正確なアクセス方法となります。

車でジブリパークへ行くなら

東名高速道路を利用し、日進JCTで名古屋瀬戸道路に分岐し長久手ICで降りてから約5分でした。

ちなみに、東名高速道路で行くなら名古屋ICを降りて、東へ約20分ほどで行けるそうです。

電車でジブリパークへ行くなら

「藤が丘駅」や「八草駅」から、それぞれリニモに乗って記念公園まで行けるようになっています。

多治見駅からだと、と上記のどちらの駅にも行けるようになっていますが、名古屋駅からだと藤が丘駅へ、岡崎駅からだと八草駅を経由するルートとなります。

(関連記事)
レゴランド名古屋の混雑具合はどう?駐車場やホテルについても

まとめ

  • ジブリパークは愛知県長久手市に2020年代のはじめ頃にできる
  • 場所は愛・地球博記念公園と同じ場所
  • アクセスは車でも電車でも行ける
  • 規模はディズニーランドとディズニーシーの合計の2倍
  • 同じ愛知県内のレゴランドとは直線距離で20km程

いかがだったでしょうか?かなり気が早い情報でしたが、今後、より詳細が分かりましたら随時追記してみたいと思います。(もちろん開園したら行きますよ~♪)