国内旅行

羽田空港の駐車場の混雑について いつもの国内線と夏休みの場合について

羽田空港の駐車場は混雑することでも有名です。油断して混雑時に行ってしまうと置き場所を探しているうちに飛行機の時間になって間に合わないなんて可能性もあります。

そこで、今回は羽田空港のなかでも国内線を利用される場合の駐車場の混雑状態について紹介したいと思います。平常時と夏休みの2パターンをご紹介します。

スポンサーリンク

羽田空港の駐車場の混雑する時間帯について

基本的に平日なら朝の7時に行っても空いているので問題なくとめる事ができます。もう少し遅くて8時の時間帯でも、まだ国内線ならちらほらと車がある程度で、9時でも混雑というほどではありません。私の経験上だとすんなりと停めることが出来ます。なので、平日の混雑は心配する必要がありません。

混雑するのは土日祝日など

特に朝の9時から17時までの間は常に混雑しているので羽田空港に行く人は覚悟しておかなければいけません。

ですので、混雑を避けたければ朝の6時などすごく早いですが、このような時間帯に行く事をおすすめします。また、出来るだけ時間に余裕をもって空港に行って混雑しても対応出来るようにしておく事もすごく大切ですよね。

羽田空港の駐車場で国内線エリアの混み具合は?

羽田空港は国内線が充実しているため、国内線の利用者が非常に多いです。そのため、国内線を利用する駐車場の込み具合は時期によってはものすごい事になっています。

国内線は平日は混雑というほどでもないので、そこまで心配する必要はないのです。しかし、土日は混雑します。

特に9時~17時の間は駐車場をとめるのにかなり時間がかかるというのはザラなので早朝にとめると安心です。

もし午後からのフライトという場合には早朝5時というのは無理だと思いますので、フライト時間が午後になる場合には民間の駐車場を予約しておくのがおすすめです。

他にも国際線が満車でも国際線ならまだ余裕がある場合があるので遠くなってしまいますが、国際線の方もチェックしておくと入れる可能性がありますよ。

スポンサーリンク

羽田空港の駐車場で夏休みの混み具合は?

では、たくさんの人が利用すると思われる夏休みの混雑状態を紹介します。夏休みも学生などで空港を利用する人がすごく多いです。

夏休みでも特にお盆の時期はすぐに満車になってしまいます。混雑状態は朝8時には満車状態になるので、早朝の5時や6時には空港に来て車をとめなければいけません。

夏休みは基本的に早朝を除いてどこの時間帯でも満車という事をおぼえておいてください。

もし、確実に駐車したければ早朝にとめるかそれが無理なら民間のところに予約を取ると確実に駐車できるので午後や夕方のフライトの人は民間を利用する事も考えた方が良さそうです。

夏休みは基本的に平日でも土日でもいつ行っても混雑しているという事を忘れないようにしましょう。

まとめ

このように羽田空港の混雑具合について紹介しました。羽田空港の混雑し具合がお分かりいただけましたでしょうか。

出来るだけ近くにとめたいのは誰でも同じなので近い場所から埋まっていきます。ですので、近くにとめたければやはり、朝早くに停めるしか方法はなさそうですね。

また、どうしても駐車場で混むのが不安という人は交通機関を利用するというのも一つの方法です。

小さい子がいると難しいかもしれませんが、可能な人はその方が安心して利用する事が出来ますよ。もし、小さい子供がいて無理という人は朝早く着て混雑しない時間帯を狙うしか方法はありません。

また、国際線に乗る場合でも国際線ならまだ少しは空いているのでそちらの方もチェックすると案外とめられる可能性があります。混雑する土日、連休、夏休みや冬休みに利用する人は何があってもいいように時間には余裕をもって行動することが大切です。