季節のイベント

ハロウィンのお菓子でオーブンなしで簡単に作れて配りやすいものは?

いよいよハロウィン!ということで、お菓子作りにも気合が入ります。

お友達や家族でハロウィンのパーティーをする方も多く、手作りのお菓子を持ち寄って集まる方も沢山います。

しかし、お菓子作りはしたいけれど家にはオーブンがない…という場合もあり、お菓子作りをあきらめてしまう方も多いんじゃないでしょうか?

大丈夫です!実はオーブンがなくても様々なお菓子を作ることができるのです。

ハロウィンのお菓子でオーブンなしで作れるもの

ハロウィンのお菓子でオーブンなしで作れるものといえば定番のクッキーやケーキ、ドーナツや羊羹、プリンやパイ風のお菓子など様々なお菓子がオーブンなしで作れます。

では具体的にオーブンなしでどんなお菓子を作ることができるか?といいますと、どこの家庭にもあるフライパンがあればカボチャプリンやパンプキンパイ、カボチャのドーナツといったところです。

オーブンなしでカボチャプリンを作る方法

溶きほぐした卵を加熱した牛乳に入れて、砂糖とバニラエッセンス、蒸かしてつぶしたカボチャを滑らかになるまで混ぜ、マグカップなどの耐熱容器に小分けに入れます。

そして、水を張ったフライパンの中に容器ごと入れて、強火で温め沸騰してきたら様子を見ながら蓋をして弱火で加熱して蒸らすとカボチャプリンの完成です。

オーブンなしでドーナツを作る方法

ドーナツはホットケーキを作るときに粉を多めに入れてドーナツ用の生地にし、蒸かしたカボチャもしくはカボチャフレークを混ぜ入れて、ドーナツ型に成形します。

油を入れたフライパンでカリっと揚げればおいしいカボチャドーナツの出来上がりです!

オーブンなしでパンプキンパイを作る方法

パンプキンパイは、完全なパイではなく餃子の皮をパイの生地として使った簡単パイです。

餃子の皮に蒸かしたカボチャとバターと砂糖を具として入れて、フライパンで揚げ焼きすればハロウィンにも楽しいパイ風餃子ができます。

ハロウィンのお菓子でオーブンなしで簡単に作れるお菓子

仮にオーブンがない家でも電子レンジはある家がほとんどだと思います。そこで電子レンジさえあれば簡単にクッキーや蒸しケーキをつくることができますよ。

市販の紙カップ(ハロウィン仕様)にホットケーキミックスとヨーグルトと卵と砂糖と蒸かしたカボチャを混ぜ入れて、電子レンジで加熱するだけで見た目にも可愛い蒸しケーキの完成です。

クッキーも同様に、ホットケーキミックスとバター、蒸かしたカボチャを混ぜて生地をまとめて、好きな形で抜いた後に電子レンジで加熱すれば優しい味のクッキーが作れます。

もっと簡単に、ケーキを作りたい場合は炊飯器が便利です。

ホットケーキミックスに溶かしたバターと卵と蒸かしてつぶしたカボチャを混ぜます。

それをそのまま炊飯器に入れて、普段通りに炊飯するだけで大きなケーキの出来上がりです。

しっかりとしたケーキなので、デコレーションもしやすく、ハロウィンの飾りつけやホイップ、カラースプレーやフルーツで盛り付けるとパーティー感もアップします。

スポンサーリンク

ハロウィンのお菓子で子供が皆に配るために作るなら何が良い?

お子様とハロウィンパーティーをする場合、参加してくれたお友達に配れるお菓子を用意しておくと盛り上がるものです。もちろんこれもオーブンなしで作ることができます。

子供は丸いものが好きなので、カボチャを電子レンジで加熱して柔らくなったらつぶします。

つぶしたカボチャが手で触れるくらいに冷めたら、手で一口サイズに丸めて短めのストローを刺します。(イメージとしては棒つきキャンディーの様な感じです。)

別で板チョコを用意しておき、電子レンジで加熱するか湯煎してチョコレートを溶かします。

チョコレートがしっかり溶けたら、先ほど作っておいた一口サイズのカボチャに垂らすのです。

後はチョコが固まるまで待ち、ハロウィンパーティーに来てくれたお友達に配れば完璧です。

一口でパクっと食べることができるので、子供でも手を汚さずに食べることができますし、ストロー部分にリボンをつければパーティー感もアップします。

お菓子作りはオーブンがないとできないイメージがありますが、実はほとんどのお菓子が電子レンジやフライパンで簡単に作ることができるのです。

作り方も簡単ですし、いつものお菓子にカボチャを入れたり、お化けや猫などの型抜きをしたり、デコレーションをするだけで、オーブンなしでも美味しくてかわいいハロウィンのお菓子が完成しますよ。

honmura