掃除・洗濯

毛布の洗濯をコインランドリーでするコツや乾燥時間について

毛布の洗濯をしたいけれど、自宅の洗濯機では洗えない・・・という場合、毛布の洗濯はほとんどのコインランドリーで出来ます。

しかし、毛布をコインランドリーで洗う場合、洗剤はどうするの?柔軟剤は?などなど、疑問も沢山出てくると思います。

そこで、コインランドリーで毛布の洗濯をするやり方からコツ、それに乾燥にかかる時間などを紹介してみたいと思います。

毛布の洗濯 コインランドリーでどうやる?

コインランドリーによって、洗剤などは、自動的に投入されるというケースと、自分で持参する、もしくはコインランドリー内に備え付けられている、自動販売機などで購入をするという方法があります。

どちらの場合もありますので、あらかじめ、利用するコインランドリーに事前に立ち寄って使い方を見ておくのがおすすめです。

また、毛布以外に持っていかなければいけないのが、小銭です。コインランドリーによっては、両替機があるところとないところ、どちらもありますので、小銭は100円玉、500円玉など用意しておくと無難です。

店によっては入り口にジュースの自販機を置いていて、千円札を崩せるようにしているところがあったり、コンビニの近くにある店などは両替で困ってもなんとかなるものです。

注意が必要なのは1万札と5千円札の場合で、両替機によっては、千円札のみしか両替などに対応をしていないこともありますので千円札以外は注意が必要です。

コインランドリーでの毛布の洗濯に関してですが、洗濯機の大きさと時間によっても変わりますので、このあたりも利用する前に、できるだけ事前に料金を調べておきましょう。

洗濯から乾燥までの時間ですが、洗濯から脱水までが大体30分程度、そして乾燥までが、30分程度かかりますので、これを知っておきましょう。洗濯から脱水までの30分が過ぎればすぐに乾燥できるように準備を整えておくとベストです。

スポンサーリンク

毛布の洗濯 コインランドリーでやるコツ

コインランドリーで毛布を洗濯するこつですが、水洗いとお湯洗いを選べるならどちらでも良いといえるでしょう。汚れが酷く、シミなどがついていて、これを落としたいという場合には、お湯洗いの方が断然落ちがいいですよ。

普通の洗濯機と横ドラム式ですが、汚れが酷い場合には、普通の洗濯機、それほど汚れがないという場合には、ドラム式がおすすめです。気をつけておきたいのが、毛布を洗う際の柔軟剤の使い方です。

柔軟剤を使うタイミングですが、最初に洗剤と一緒に入れてしまうのは避けておきましょう。ベストなタイミングは、洗い終わる直前にいれることです。大体、最後のすすぎ前に入れるようにしましょう。

コインランドリーではすすぎ前になると、その表示がされますので、このタイミングで柔軟剤を入れることによって、ふんわりと洗い上げることが出来ます。

柔軟剤に関してですが、好きなものを持ち込んで洗いたい・・・という方も多いと思いますが、その柔軟剤ですが、好きなのを持ち込んで使えるかどうかは、コインランドリーにもよります。なお、持参する場合には、好きなものを持ち込めますが、自動投入の場合には、好きな柔軟剤を使うことは出来ません。

毛布の洗濯 コインランドリーの乾燥時間は?

毛布1枚の乾燥時間は大体30分~40分ほどの乾燥時間になります。毛布を早くなるべく乾燥させたい…という方もいらっしゃると思います。その際のコツですが、まずは大きな乾燥機で余裕を持たせることが必要です。

そうすることで、乾くのが早くなります。容量が大きいので、お金はかかってしまいますがそれだけ早く乾きやすくなります。また、大きな洗濯機であればあるほど、ほぐれることになりますので、乾きやすくなります。

コインランドリーで毛布を洗うと自宅の洗濯機で洗うよりも綺麗に仕上がるので一度やるときっと病みつきになると思いますよ。

(関連記事)
コインランドリーの使い方 初めて布団洗いと乾燥をする人へ

コインランドリー乾燥機の時間と料金は?安く早くするコツもご紹介

 

honmura