掃除・洗濯

秋の衣替え 収納の基本やコツと断捨離の仕方

秋の衣替えの季節とると秋物をクローゼットから取り出すだけでなく、夏物の服を収納しなければならないので大変ですよね。

こういった収納や整理整頓が苦手という方も多いと思います。そこで、慣れない衣替えに挑戦される方へ秋ならではの収納の基本やコツ、それに断捨離も同時に行うための方法を紹介してみました。

秋の衣替え 収納の基本

秋の衣替えにあたり、収納を上手に済ませるためには、収納ケースの選び方一つで収納の手間が大変スムーズにいきます。

たとえば、収納ケースは、大きめのものを選ぼうと考える方も居ますが、引き出しがしっかりと開けきれるのかどうかも重要なポイントです。

収納ケースはコロ付きを買うべき

また収納ケースを購入する際には、できれば床を移動させられる小さなコロがついたものが理想的です。と言うのも、衣類を詰めた際にケースは随分と重くなるため、部屋の床で動かしたい時に、いちいち持ち上げるようなことは腰に負担がかかりぎっくり腰などのきっかけになりかねないからです。

それに、床をコロコロと動かせるというのは想像以上にラクなんですよ。また、ケースを2段3段と重ねた際にも、引っ張り出す際にラクに手前に出て来てくれるので爪を痛めることもありませんよ。

収納ケース 引き出しタイプの注意点

これは過去に私が収納ケースで5段の引き出しタイプを購入した際の失敗談ですが、安物の引き出しタイプを買ってしまったばかりに、引き出しを引っ張るたびに面倒な思いをしました。

とういのは、引き出しタイプでもそこそこの値段のものを選べば、各引き出しにコロがついていて、どんなに服を詰めて重くなっても、スル〜っとスムーズに出てきてくれます。

それが安物を買うとコロがないので、衣類の重みで引き出しと底に強い摩擦が発生して、ゴゴゴッと力を入れて引っ張り出さないといけなくて、すごくストレスを感じるんです。

収納ケースにも防虫剤は必須

秋服に衣替えする際には、防虫剤も必ず入れるようにしましょう。防虫剤はドラッグストアやホームセンターやスーパーで、手軽に入れることが出来ます。

これから冬に入るので虫の心配なんてなさそうに感じると思いますが、衣類の虫に季節は関係ありません。防虫剤はせいぜい1,000円もあれば買えますので、せっかくの衣類に穴を開けてしまわないようにここはケチらないように気をつけてくださいね。

衣替え 秋に行う際のコツ

夏服の収納のコツですが、洋服などを畳む場合には、なるべく四角く畳むようにしましょう。

その理由は、四角く畳むことによって縦と横と両方向に収納することが出来ますし、一目で分かったりするので、大変綺麗に収納することが出来ます。また、かさばらないようなTシャツなどは、丸めて入れても問題はありません。

子供服や、Tシャツ、それに下着などは丸めていれると一目で分かりますし、たくさん収納することが出来て今後出し入れするときに便利です。

また、今年着た夏服、そして着なかったものは別のケースに分けておくなどもおすすめです。この際に、入りきらなかった夏服や今年着なかった夏服などは分類しておき、そしてこの際断捨離という形で捨ててしまうこともおすすめです。

入りきらない服があまりにも多く、今年着ていない服があれば、それはこの機会に捨ててしまうようにしましょう。

スポンサーリンク

秋の衣替え 断捨離をするなら

秋の衣替えで断捨離をしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか、この場合は冬になってしまう前に、まとめたものをゴミに出し、捨ててしまうところまで終えるのが得策です。

(ゴミ袋に入れたところで達成感を感じる人も多いですが、そのまま冬になるとゴミ出しが面倒になり、結局、家のどこかに袋に入れた不要な衣類をそのまま寝かせることになるので断捨離にはなりませんよ。)

もしも、捨てるのがもったいないのであれば、メルカリやヤフオクなどで、売ってしまうのもおすすめです。
なぜかというと、冬になってしまうと、寒くなるので、こういった作業の一つ一つが面倒になってしまいますし、分別した袋やゴミなどが家に溜まってしまいがちになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。衣服の収納が苦手…という方はとても多いと思います。

しかし、衣装ケース、収納ケースを工夫してみたり、あるいはたたみ方を工夫することだけでも、キレイに収納できて、見た目も良くなりますし、出し入れもしやすくなります。

一見して分かるように入れておくことが収納のこつと言えます。

また、秋服の衣替えの際には、着なかった夏服なども整理を行い、断捨離を行いましょう。なるべく早めに済ませておくことが、焦らずに済むコツです。

honmura