美容・健康

まぶたが痙攣する理由と治し方やマッサージ方法について

まぶたが痙攣する日はある日突然にやってくるので驚く人も多いと思います。私も過去に何度もなったことがありますが、最初は本当に怖くてびっくりしました。

大抵の場合は放っておけば知らない間に収まることがほとんどなので何でもないように思えることかもしれませんが、実は目からSOSが出ているので生活を改善していく必要があります。

今回の記事では、まぶたが痙攣する理由や治し方、それに日頃からできるマッサージの方法なども紹介してみました。まずは知識をつけてからマッサージに挑戦してみてください。

まぶたが痙攣する理由

まぶたが痙攣する理由は目の使いすぎによる疲労です。最近、パソコンやスマホで目を酷使していませんか?近年では目の使いすぎで目が疲れている人が非常に多くなっています。

普段からしっかりと睡眠を取っているつもりでも目を酷使すると目の疲れは溜まっていき、それがまぶたの痙攣を引き起こしています。そして、もう一つの原因は栄養不足が考えられます。偏った食生活は目の疲れが取れにくくなる原因になります。

長時間の目を酷使すると必要な栄養素が届きにくくなるので、栄養不足を引き起こします。食事でしっかりと栄養を取っていても目が疲れていると栄養が届かないので目の使いすぎには気をつけるようにしてくださいね。

そして、心の疲れであるストレスもまぶたの原因を引き起こします。普段からストレスが溜まっていると思っている人は適度に発散する事をおすすめします。

まぶたの痙攣の治し方は?

まず一番大切なのは目を休ませてあげることです。仕事で目を酷使する人は家に帰ってきたら出来るだけ目を使わないようにするなど工夫して生活をしてください。

また、仕事以外でPCやスマホを見すぎている人は疲れている時は出来るだけ見ないようにして目を休ませてあげてください。近くばかり見てる場合は遠くを見て目の緊張感を緩めるなどリラックスさせてあげましょう。

自宅ですぐできる蒸しタオルを使う方法

蒸しタオルで目の周りを温めて血行を促進するのも目の疲れを取る事が出来ます。それ意外にも目に良い栄養を取る事が一番です。疲労回復に効果のあるビタミンB1や目の構成する成分の一つであるビタミンB2、目の機能を助ける効果のあるビタミンA、目の機能をさらに助けるアントシアニンやブルーベリーなどもおすすめなので積極的に取ってくださいね。

まぶたの痙攣にはストレスが影響していることも

体が疲れていてストレスが溜まっているならお風呂に入るとストレス発散になりますよ。湯船で体を温めると血行が良くなり疲労回復の効果があるので出来るだけ毎日湯船に浸かるようにしてくださいね。

そして、まぶたの痙攣が止まらない場合はまずは眼科を受診することが大切です。病院で行われることは、MRI検査や眼科検査などが行われ、さらに必要に応じた検査をして、何か病気が隠れていないかを検査します。

スポンサーリンク

まぶたの痙攣のためのマッサージはどうやればいい?

やり方はとても簡単です。中指を目頭から眼球に沿って外側にゆっくり流していきます。他にも親指でこめかみのくぼみをグリグリと回します。そして、眉間を人差し指と中指で押さえます。左右をこするようにマッサージします。

これらは目が痙攣したときでも効果がありますし、目がちょっと疲れたなと思ったときにも効果的なので目を酷使する人は是非、覚えてくださいね。コツはあまり力を入れないで優しくマッサージすることです。マッサージで目の周りの血流を良くして目の疲れを改善してくださいね。

まとめ

このように、まぶたの痙攣について詳しく紹介しました。近年は眼精疲労の人がたくさんいます。パソコンで仕事をしている人はもちろん、そうでない人もパソコンやスマホの見すぎで目は疲れてしまいます。

目が疲れてしまうと痙攣しやすくなってしまうので、パソコンやスマホの使いすぎには注意をしましょう。そして、普段から外食ばかりという人は栄養不足になっている可能性があるので、注意が必要です。

目に栄養が行き届かないとまぶたの痙攣の原因になってしまいます。まぶたの痙攣が頻繁に起きるなら自分の生活習慣を見直してみることが大切です。まずは原因を突き止めてから対策を考えてくださいね。

honmura