冠婚葬祭

結婚式の靴の選び方 つま先やヒールの高さや素材について

結婚式に出席する際のマナー違反で多いのは靴に関することです。なぜなら、つま先の形はもちろん、ヒールの高さや靴の素材にもマナーに決まりがあるからです。

きちんと知っておかないと自分が恥をかくだけでなく、式を挙げる友人にも恥ずかしい思いをさせてしまうことになりかねませんよ。

結婚式に出席する時はどんな靴を選べば良い?

友人の結婚式に出席するときは、ドレスや髪型などそちらばかりに気がいってしまいがちです。参列者を見ると「持っている中でヒールがあるもの」だけで選んだような靴や、それってサンダル?なんて場合も。

お祝いの席に出席する時は、きちんとその場所に合った服装を心がけることがマナーです。では、結婚式に出席する時にはどんな靴を選べばよいのか?ふさわしくない靴はどんなタイプかを紹介します。

つま先の隠れるタイプのパンプス

結婚式にはこのつま先やかかとが隠れるパンプスがフォーマル用としては基本です。できれば5センチ程度のヒールの高さがあるパンプスをおすすめします。

ただし、パンプスでは脱げやすく、歩きにくいといった時はストラップつきのパンプスでも大丈夫です。取り外しできる2WAYのものや、ドレスに合わせて色を選ぶとより統一感がでるのでおすすめです。

サンダルなどカジュアルなタイプはNG

指や足の甲がむき出しになるサンダルをはいている人を見かけることがありますが、結婚式にはふさわしくありません。

つま先の開いたオープントゥのサンダルも結婚式のに着ていくパーティードレスの売り場に多く販売されていますが、気になるのなら避けておいたほうが無難です。もちろん、スニーカーやブーツはもってのほかです。

最近はオープントゥでも大丈夫、といわれることもありますが、やはりフォーマルな結婚式の場合はきちんとつま先が隠れるタイプのパンプスを選ぶようにしておきましょう。

ストラップつきのものでもパールやビジューのものだと華やかな雰囲気をだせるのでおすすめです。

結婚式の靴 つま先の形はどんなタイプを

アーモンドトゥ

つま先が少し細くなった形のパンプス。ラウンドトゥとポインテッドトゥの中間です。カジュアルからビジネス・結婚式など幅広く使えるのでどのドレスとも合う万能選手です。

ラウンドトゥ

つま先が丸いパンプス。優しい雰囲気になるので可愛い系統のドレスに向いています。

ポインテッドトゥ

つま先が尖っているパンプス。クールな印象を与えるものの、パールやビジューなどをついたタイプだとエレガントな雰囲気になります。

自分の身長や体形、着るドレスの色やデザインによって合うものを選ぶとよいですよ。また、足の形によって履きやすい・履きにくい、といったこともあるのでしっかりと試着をして足に合ったタイプを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

結婚式の靴 ヒールの高さも大切

安定したヒールの高さは3センチ~5センチですが、7センチ程度のものならスタイルよもく見え、ドレスにも合わせやすいです。

また、ヒールが太いとカジュアル感が強く、野暮ったく見えるので、上品で女性らしいエレガントな雰囲気がでる細いヒールが結婚式には向いています。
妊婦さんや足が悪い場合はヒールのないフラットなタイプでもかまいません。

フォーマルの場ではヒールがあるほうが相応しく、全身のバランスが良く見えます。あまりパンプスをはきなれなくて心配なら、式の直前にはきかえる、といった方法もありますよ。

たまに、ヒールをはいている女性で腰が引いたような歩き方や、足を引きずるように歩く人がいますが、せっかくドレスを着て髪型も凝っているのにそんな歩き方では台無しです。

ヒールを履いているときは背筋を伸ばして反り腰にならないよう、軽くお腹を引っ込めることを意識すると立ち姿も綺麗です。

ヒールも普段からある程度は履きなれていないと、このように不恰好になってしまうので結婚式で履きたい場合はなるべく式に出るときと同じ高さのヒールを履いて慣らしておくようにしてください。そうすると、当日は堂々とヒールを履きこなすことができますよ。

結婚式の靴は素材も気にすること

ファーやハラコ素材・蛇・ワニ革など動物柄を使ったものは殺生をイメージするので避けましょう。

エナメルやサテンなど光沢のある素材の靴が結婚式には相応しい素材です。ビジューやパール、リボンなど取り外しのできるシュークリップも利用する普段使いと結婚式の二通りで使えて便利です。

まとめ

・結婚式に出席する靴はつま先やかかとの出ないタイプを選ぶこと
・余程のことがない限りヒールのあるタイプがフォーマルの席では相応しい
・ヒールの高さは3~7センチを選ぶとはきやすく、バランスがとりやすい
・エナメルやサテンといった素材を選び、それ以外は避けるのが無難

事前に素材やヒールの高さをチェックしておくと、結婚式に出席する当日に慌てずにすむので、きちんと鏡の前でドレスと靴、立ち姿も合わせてチェックしてしておくのをおすすめします。

結婚式は親族や目上の方も多く、出席する側としても最低限のマナーを身に着けておくのが礼儀として大切です。

honmura