冠婚葬祭

結婚式に袱紗は必要?色選びと正しい渡し方について

20代女性ともなると友達の結婚式に出席する場合でも大人のマナーを求められます。例えばお祝いを渡す時に大人の女性に必要なのが袱紗です。

袱紗でお祝いを包み持参する事がマナーとされています。そうは言っても、「お祝いは、ちゃんとご祝儀袋に入れているのだから、わざわざ、その上から袱紗で包む必要はないのでは?」と思う女性もいるかも知れません。

そこで、結婚式に行く機会が多くなる20代女性のために袱紗の必要性や色や渡し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式に袱紗は必ず必要なもの

袱紗は必要ないかも?それは大きな間違いです。袱紗には、「大切なものを汚さない」と言う意味があります。

汚れたご祝儀袋で頂いたお祝いは嬉しいですか?やはり、綺麗なまま頂きたいものですよね。その為、大切なお祝いをその場まで汚すことなく持って行く為には、やはり、袱紗が必要だと言えるのです。

また、結婚式のお祝いの場合、装飾が付いた素敵なご祝儀袋を準備する人も多いのではないでしょうか。そんな素敵なご祝儀袋をそのままバッグに入れて持ち運ぶ事で、いざ、渡そうとした際、素敵な装飾が取れてしまっていると言った場合も起きてしまいます。

そう言ったトラブルからお祝袋を守る為にも、袱紗は大切だと言えるのです。

そのような機能性の他、「礼節を重んじる心遣い」の意味の込められている袱紗。バッグから、そのままご祝儀袋を取り出すよりも、ひと手間、袱紗から取り出す事で、日本人らしい奥ゆかしさを演じる事も可能になります。

その為、是非、1枚は持っていたい袱紗。しかし、急な事で準備する事ができなかったと言う場合は、ハンカチでも大丈夫です。落ち着いたデザインのハンカチを選び、また、ご祝儀袋を包む事ができる程度の大きさのハンカチならば、袱紗代わりとして利用する事が可能です。

結婚式の袱紗に相応しい色選びとは?

では、実際、結婚式への出席が決まり、袱紗を準備する際、どのような事に注意して選べば良いのでしょうか?

まずは、色選びですが、結婚式の場合は、紫色、赤色、朱赤色などと言った暖色系が好ましいとされています。反対に葬儀など弔事用は、紫色、緑色、紺色、鼠色など寒色系となります。

そして、慶事用、弔事用の両方で利用可能な色は、唯一、紫色となります。その為、何枚も袱紗を購入する必要がないと思われる方は、紫色の袱紗を1枚持っておくと安心です。

また、一言で袱紗と言っても、ハンカチのような形のものから収納式になったものまで3通りの形があります。まず、台付きの袱紗と台のついていない小風呂敷タイプの袱紗。どちらも形は正方形となっており、ご祝儀袋を包む形となっています。

ただし、台付き袱紗の場合、初めから袱紗にご祝儀袋を置く事ができる小さな台が取り付けられており、そこにご祝儀袋を乗せ包む形となります。一方、台の付いていない袱紗の場合は、自分でご祝儀袋を治める位置を決め、包む形となります。

その他、挟み込むだけの簡易式袱紗と言うものがあり、既に長財布のような形になっており、その中に袱紗を収納する事ができるようになっています。

ただし、簡易式袱紗と言う名前からもわかるように少額のお祝い包む際に使用する袱紗となっており、結婚式に出席するには、あまり、お勧めできない袱紗となっています。

また、柄などにおいては、桜の模様が描かれているものや梅やウサギなどが刺繍されているもの。その他、洋風なデザインのレースやリボンが装飾されているものまであり、好みの袱紗を選び購入する事も可能です。

スポンサーリンク

結婚式の袱紗の正しい渡し方の流れ

袱紗を準備し、いざ、結婚式場に!そして、いざ、バッグから袱紗を取り出し、受付でご祝儀袋を渡そうと思った際、どのような手順で渡せばスムーズに渡す事ができるのか?と言う事で悩む事も少なくありません。

まず、受付についたらバッグから袱紗を取り出し、左手の上に袱紗を乗せ、右手で袱紗を開いて中からご祝儀袋を出します。

その際、決して慌ててはいけません。落ち着いて慌てず行ってください。そして、ご祝儀袋は、受付の人から見て正面向きになるように右回転させて向きを変えてから渡します。

その際、袱紗はどうすれば良いのかと言う事になります。袱紗は、軽くたたんで受付の机の上に置くかたたんだ袱紗の上にご祝儀袋を乗せて渡すと良いかと思います。そうする事で、スマートにお祝を手渡す事ができるかと思います。

その後は、さっと袱紗をたたみ、バッグにしまえば、場所を取る事なく袱紗をバッグに収める事ができます。

まとめ

以上が、結婚式に欠かす事ができない袱紗についてとなります。いかがでしたか。袱紗は、大人の女性として、是非、1枚は持っておきたいものです。

袱紗は、百貨店、文具店、仏具店などで購入する事が可能です。また、通販を利用すれば、様々なデザインの袱紗を購入する事も可能。その為、袱紗で差を付けたいと思う場合は、通販がお勧めかと思います。

反対に費用を抑えたいと言う人の場合は、100均でも購入する事でできるため、一度、考えてみてはいかがでしょうか。

honmura