美容・健康

花粉所をマスクで予防 おすすめ方法とメガネが雲らない裏技

花粉症をマスクなどで軽減させることができればどんなに助かるか・・・実は、そんな辛い花粉症の症状も今時の高性能なマスクなら軽減させる事も可能なんです。

「え?本当にマスクで花粉症の予防をする事なんてできるの?気休めでは?」と思っている人もいるかもしれませんが十分に可能ですので、ぜひ諦めずに以下を参考にしてみてください。

花粉症はマスクで予防をできる?できない?

一般に花粉用のマスクをする事で花粉の侵入を約6分の1に防いでくれると言われています。完全にマスクだけで防ぐことはできないものの、これほどの量の花粉に侵入を防いでくれると思えば、十分なマスクの効果は発揮されていると言えると思います。

スギ花粉の大きさは20μm~40μm。ヒノキ花粉は30μm~40μmとなります。その為、現実的にマスクの網目がこれらより小さければ、花粉を体に侵入させる事はないと言えるのです。

このように実際、花粉の侵入を防ぐ事ができるほかにもマスクをする事で口元の湿度を一定に保つ事ができるなどといった効果も期待され、それらを踏まえても、やはり、花粉症対策にはマスクは欠かす事ができな存在だと言えると思います

花粉症のマスクでおすすめはどんなタイプがある?

ドラックストアなどに行くと数多く目にする事になる花粉症対策マスク。実際、購入する際、どれを購入すれば良いのか迷ってしまうと言う人も多いのではないでしょうか。

まず、マスクは大きく分けて何度も洗って使用する事ができるタイプと使い捨てタイプの2通りとなります。

毎日マメに洗ってお金を節約するなら洗うタイプ

何度も洗って使用する事ができるマスクの場合、何度も洗って使用する事ができると言う事で非常にエコなマスクとなります。昔は、ガーゼタイプのものがほとんどでしたが、最近では、クッションなどに使われるポリウレタンでできた洗えるマスクが人気となっています。

どちらも肌触りが良い為、肌の弱い人にはお勧めできるマスクと言えるかと思います。

形も長方形のものから立体型になったものまで販売されており、自分にあった形のマスクを選ぶ事が可能です。ガーゼ生地などの場合、一見、花粉の侵入を防ぎきれないように思われるかも知れませんが、何層からも作られているガーゼ。その為、意外と花粉の侵入を防いでくれるマスクとなっています。

花粉対策で断然おすすめなのは使い捨てマスクです

次に使い捨てのマスク。不織布マスクと呼ばれるもので、花粉症対策として使用される人も多いのではないでしょうか。使い捨てマスクプリーツ型と使い捨てマスク立体型があり、好みで形を選ぶ事が可能です。

使い捨てマスクプリーツ型の場合、形を簡単に変える事ができ、自分の顔の形に変化させ使用しやすいマスクとなっています。また、最も主流になっているマスクと言う事からメガネが曇りにくい工夫がされていたり、耳が痛くならないような工夫がされているなど各社、様々な工夫をしたマスクが販売されています。

使い捨てマスク立体型の場合も同様で、初めからマスクの形が立体になっている事から自分で調整しなくとも口とマスクの間に空間を作る事ができ、息苦しさを感じることなくマスクを使用する事が可能です。

ただし、この場合、自由にマスクの形を調整する事ができない為、自分の顔の形にあったマスクを選ぶ必要があります。

メイクの妨げをしないのは立体マスク

その他にも、マスクを使用している際に多い悩みとして女性の多くが挙げるメイクへの影響ですよね。メイクへの影響を考えマスクを使用する場合は、立体マスクを使用し、出来るだけ肌にマスクが触れる面を少なくすることが上手な対処方法ですよ。

ただし、マスクの中が蒸れてしまう事でメイク崩れが起こりやすくなる為、蒸れを感じたらマスクを取り換えるなどと言った工夫が必要になります。(もし、鼻が通ってるならなるだけ鼻呼吸をして口呼吸を減らすとマスクが蒸れるのを防げます。)

スポンサーリンク

花粉症でマスクを使うときにメガネが曇らない裏技とは

マスクを使用する中で苦労するのがメガネの曇りです。そんな、マスクによるメガネの曇りを解消させるためにお勧めなのがとにかく息がマスクの上から漏れないようにすると言う事です。

その為、マスクの中には、そんな息漏れをカバーするため、鼻当てが付いているマスクもあります。その他、100均でも手に入るメガネの曇り止めを利用する方法もお勧めです。

また、驚く事に100均では花粉症対策メガネも販売されています。それを使用する事で、花粉の侵入もメガネの曇りも心配する必要はありません。

ただし、見た目が100均!って感じもするため、その点が気になる場合は、本格的なメガネの購入をお勧めします。また、この場合、度は入っていない為、注意してください。

関連記事

あわせて読みたい
花粉症の症状はいつから?風邪との違いと何科を受診すれば良いか花粉症は春先だけとは思っていませんか?日本中には、1年中、何らかの花粉が飛んでいると言われています。 とは言え、花粉を飛散させる植...
あわせて読みたい
子供が花粉症と診断されたら 対策方法とグッズで使える便利なものはここ最近子供がよく鼻をすすっている…でも風邪が流行っているしたぶん風邪だろうと放置していたら実は花粉症だったという話は珍しくありません。...

まとめ

以上が花粉症対策として欠かす事ができないマスクの効果と種類。そして、メガネが曇らない工夫となります。いかがでしたか?たかがマスクと思わず、やはり、花粉症対策にはマスクは欠かす事ができないと言えると思います。
また、市販されているマスクのほとんどで花粉症対策を行う事は可能です。その為、一番重要にして欲しいのが、常に清潔なマスクを使用する事だと言えると思います。
honmura