アウトドア

お花見に赤ちゃんはいつから大丈夫?服装と必要な持ち物について

桜の花ってものすごくきれいですよね。見ているだけで心が癒されますし、桜は春を感じる花、だと思います。

赤ちゃんと一緒にお花見を楽しめたら…最高です。お花見に誘われた時、まだ無理だから、と諦めるのではなく、準備を万端にして思い切ってお花見に参加してみましょう。きっといい思い出になるはずです。

お花見は赤ちゃんはいつから大丈夫?

基本的に赤ちゃんの外出は、1ヶ月検診を無事に終えた後は大丈夫、と言われています。その頃からベビーカーでお散歩に行ったりしますよね。だからお花見自体は基本、赤ちゃんでも大丈夫なんです。

ただ、気をつけてほしいのは、無理をさせない、ということ。赤ちゃんはまだおしゃべりができません。だからこそ、ママであるあなたが赤ちゃんのいろいろな変化に気付いてあげましょう。お花見の時期はまだ寒いことが多いので、無理をさせてはいけません。

赤ちゃんを連れてのお花見におすすめの時間帯は、10時頃から15時の間。夜はおすすめできません。昼間のあたたかい時間帯に行うようにしましょう。

お花見の赤ちゃんの服装について

赤ちゃんの服装は、体温調節がしやすいものを選ぶようにしましょう。例えば、ベストやカーディガンなどがおすすめですね。というのも、ベストやカーディガンは暑かったら簡単に脱がすことができるからすごく便利なんです。ガーゼケットなどのひざかけを持っていくのもアリですね。突然のねんねにも対応できます。

帽子もすごく大切ですね。是非持っていきたいアイテムです。赤ちゃんの日焼け対策は、日焼け止めよりも…帽子がおすすめです。頭を保護する意味でも帽子はマストアイテムなんですよね。

足元が冷えすぎるのもよくないので靴下もきちんと履かせましょう。と、まぁ、あまり難しく考えなくても、普段通りの3月らしい格好で行けば間違いありません。

ちなみに、ママにおすすめの格好は…赤ちゃんの面倒を見やすい、普段通りの動きやすい格好がベストですね。オシャレしていきたい気持ちはわからなくもないですが、一番大切なのは赤ちゃんなので。服装で言うなら、スカートよりもパンツスタイル、靴で言うならヒール靴を履くよりも、スニーカーやフラットなバレエシューズなどのほうがおすすめです。

というのも、疲れる靴や服装で行ってしまうと、帰ってから大変なことになってしまうんですよね。疲れすぎて赤ちゃんが泣いていても気付かない…なんてことや次の日起きられない…なんてことがないように、動きやすい楽な格好や靴でお花見に参加しましょう。そのほうが赤ちゃんのためにも自分のためにもなるはずです。

スポンサーリンク

お花見での赤ちゃんの持ち物は何がいる?

持ち物があまりに大きな荷物になってしまうと移動が大変になりますが、オムツやガーゼハンカチ、ティッシュやウェットティッシュなどの絶対必要なものは忘れず、普段のお出かけよりも若干多めに持っていくように心がけましょう。

また、お花見会場のトイレ等はゴミ箱がないことも・・・。だからこそ、ゴミ袋を多めに持っていくのがおすすめです。一番のおすすめは、ドラッグストア等で売られているおむつが臭わない袋。防臭効果の高いゴミ袋を持っていれば、もし汚れたオムツを持ち帰らなければならない時でも安心です。

また、オムツを替える場所がない時や、衛生面で心配な時のためにバスタオルやオムツ替え用のシートを持っていくのもおすすめです。バスタオルはいざという時の防寒対策としても使えますよ。

赤ちゃんが飽きてしまった時のためのおもちゃを持っていくのもおすすめ。ぐずったらお互いが大変ですからね、その辺りもきちんと対策しましょう。

お花見がお昼ごはんの時間にかかってしまう場合は、お弁当を持っていくのもアリですが、傷んだりする可能性もゼロではないので市販のベビーフード等を持っていくのもいいですね。食べさせるのに使うスプーンもお忘れなく。

お花見を短い時間で終わらせる、という場合は、赤ちゃんせんべいやたまごボーロなどのおやつを持っていくのもおすすめです。赤ちゃんが空腹で不機嫌にならないように…しっかり対策しましょう。

母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合は、授乳ケープを忘れずに。ミルク育児の場合は、スティックやキューブ状のミルクが持ち運びやすくておすすめです。消毒済みの哺乳瓶と熱いお湯を入れたまほうびんの水筒を持参するようにしましょう。そうすればいざという時でも簡単にミルクを作ることができますよ。

まとめ

準備を万端にすれば、お花見だって赤ちゃんと楽しむことができるんです。桜が咲く期間はとっても短いもの。だからこそしっかり準備してお花見へ出かけましょう。

ちなみに、ビデオカメラやカメラもお忘れなく。桜と赤ちゃん…間違いなくものすごくいい写真や映像が撮れますよ。写真や映像を残せば、思い出だけでなく形としても残るからすごくおすすめです。

honmura