アウトドア

キャンプ初心者こそコテージを!簡単なメニューや持ち物について

キャンプ初心者の場合どんな準備が必要なのか色々と不安ですよね。特に子供さんと一緒に行く場合は、大人だけの場合とは持ち物も変わってくるし、寝袋やテントの準備など必要な物を色々と持って行くとなると、準備だけで行くのをためらってしまうかもしれません。

そこで、初めてのキャンプをお考えの方に大掛かりな準備の必要がないコテージのご紹介とコテージでの簡単なメニューや持ち物についてご紹介します。

キャンプ初心者はまずはコテージから挑戦がおすすめ

コテージの外観は色々なんですけれども、山小屋のような感じまたは木をとりいれた住宅のような感じです。1つの建物にいくつかの部屋があるのが普通です。

バンガローと違いコテージには、家具や家電などが一通りそろっているので、子供さんが小さくても準備にあまり頭を悩ませる必要がありません。

基本的にはベッドや布団などの設備が整っているので、テントや寝袋の準備は必要がありませんし、トイレもついています。

小さなお子さんはトイレも近いし、一旦外に出てトイレに行くとなると怖がることも多いので、トイレがついているのはとてもありがたいですね。

エアコンもついているので、おむつを替える必要があっても風邪をひかないので安心ですね。

コテージにもよりますが、テレビ、シャワー(お風呂)、石鹸やタオルにシャンプーなどのアメニティが充実しているところもあるし、冷蔵庫や湯沸しポットが備わっていることもあります。

調理器具や電子レンジが備わっているコテージまであります。

ネットで気軽に手配できるコテージも多いので、検索してみると良いでしょう。

コテージにより若干設備が異なるので、詳細は個別にネットで調べたり、電話で問い合わせるのが良いと思います。

キャンプ初心者におすすめの簡単メニュー

コテージには冷蔵庫もついていることが多く、調理器具も備わっている場合がありますが、さすがに食材は準備しないといけないです。

また、調味料はついていませんから、調理の過程をイメージして、忘れずにもって行きましょう。

食材や調味料を準備することを考えると、鍋ひとつで調理可能なカレーライスやポトフがおすすめです。

少し大きいお子さんなら食材を一緒に切ったり、小さなお子さんでも玉ねぎの皮をむいてもらったりしながら、楽しみながら調理が出来ます。

普段は忙しくてなかなかゆっくり調理をする機会が取れないこともあると思います。

キャンプでは、ゆっくり一緒に準備しながらコミュニケーションがとれるので、とても貴重な時間を過ごせそうですね。

焼きおにぎりも簡単に出来るし、ご飯のおこげが香ばしくていいですね。

コテージにデッキがあるならバーベキューもいいですね。バーベキューコンロやアミなどが備わっていれば、着火剤や炭、新聞紙(あれば木切れ)などの準備と食材の準備をすればいいので簡単です。

どこまで設備として備わっているのか、コテージの管理者の方に問い合わせてみるとよいです。

その際、バーベキューの経験がなければ正直にお伝えして、追加でどんな準備が必要なのか確認すればきっと親切に教えてもらえると思いますよ。

設備にホットプレートがあればお好み焼きも作れるし、朝食にホットケーキもおすすめです。

ホットケーキはホットケーキミックスや牛乳、はちみつやバターなどの準備だけなので、簡単に温かいものが食べられていいです。

泡だて器やボウルを持っていく必要があるかは、確認しておくのをお忘れなく。

スポンサーリンク

キャンプ初心者に必要な持ち物って何?

コテージは設備が整っているとはいえ、野外は夜真っ暗になってしまいます。

懐中電灯やランタンを忘れないでもって行きましょう。懐中電灯は電池がなくなっていないか、使いかけの電池なら、予備ももっていくほうが安心です。

キャンプにいくのが春であっても、急に冷えることもあるし、夜はまだまだ寒いですから、防寒用の上着を持って行きましょう。

ゴミはまとめて出せる場所がある場合もありますが、ゴミ袋は必ずもって行きましょう。

バーベキューをする場合は、食材の準備に加えて、設備がどの程度あるかをあらかじめ調べておき、足りないものを持って行くようにしましょう。

すでに述べましたが、バーベキューのたれなど調味料もお忘れなく。

食器は備え付けのものがある場合もありますが、そろっていない場合もあります。

衛生的に抵抗がある方もいると思います。その場合は紙皿や紙コップ、割り箸などがあると良いでしょう。

ティッシュやボディーソープなどは必ず備わっているとは限らないので、必要ならもって行きましょう。

食べこぼした場合や屋外に出た時に手をふくために、ウェットティッシュがあると重宝します。

濡れたり汗をかいたりに備えて、子供さんの予備の着替えやおむつは必要ですし、飽きてきた場合にぐずってしまうこともあるので暇つぶし用のおもちゃも念のためもって行きましょう。

急な発熱やけがに備えて、カットバンや冷えピタなどの救急セットも準備しましょう。

(関連記事)

あわせて読みたい
バーベキュー初心者にオススメのやり方!火起こしや炭の扱い方もバーベキューを初心者の方がやるためにはオススメの方法があります。また、炭や火の扱いもちょっとしたコツがあります。 そこで、初心者で...
あわせて読みたい
バーベキューを10人でやる費用は?食材と炭の目安量についてもバーベキューをやるとなると予算の都合もあるので最初に悩むのが肉や野菜の量だと思います。またコンロを借りる費用や炭の量や費用も気なると思い...

まとめ

キャンプというと、生活に必要なものをすべて準備しないといけないイメージが強かった方もいるのではないでしょうか。

でも、コテージなら最小限の準備だけで大丈夫なんです。

最初はコテージで無理せず気軽にキャンプデビューして、まずキャンプの楽しさを存分に味わいましょう。

honmura