料理

ズッキーニレシピ お弁当用の簡単なものや人気のもの 保存の方法も

ズッキーニを使ったレシピは年齢を問わずに人気があるので、お弁当を作る際にはお子さんにも旦那さんにも、または自分用にも最高の食材です。

そこで、今回は、ズッキーニをお弁当に使う際の簡単なレシピや保存の方法などをご紹介したいと思います。

ズッキーニのレシピ お弁当に使えるもの

ズッキーニのレシピでお弁当にも使えるものは種類も豊富なんです。味が淡白なのでチーズやベーコンとの相性も良く、また、しっかりと味つけをしてあげると、焼き飯の具材にしても食感を楽しめるのでオススメなんです。

私が子供のお弁当に入れる時は、ズッキーニとベーコンの炒め物で、味付けには塩昆布を少々入れて整えたりもします。

また、塩コショウで味を整えつつ、スライスしたズッキーニの上にチーズを載せてオーブントースターで加熱するのも人気です。これはサンドイッチ風にすると主人も子供も喜んでくれます♪

後は、みじん切りにしたズッキーニを通常のハンバーグの具材に混ぜて焼いても美味しいですよ。

どれも冷めても美味しさを楽しめるのでお弁当に最高です♪

ズッキーニのレシピ 簡単で人気はどれ?

ズッキーニを使うレシピで簡単で人気があるのはやっぱりオーブントースターを使った料理がオススメです。

先程紹介しましたようにチーズも相性が良いですし、ハムやマヨネーズなどを合わせて半分に切ったズッキーニの上に乗せをスターに焼くだけで、簡単なおつまみの逸品にもなりますしお弁当に加えることもできます。

オーブントースターを使った料理はアルミホイルを使うだけで済むので洗い物が少なくて済みます。

肉類が苦手な方はマヨネーズとチーズだけを単体で使う方法も良いですし、ツナ缶を和えるいう方法もあります。ボリュームを出した一品料理を作るときには、ひき肉を使って卵や片栗粉を混ぜ、レンコンの挟み焼のようなメニューにするとメインのおかずにもなります。

簡単な料理を作りたいと思った時にはオリーブオイルで焼くだけでも独特の香りが出てとてもおいしいです。ただズッキーニというのはとても痛みやすい素材なので、保存や管理にも気を遣っていく必要があります。より長持ちさせたいと思った時には、まずはマリネにしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

ズッキーニのレシピ 保存の方法について

ズッキーニの保存についですが、乾燥に弱いという側面を持っています。ズッキーニを購入したらなるべく新聞紙に巻いて野菜室で丁寧に保管していきましょう。

またどの野菜も1週間以内に食べた方が鮮度も高いままで味わうことができます。

また長期保存したい場合には冷凍保存するのも良い方法です。様々な冷凍方法があるのですがカットして生物生で冷凍するという方法もあります。

さらに時短処理をしたい場合には、少し加熱をして冷凍しておくと良いでしょう。すると野菜はかなり持つとも言われているのですが、ズッキーニを他の野菜と比べるといた痛みやすい食材です。

冷凍した時の保存期間は約1ヶ月前後ですこの間に使い切ってしまいましょう。生のままで冷凍したズッキーニは自然解凍すると使えます。

炒め物などする時やそのまま加えても良いでしょう。痛みで処理してズッキーニも自然解凍をすればそのまま食べられます。

まとめ

特にお弁当にふさわしい野菜というのはとても少なく感じることもあるでしょう。サラダに使いやすいサラダ菜やレタス、キュウリ、トマトなどは外気温が高いと痛みますし、お弁当に加えるのに躊躇してしまう事もあるでしょう。

その点ズッキーニは加熱処理できるという部分が大きな強みですし、色もカラフルで食卓に出しても喜ばれます。栄養価も非常に高いので、上手にズッキーニを活用しましょう。

(ズッキーニ補足情報)

ズッキーニと言うとの夏野菜のようにも思えるのですが、春あたりから収穫できるとても便利な野菜です。ズッキーニを購入してもどのように使っていいのかわからないということもあるでしょうズッキーニを単体で使おうと思った時にメニューもある程度限られてしまうように思うものです。

ズッキーニはプランターでも育てられますし。生育期間2か月と短いのでとても便利な野菜だとも言えるでしょう。ズッキーニのカロリーは1本あたり21Kcalと非常に低カロリーとなっています。カロリーが気になる女性にとっても使いやすい貴重な野菜と言えるでしょう。まさにダイエットをしている方には最適な野菜だとも言えるでしょう。

癖が無いズッキーニは野菜の中でも万能選手

ズッキーニは他の野菜と比べると、アクや癖はないので使いやすい食材とも言えます。野菜嫌いのお子様でも抵抗なく食べられる野菜の1つでもあるのです。特に子供はお弁当持ってく機会が多いので、野菜不足を補うためにズッキーニを使っていくというのも良い手段です。

ズッキーニの細かな栄養価についても調べていきましょう。ズッキーニはタンパク質も少なめなので腎臓などに障害がある人に向いています。食物繊維はわずかに含まれているくらいですが、簡単に調理できる野菜として重宝するでしょう。ズッキーニの特徴はとても色合いが良いということです。

緑色のズッキーニの他に黄色のズッキーニもあります。特にお弁当などに加えると彩りがとてもきれいに見える上に栄養価を高めることができます。ズッキーニはカリウムが非常に豊富でデータカロテンやビタミンK、ビタミンB1はビタミンB2、ビタミンC、葉酸なども含まれています。

保存に適している野菜でもある

見てくれはきゅうりと外見がとても似ているのですが、ズッキーニ方が水分量も少ないので炒め物などにも使えますし、保存に適しているのでお弁当に加えると喜ばれるでしょう。特に女性の場合にはむくみが発生しやすく水分を溜め込みやすい体質をしているので、カリウムが豊富に含まれているズッキーニを使うと体の中の新陳代謝も良くなります。

ズッキーニを使う時に、どんなレシピにしたら良いのかということを考えてしまうかもしれません。ズッキーニは生でも多分いるのでサラダのようにしても良いですし、少し加熱して塩コショウ、醤油、酢、レモン汁などを使いマリネにしておくとお弁当にするときにも保存が効いてとても楽です。

honmura