季節のイベント

初節句の兜は誰が買う?気になるお祝いとお返しの仕方について

初節句のお祝い、本当におめでたい事ですよね。しかし、人によっては、めでたいとばかりは言っている事ができない事もあるのではないでしょうか。

その一つに初節句に必要な兜を誰が用意するかと言う事です。そこで、初節句の兜は誰が買うのが普通か?そして気になるお祝いとお返しの仕方についてご紹介します。

初節句の兜は誰が買うと1番角がたたないもの?

一般的には、母方の実家が揃えると昔から言われていますが、これは、あくまでも一般的な風習となります。

また、地域によっても異なっており、関東では女の子の節句は、母方の実家が用意するのですが、男の子の節句は、父方の実家が用意すると言われているようです。

また、関西では、女の子・男の子の両方を母方の実家が用意すると言われています。その為、どちらの風習が正しいといった事はなく、両家の気持ちを考慮し考える事が第一かと思われます。

その為、まずは、自分のご両親に兜の購入について本当の気持ちを確認してみてはいかがでしょうか。もしかしたら、風習を重んじて、仕方なく購入しなければいけないと思っているかも知れません。

そんな場合は、両親に無理をさせてまで兜を購入してもらう必要はないかと思います。その為、父方の実家、母方の実家と折半して購入してもらうと言った選択もお勧めになります。そうする事で、両家の負担を最小限にすることが可能になります。

反対に、どうしても、自分たちの目で確認し孫の為に購入したいと考えているような場合は、兜と鯉のぼりの両方を分けて購入して頂いてはいかがでしょうか。

その際、どちらを購入してもらうかは、両親で決め、その結果を実家に伝えると良いかと思います。両家でどちらを購入したいかなどを選んで頂くと、再度、どちらが何を購入するかでもめてしまう可能性がある為です。

どちらにせよ、自分の親には、自分から角が立たないように話をする事が大切です。そうする事で、意外と簡単に解決するかも知れません。

初節句の兜のお返しは必要?

お祝いを頂いた場合、お返しが必要となる事が多い日本の文化。しかし、初節句のお祝いに関しては、基本的にお返しの必要はありません。その為、わざわざ、お返しを購入し皆さんに配ると言った必要もありません。

しかし、だからと言って何もしないと言う事もお勧めできないのが初節句のお祝いです。例えば、親戚などからお祝を頂いた場合は、必ず電話などでお礼を伝え、その後、初節句のお祝いの際の子供の写真を添えてお礼状を出すといいかと思います。

また、自宅が近所の場合は、ちまきなどを持って、ご挨拶に行き、お子さんの顔を見てもらってもいいかと思います。

その他、両家の実家から頂いたお祝いに関しては、出来る事なら、初節句のお祝いにご招待し、そこで感謝の気持ちを伝えるといいかと思います。特別な席を準備する必要はなく、自宅での会食で十分かと思います。

手料理を食べて頂き、ちまきなどを一緒に食べる事で十分、お祝返しの気持ちは伝わる事と思います。それでも、何かお返しをした方が良いかと思う場合は、和菓子などを手土産に準備しておくといいかも知れません。

季節にあった和菓子を持って帰って頂く事で、感謝の気持ちを十分に伝える事ができる事と思います。

そして、後日、御祝いの席で撮影した記念写真を送ってあげれば喜んで頂ける事間違いなし!かと思います。その際、感謝の気持ちを込めてメッセージを一緒に添える事をお忘れなく。

スポンサーリンク

初節句の兜のお祝いの仕方とは

では、実際、初節句の兜のお祝とは、どのようにすれば良いのでしょうか。基本的には、両親が子供の成長をお祝いする場となっている為、特に何かをしなければいけないと言う事はありません。

とは言っても両家の両親を招待する場合は、そう簡単に済ませる事もできないかと思います。そう言った場合は、まずは、部屋に花しょうぶを飾る事をお勧めします。

花しょうぶは、節句に欠かす事ができない花となります。その為、そんな花しょうぶを飾っているだけで、しっかりと初節句のお祝を考えていると言う気持ちを両家の両親に伝える事が可能になります。

その上で、お赤飯や鯛を準備すればいいかと思います。どちらも、自宅で準備する事が難しい場合は、事前にお店に予約をしておくといいかと思います。

その他、手作りの料理を少し並べれば、お祝の席は完璧かと思います。もちろん、デザートには、柏餅やちまきの準備を忘れてはいけません。

また、お子さんのご機嫌がいい時に合わせ、家族写真を忘れず撮る事も大切です。

まとめ

いかがでしたか?初節句と言うものは、自分たちだけでは片付ける事が難しい事も多く、親としては、子供のお祝と同時に様々な悩みを抱える行事になっていると言えると思います。

しかし、そう難しく考える必要などありません。両家の両親は、基本、孫の顔を見る事ができれば、それだけで満足のはずです。

その為、堅苦しい事など考えず、出来るだけ、孫と触れ合う事ができる時間を確保してあげればいいかと思います。

honmura