季節のイベント

初節句で男の子が三月生まれならどうする?兜はいらない?

節句とは季節の節目となる日のことなので今でも大切にされる日ですが、なかでも女の子と男の子に深い関係があるのは、3月3日の桃の節句と5月5日の端午の節句です。

そんな初節句で生まれたのが3月ならどうするべきか?など、ただでさえはじめての初節句なのに分からないことだらけだと思います。

そこで、初節句が男の子の場合について分かりやすくまとめてみました。ぜひ参考にどうぞ。

今回の記事がぴったりな方

3月の早生まれの男の子の親御さん。初節句の時期や初節句そものについて全く分からなく困ってる人。(1月~3月生まれは「早生まれ」です)

初節句で男の子が3月生まれの場合について

初節句とは、生まれてから初めての節句のことをいいます。しかし、男の子だったら生まれたのが3月や4月だった場合、生まれてすぐに初節句を迎えることになります。生まれてから約1か月後にはお宮参り、100日後はお食い初めといったように、これらの行事は生後○日と決まっていますが、節句の場合は生まれてた月日によってはすぐということもあります。

この場合は初節句のお祝いをした方がよいのでしょうか。

初節句は必ずやらなければならないというものではありません。生まれて間もないと、お母さんも赤ちゃんもまだ体力が十分に回復しておらず、初節句の準備をすることは大変なはずです。また、親戚を呼んでの盛大なお祝いとなると、その対応も負担になることでしょう。

こういったことを考えると、生まれた年に初節句をする必要はありません。生後1,2か月で初節句を迎えるようなら、お祝いは来年にすることもあります。

初節句で男の子はどうする?

はじめての子供の場合は、初節句でどのようなことをしたらいいのか迷ってしまいませんか。自分が初節句を迎えたときのことは遠い昔なのでおぼていませんよね。

男の子の場合は、5月5日にお祝いをします。5月5日の端午の節句は、「菖蒲の節句」をもいわれています。菖蒲は「勝負」につながることから、「強い子に育つように」という願いがこめられています。また、菖蒲には強い香りがあり厄を払うとされています。

そのため、菖蒲湯に入ったり、菖蒲を玄関に飾るなどします。赤ちゃんの場合は菖蒲湯で肌が荒れないかよく確認をしてお風呂に入れてあげてください。

肌のことが心配なら、玄関に飾るだけでもよいでしょう。

柏餅も食べます。柏の木は神聖とされていたり、柏の葉は新しい芽が出ないと古い葉は落ちないので「子供が生まれるまでは親は死なない」つまり「子孫繁栄」「後継ぎが絶えない」につながり、縁起がよいものとされています。赤ちゃんは柏餅を食べることができないので、大人が食べて楽しむとよいでしょう。

鯉のぼりを飾るのは、「鯉の滝登り」から威勢がよいさまを連想させ、江戸時代には立身出世のシンボルとなり、子供の出世を願って建てられるようになりました。江戸時代ころは子供の死亡率が高かったので、健やかに育って欲しいという願いも込められていたようです。

生まれて間もないと鯉のぼりを用意するのは大変だと思います。その場合は、飾るのは来年にしてもよいでしょう。もしくは、ベランダに飾れるような小さな鯉のぼりを飾るのもよいですね。

初節句はおめでたいことなので、写真を撮るのもよいでしょう。生後間もないと写真館に出かけるのは大変だと思うので、自宅での撮影で構いません。

端午の節句は子供の健やかな成長を願うものなので、大人が楽しんだり子供の成長を願ってあげてください。

スポンサーリンク

初節句だと男の子の兜はいらない?

鯉のぼりは外に飾って目立つので、端午の節句に飾るものというと鯉のぼりをイメージするかもしれませんが、端午の節句には兜も飾ります。兜には戦いの中で身を守る大切な役割があり、厄除けや守り神といった意味が込められています。

兜を飾るのは春のお彼岸が過ぎたころからです。春のお彼岸は3月の23日ころです。遅くとも4月の中旬までには飾ります。

3月生まれだった場合は、兜を飾る時期が生まれてすぐになります。生まれてすぐには他にもやらなければならないことがあったり、まだお母さんの体力が十分に回復していなくて、兜を準備したり飾る時間の余裕がないと思います。その場合は、兜の購入は来年でもよいでしょう。

端午の節句に兜を飾らなければならないという決まりはありません。子供が無事に成長をすることを祝うことが目的で、そのために必ずしも兜が必要なわけではないです。あくまでも赤ちゃんが主役なので、兜などを飾ることにこだわる必要はありません。

もちろん、購入をしたり飾る余裕があるようなら今年に飾ってもよいです。

誰が兜を購入をしたらよいのか?

昔は妻側の両親が購入することが一般的でした。昔は妻が夫の両親と同居することが一般的です。妻側の両親は娘の様子を見るために、端午の節句の飾りを持参して同居している家を訪れたのです。

しかし、現在は同居していないことも珍しくなく、誰が購入するのかに決まりはありません。鯉のぼりは妻側の両親、兜は夫側の両親といったように分担をすると仲良く購入ができることでしょう。

まとめ

端午の節句は男の子の健やかな成長を祝うものです。そのために、菖蒲を飾ったり、柏餅を食べたり、鯉のぼりや兜を飾ったりといったことをします。しかし、生後間もないと初節句の準備が大変なので、お祝いは来年にすることもあります。準備ができなくても気持ちがあれば大丈夫です。

honmura